通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぼくはお金を使わずに生きることにした がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に軽度のいたみと使用感がありますが、中のページは書き込みや折れなどなく良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ返金などの対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ぼくはお金を使わずに生きることにした 単行本 – 2011/11/26

5つ星のうち 4.1 35件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011/11/26
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,835 ¥ 247

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぼくはお金を使わずに生きることにした
  • +
  • スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 (DO BOOKS)
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

この実験で証明したいのは、お金がなくても「生き延びられること」ではなく「豊かに暮らせること」だ――「僕はお金を一銭も使わずに生きることにした。1年経ったが、暮らしは快適だ」1年間お金を使わずに生活する実験をした29歳の若者の記事がイギリスのテレビや新聞で紹介されるや、世界中から取材が殺到し、大きな反響を呼んだ。著者は、不用品交換で入手したトレーラーハウスに太陽光発電パネルをとりつけて暮らし、半自給自足の生活を営む。手作りのロケットストーブで調理し、歯磨き粉や石鹸などの生活用品は、イカの甲を乾燥させたものや植物、廃材などから手作りする。衣類は不要品交換会を主催し、移動手段は自転車。本書は、彼の1年間の金なし生活をユーモラスな筆致で綴った体験記である。貨幣経済を根源から問い直し、真の「幸福」とは「自由」とは何かを問いかけてくる、現代の『森の生活』。

◆冒頭のあらすじ
時は2008年11月28日の夕方。メディアの取材やインタビューで「明日からの1年間お金を一切使わない」と宣言して回った直後、ぼくの唯一の足の自転車が壊れた! 明日は150人分のコース料理(もちろん無料)をふるまうことになっているのに、食材集めすら済んでいない有様だ。先が思いやられるなあ。そもそも、どうしてこんな突飛なことを始めたかというと……

出版社からのコメント

究極の節約生活の本ではありません。著者は、自然と共にある生活から消費社会を見つめ直し、「分かち合い(シェア)」をベースにした新しい社会のあり方を提案、人間同士の絆とコミュニティの再生をめざしています。「食」や「エネルギー」を自給する暮らしに関心が集まり、人々が自分にとっての「豊かさ」とは何かを問い直しはじめている現在、多くの方に読んでいただきたい一冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 紀伊國屋書店 (2011/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4314010878
  • ISBN-13: 978-4314010870
  • 発売日: 2011/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.9 x 3.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 65,333位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

アイルランド人男性著者、マーク・ボイルが
一年間お金を使わない(そして受け取らない)生活をした一年間の記録です。

読後、人の生きる力とは、ということと人の本当の価値とは、
ということを考えるきっかけをくれた、充実した内容の一冊です。

まず、ボイル自身が理想を掲げながらも、
現実主義であることに好感が持てました。

「お金を使わない生活」の中には数々の矛盾点が出てきます。
携帯・パソコンはどうするのか?
文明の機器は全く使わないのか?

その辺りは、ボイルが事前に作った、
自分なりに納得できるルールに従い生活をします。
彼の作ったルールに賛否両論あることは、
彼自身も受け入れており、
賛否両論あってこそこれからの行動を考えるきっかけになるという
ポリシーの持ち主であると感じました。

”お金を使わないで生活してみよう”と考えて初めて気付いたものが
沢山あったらしく、物一つとってみても、例に暇がないぐらいです。
・パンクしないタイヤを作っている会社がある
・スーパーで賞味期限切れのため廃棄されている多くの食材がある(これを集めて周りますが、イギリスの法律で
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この人はすごい。

まずこれを始める前の哲学。
そして現実と理想の間をいく絶妙なバランス感覚。
そして人脈。

お金のかわりにコミュニティがある、助け合いがある。
すなわちコミュニティを重視、そこに貢献する生き方をしているとお金をあまり使わない生活になるということか。
お金を使わなければやはり時間がかかる。
そしてこのような暮らしをできる自然を探せばできる。

しかしやってみてこれ以上ない幸福感を感じたというのは注目に値する。
自分が会社を辞めた時に、これから無収入という現実とは裏腹に感じた幸福感、それを思い出した。
金で買えないものはないという言葉もある。
しかしやはりコミュニティから得られる幸福感というものは、お金では得られないのかもしれない。

具体的にまねできるところは少ないかもしれないが、考え方はしっかりと覚えて人生を考えたいと思う。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアー 投稿日 2012/4/26
原題は『The Moneyless Man:A Year of Freeconomic Living』
『金のない男:経済とは関係の無い1年の暮らし」ということであろう。

実践したのは、1979年生まれの英国人の青年。2008年末から行った行った。
29歳の時である。
実践の目的は「お金の奴隷に、お金の下僕にならないで生きられるかを考えるため」である。

青年Mark Boyleは、この生活をするためにいくつかのルールを決めた。
・現金、小切手、クレジットカードに類するものは一切使わない。例外は認めない。
・「フツー」に暮らす。例えば友人にディナーに誘われたら、行って食べる。金は払わない。
 それが「フツー」だから。
・「先に払う」金ではない。対価として労働するときは、契約をすることはやめ、先ず働く。
・お金を使って暮らしている人を尊重する。
・「化石燃料」の世話にならない。
・金無しの生活の入るに当たって「前払い」をしておかない。

この生活はひっそりと始められるはずだったが、情報が漏れ、青年が一番最初に困惑したのは、
メディアが大挙してやってきたことだった。

でどんな1年だったかは、読ん
...続きを読む ›
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
環境意識の高い29歳のアイルランド人が行った
お金を使わずに豊かに生活できるかという実証実験である。

本人も認める通り、やや極端な条件を課している所もあり、
万人に真似できるスタイルではない。

しかしメッセージの根本は、「助け合いの重要さ」に集約される。
奪い合うのではなく、見返りを求めず与え合うことの方が幸福であり、得であり、
持続可能な社会を目指す基礎となるのだと、本書では繰り返し主張されている。

お金という道具が良い悪いというより、
その運用形態さえ変われば、より良い社会にできる・・・そんなビジョンが読み取れる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー