通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぼくの小鳥ちゃん がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 かそせ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内通常配送無料】平成13年2刷。帯なし。カバーにわずかな使用感ありますが、他に目立つ汚れ・破れ・折れ・書き込み等なく、比較的きれいです。OPPビニール包装、アマゾンより発送。お問い合わせは Amazonカスタマーサポートまでお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼくの小鳥ちゃん 文庫 – 2001/11/28

5つ星のうち 4.2 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぼくの小鳥ちゃん
  • +
  • 流しのしたの骨 (新潮文庫)
  • +
  • きらきらひかる (新潮文庫)
総額: ¥1,653
ポイントの合計: 142pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

雪の朝、ぼくの部屋に、小さな小鳥ちゃんが舞いこんだ。体長10センチ、まっしろで、くちばしときゃしゃな脚が濃いピンク色。「あたしはそのへんのひよわな小鳥とはちがうんだから」ときっぱりいい、一番いいたべものは、ラム酒のかかったアイスクリーム、とゆずらないしっかり者。でもぼくの彼女をちょっと意識しているみたい。小鳥ちゃんとぼくと彼女と。少し切なくて幸福な、冬の日々の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

雪の朝、ぼくの部屋に、小さな小鳥ちゃんが舞いこんだ。体長10センチ、まっしろで、くちばしときゃしゃな脚が濃いピンク色。「あたしはそのへんのひよわな小鳥とはちがうんだから」ときっぱりいい、一番いいたべものは、ラム酒のかかったアイスクリーム、とゆずらないしっかり者。でもぼくの彼女をちょっと意識しているみたい。小鳥ちゃんとぼくと彼女と。少し切なくて幸福な、冬の日々の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 136ページ
  • 出版社: 新潮社 (2001/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410133918X
  • ISBN-13: 978-4101339184
  • 発売日: 2001/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 316,746位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
童話というか絵本というか、ファンタジーをはらんだ優しい作品。そのかわりインパクトは弱いかもしれません。

ある朝突然やってきた小鳥ちゃんとぼくとの生活の話。小鳥ちゃんは普通に小鳥です。なんとなく星の王子様を思い出しました。えーと、王子様がね、バラの花を大事にしているのですよ。バラの花は気位が高くてわがままなのです。作者の奥さんがきっつい性格していたせいだ――てな感じの話もありますが、何かの比喩というわけではなくて、単純に自分が庇護する存在が欲しかっただけではないのかなぁと、『小鳥ちゃん』を読んで思ったのでした。

小さくて、あたたかな自分の手の中に閉じ込められる存在の、わがままに振り回されたり、甘やかしたり、何かをあたえたり、ただそれだけのことが某かの安らぎや満足を産むこともある。

ほんのり暖かになるような、優しいお話でありました。

通勤中よりも家で休日にゆっくりと……が、よろしいかと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ある雪の朝、主人公“ぼく”の部屋に、白文鳥とおぼしき小鳥が突然に舞い込んできた。なぜか、人間の言葉を喋る。餌としてボレー粉をやると、「あたし、ラム酒のかかったアイスクリームが好きなの」と、ずいぶんと気取ったことを言う。
こうして、“ぼく”と彼女と、ちょっぴり不思議な小鳥ちゃんとの、奇妙だが温もりに溢れた日常生活が始まる。小鳥ちゃんはじつに気まぐれで、なぜか教会に行きたがるし、“ぼく”の散歩にもついてくる。そうかと思うと、どこかへ遊びに出かけて、2~3日戻ってこないこともある。そんな小鳥ちゃんだが、なぜか憎めない。“ぼく”も彼女も、小鳥ちゃんと過ごすのが当たり前のように感じ始める。
評者は、中学のころからセキセイインコを飼っていた。最初に小鳥屋から買ってきた番(つがい)を除けば、後はみな、道端に落っこちていたのを拾ってきたインコばかりだった。だから、雪の朝に闖入してきた小鳥ちゃんの気持ちも、飛び込まれた“ぼく”の気持ちも、何となくわかる気がする。評者の愛鳥たちも、もし、この小説の小鳥ちゃんのように人間の言葉を喋ることができたら、きっと、ああでもないこうでもないと、好き勝手なことを言っては、評者始め飼い主たちを混乱の世界に巻き込んでいたことだろう。違うところと言えば、評者には“ぼく”と違って彼女がいないことだ(涙)。
江國氏の巧さは今さら言うまでもないが、
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 本ばか 投稿日 2005/5/23
形式: 文庫
「ぼく」と彼女、そしてある朝突然舞い込んできた「小鳥ちゃん」とのちょっと不思議な日々の話です。
小鳥ちゃんがまるで人間の女の子(小学生くらいかな)のように彼女にやきもちを焼いたり、張り合ったりしているのがとてもかわいらしかったです。
不思議な話をこんな出来事があったら素敵だなと思わせてしまう、江国さんの表現力は本当に素晴らしいなと感じます。
休日のぼんやりしているときにゆったりと読むのに、とても良い本だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/12/11
形式: 文庫
ある日、いきなり「小鳥ちゃん」が「ぼく」の部屋へとやってくる。そこからふたり(正確にはひとりと一羽)の生活は始まる。そこには特別な出来事は何もないのに、先を読み進みたくなるのは、やはり、独特の言葉遣いのせいだろうか。漢字・ひらがな・カタカナの使い方が絶妙だ。例えば、小鳥ちゃんのひく「びょうき」は、「病気」でも「ビョウキ」でもなく「びょうき」なのだ。誰が何と言おうと。江國香織の言葉の世界にどっぷりと浸かりたい方はぜひお試しあれ。癖になること請け負いです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公の独身男性の部屋に「小鳥ちゃん」が突如やってきて、
不思議な共同生活が始まります。
その小鳥ちゃんは口が達者で、なかなか可愛いです。やきもちを妬いたりもします。
ぼくもできるものなら、その小鳥ちゃんと暮らしてみたい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/4/3
形式: 文庫
とにかく、かわいい。気持ちがあったかくなれる。
最近、現実に追いまわされて毎日がつまんないな、と
思う方にぜひ読んでいただきたいと思います。
多目のイラストがまた心をなごませます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
登場人物は「ぼく」と「小鳥ちゃん」と「ぼくの彼女」。誰になりきって読むかで、きっと感想はちがってきます。ちなみに私は「小鳥ちゃん」だったのですが。
強がりな「小鳥ちゃん」からこぼれる素直さにココロがあたたまります。
たまに「ぼくの彼女」に嫉妬する「小鳥ちゃん」がいれば、その逆もあり。3人分の気持ちが素直に入ってきます。
出会ってよかった本でした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー