ポイント: 15pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 6月22日 火曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
2 時間 30 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
ぼくは、かいぶつになりたくないのに がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥350 ): 6月22日 - 24日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯あり。経年による使用感はありますが、特に大きな損傷や大きな汚れ等なく概ね良好です。全品検品をしておりますが見落としによる書き込み、汚れ等ある場合がございます。付属品付の商品の場合別途記載がなければ付属品が付いていない場合がございますので詳細をお問い合わせください。コンディションガイドラインに明確に違反している場合には返金をいたします。税別2000円未満(配送料込み)の商品に関しましては追跡がつきません。また税別2000円未満(配送料込み)の商品に関しましてはお届け予定日が日曜祝日の際は休日明けの配達になります。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。20210513
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ぼくは、かいぶつになりたくないのに 単行本 – 2018/12/20

5つ星のうち4.4 10個の評価

価格
新品 中古品
単行本, 2018/12/20
¥1,540
¥1,540 ¥794
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ぼくは、かいぶつになりたくないのに
  • +
  • あとは死ぬだけ
総額: ¥3,080
ポイントの合計: 169pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

著者の公式PVがあります。
絵本『ぼくは、かいぶつになりたくないのに』公式PV でご覧ください。

内容(「BOOK」データベースより)

聞け!ぼくのなかの怪物の遠吠えを。両親からの虐待、学校でのいじめ、同性愛者であることへの差別…。でも絵だけがぼくを慰めてくれた。孤高のアーティストの衝撃のデビュー作。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 日本評論社 (2018/12/20)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/12/20
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 32ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4535587388
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4535587380
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 10個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
10 件のグローバル評価
星5つ
58%
星4つ
23%
星3つ
19%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年12月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年2月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 【ネタバレあり】美しい世界こそ現実でありますように
ユーザー名: みみみ、日付: 2019年2月2日
私が読み終わり、本を閉じたところへ、
うちの小2の子どもがやってきました。
「何これ?」
「うーんと、本だけど……」
何と説明したものか悩んで言いよどむ私の手から、彼は勝手に本を取り上げて中をめくります。
「ほんとだ、本だ」
最初のページは海の中のようで穏やかですが、その先を知っている私は、珍しく本に興味を示して読もうとする彼を止めました。
「難しい漢字も出てくるから、まだ読めないかも。怖い絵もあるよ」
しかし集中しはじめた彼は、私の言葉も耳に入らないようです。
次のページを読み
「思い出すのが、これ(怖い“お母さん”の顔)なの、ヤバいじゃん」
そう言った後は、一言も発することなく、最後まで読み終えました。
「どうだった?怖くなかった?」
「怖くなかったけど、色が気持ち悪かった。なんで、この子は自分を『人間じゃない』って思ったんだろうなって思った」
「怖い、辛い、苦しい、そういう気持ちになると、そういう嫌な事をしてきた人を殺したい気持ちになっちゃって、それが心の中で『かいぶつ』になっちゃうんだって」
「ぼくは、嫌なことがあっても、かいぶつにならないよ」
「それは君が、嫌なことがあったら嫌だよって言えて、それを聞いてくれる人がいるからだね」
「ふーん」
耳から入る情報には集中できない特性を持つ彼が、手に持っている本のカバーをめくります。
そこに現れた美しい花の絵に
「こっちが現実なのに、そっちの『かいぶつ』がこの子の世界になっちゃったんだね」
とポツリと言いました。
「そうか、そうだね」
彼の『現実』が、そして全ての人の『現実』が、いつもいつまでも美しくありますように。
思わず、そう願いました。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年4月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年8月23日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告