この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼくはお城の王様だ 単行本 – 2002/5

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,225
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

少年の邪悪な魂、それをもあなたは愛してしまう。
〈サマセット・モーム賞受賞作〉

11歳の子の罪深い心理を描写した衝撃作!
11歳のエドモントのお屋敷に母と一緒に居候することになってから、同じ年のチャールズの地獄が始まった。エドモントのチャールズへの執拗ないじめの始まりだ!

この本には希望がない、と退ける人もおりましょう。
が、希望とは、いつもいつも語ってもらうものでしょうか。
読者みずから、思索しつつ、語るものではないのか。
語る力を要求される、その意味で、これはきびしい作品です。
読者を選ぶ作品です。――(訳者あとがきより)

内容(「BOOK」データベースより)

少年の邪悪な魂、それをもあなたは愛してしまう。サマセット・モーム賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 411ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406211299X
  • ISBN-13: 978-4062112994
  • 発売日: 2002/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 104,793位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/8
形式: 単行本
ずいぶん前に仏で映画化されている。いじめる側の少年が美しく描かれていて、それは結びにも表れていた。悪意の代わりに哀しみがあった。違いはあっても、原作も映画も、描かれるのは激しく自立を求める心だ。スーザン・ヒルは、もたれあいの相互依存を描かない。誇り高い嵐のような葛藤は、闇に落ちる結びとなることもあれば、希望の光で締めくくられることもある。どちらの場合も、重たい問いが読者の側に投げかけられる。この作品も、強者対弱者、善対悪の単純図式で捉えるとしたら、本質を見逃すことになりそうだ。いじめられもしいじめもした自分自身の経験からもそう思う。
少年二人の親の描写にもドキリとする。この身勝手な親達も、かつては子供であったのだ。三十年以上も前の刊行時、この本を嫌ったという英国の親達もかつては子供であったのだ。では、この本を支持したという若者達は、四十代五十代の大人の今、この作品をどんなふうに読むのだろう。訊いてみたい。
万人向けの小説ではない。特に日本では毛嫌いされるたぐいの本だ。私の身近にもぼろくそに言うのがいる。それでもこの本のための読者はいる。ほぼ三十年ぶりに新訳で蘇ったのだから、本当の読者に巡りあえよと肩を叩いてやりたくなる。もちろん、原語で味わえるのなら日本語で読む必要はないのだが、ヒルの初期の作品は書きっぱなしふうのところがあって、英語を苦もなく読めるというレベルでないと浸りにくい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/24
形式: 単行本
少年のもつ残酷性、そして優しさが上手く心理描写されていて、見事としか言いようがありません。この二つの性質は状況に応じて誰もが秘めていると感じさせられました。私自身、あるときはエドマンド、またあるときはチャールズになったことがあると思いました。この物語はワクワクしながら読み進むものでなく、読者自身に考えさせる本です。訳者あとがきより「読者を選ぶ作品です。」とあり、実際そう感じたので星4つとしました。しかし、一度読んでみること請け合いの名作です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
後味の悪さはそこまで感じなかったのですが、最初は家出の描写がやたらと長くて ちょっとダラダラした気分になりかけたのですが、後に仲良くなる農場の明るい男の子の登場で あの場面は必要不可欠だったと改めて思い直しました。
終盤近くでふてくされて素直になれないキングショーと、森でケガした時に素直にお礼が言えないフーパーが重なった時、二人は決して仲良くなれないというわけじゃなかったんだ…と思いました。

そういう視点から見ると、死んでしまったらやり直しがきかない…という後味の悪さはありましたが、この話は まさに読み手次第で結末を色んな形に変える考え方もできるんだな、と感心せざるを得なかったです。良い本に出会えて感謝してます!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告