中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆若干、小口に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論 (文春文庫) 文庫 – 1999/3/10

5つ星のうち 4.1 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,572 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,500 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

実戦的読書法、書斎をめぐるあれこれ、本の整理学、そして瞠目の読書遍歴──。現代を代表する知の巨人の、創造の秘密を全公開!

内容(「BOOK」データベースより)

「同テーマの類書を読め」「自分の水準に合わぬ本は途中でも止めろ」「?と思ったらオリジナル・データにあたれ」…、実戦的読書のためのアドバイスから、書斎・書庫をめぐるあれこれ、そして驚異的な読書遍歴を物語る少年時代の作文まで。旺盛な取材、執筆活動の舞台裏と「知の世界」構築のためのノウ・ハウを全公開する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 375ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1999/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167330083
  • ISBN-13: 978-4167330088
  • 発売日: 1999/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 305,867位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
・知的情報が爆発的に増大する中で、個々の専門家のカバー範囲はどんどん
 狭い領域となっているこの時代、全体を広く見渡し情報を整理し、論点を
 導きだしている立花さんの勉強の仕方、取り組み方の一端を垣間見える本。

・本の選び方、買い方、速読術、整理の仕方。驚きではないが自己学習の
 テクニカルな側面の記載もある。
・本書は立花さんの作品になんらかの思い入れを持った人が読む本だと思う。

・経験や知識の総体が個人だとすると、自己学習はその人そのものを作るということ
 だということや、カントやへーゲルという本は時代の流れで淘汰され誰も読まなくなっても
 それが自然というような見方をしている点も正しいと感じた。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/10/18
形式: 文庫
以前から立花隆氏の本はいくつか読んでいますが、その専門領域の広さに疑問がありました。けれどもこの本を読んでその謎が一気に解決!立花氏は私からするととんでもない量の本を読んでいたことが発覚しました。専門家にも負けないほどの知識を本から得ているのです。学生に対するメッセージもあり、立花氏の読書に対する姿勢など大いに参考になりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
立花氏のデビューは田中元首相の金脈問題というまさにジャーナリストの仕事であったが、立花氏の真骨頂は好奇心旺盛さにある。宇宙から、革マル、臨死体験、利根川氏の分子生物学、インターネットからサル学まで。並の文筆家の得意分野を軽々と飛び越える。
ただ、好奇心という点で博覧強記の荒俣氏と比較すると、荒俣氏の仕事には世の中で知られていない、評価されていないものを原点から調べ上げるという私的好奇心の発露から、俗論をひっくり返す創造活動であるのに対して、立花氏の好奇心はすでに確立した学問、研究を勉強するという所に多きな違いがある。
その意において立花氏は学校を卒業しない永遠の優等生という感がある。
本書は、連載エッセイの集めたもののため、書き下ろしの読書論にもなっておらず、迫力に欠ける点が残念だ。タイトルに期待する読者には物足りないと思われる。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ib_pata トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/11/18
形式: 文庫
 《金を惜しまず本を買え。本が高くなったといわれるが、基本的に本は安い。一冊の本に含まれている情報を他の手段で入手しようと思ったら、その何十倍、何百倍のコストがかかる》(p.83)という部分を捜すためだけに買って読みました。この本は昔、立ち読みしただけでしたが、ここの部分は覚えていたんですよ。

 あとは小説を読まなくなった理由を書いているこんなところも共感できます。《文学者の想像力というのは、生きた現実に比して、いかに貧困かということがわかり、どうして、ああいうつまらないものに、あれだ熱中できたんだろうと逆に思い始めたわけです》(p.47)

 それと、立花さんが繰り返し引用しているこんなのもいいなぁ。「すべての人間は、生まれつき、知ることを欲する(『形而上学 上』アリストテレス、岩波文庫、p.21)」

 それにしても橘隆志少年が中学校三年生の時に書いた作文はすごい。ぼくもかなり子どもの頃から本は読んできたつもりですが、さすがに橘少年にはかないません。古典よく読んでいるし。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
立花氏の思想に少しでも近づきたい・・・と本書で紹介された本を読むようにしました。やはり難しいものも多いので、読み込むチカラをつけないと疲弊します。それでも続けていると、いつの瞬間か理解できるようになっていることに気づきます。本書で紹介された本はどれも間違いなく秀作揃いです。知的好奇心を満たすための読書は、人間にとって本来最も贅沢なことをしているのかもしれません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
政治、宇宙、脳死、医療・・・と幅広い分野を取り上げるジャーナリストの立花隆が、自らの知的好奇心を満たす方法とその経験をまとめたもの。単行本の発刊は1995年。
住みよい環境であるジャングルから、「あっちに何があるんだか知りたい、とにかく行ってみたい」と好奇心を持ち、環境の劣るサバンナに思い切って進出したサルがヒトに進化したのだ、という立花氏が、1.知的好奇心のすすめ、2.私の読書論、3.私の書斎・仕事場論、4.ぼくはこんな本を読んできた、5.私の読書日記、を綴っている。尚、『私の読書日記』は、『週刊文春』の1992年8月~1995年10月の連載分をまとめたものである。
「一つの学問の世界に入っていくとき、まず何よりも必要なのは、その世界全体のパースペクティブを手早く頭の中に入れてしまうことである」という独学のコツ、「金を惜しまず本を買え。本が高くなったといわれるが、基本的に本は安い。一冊の本に含まれている情報を他の手段で入手しようと思ったら、その何十倍、何百倍のコストがかかる」という実践的読書のコツ、「東京堂を定点観測地点にして、すべての新刊書をモニターしている・・・なぜ東京堂かといえば、神保町の大手三店の中で、いちばん規模は小さいが、いちばんグレイドが高いからである。・・・品ぞろえもしっかりしている」という書店選びのコツ、かの『ネコビル』の顛末記など、興味深いテーマが詰まっている。
(2007年8月了)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック