¥ 2,052
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ぼくの好きなキヨシロー がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼくの好きなキヨシロー 単行本 – 2009/10/17

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 89

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぼくの好きなキヨシロー
  • +
  • あの頃、忌野清志郎と ~ボスと私の40年
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

賞賛の声



●『ぼくの好きなキヨシロー』ほど胸をうつ、追悼の語りはないだろう。追悼本というより、涙以上の哀惜の念が詰まった晩歌のようだ。(「ぴあ11/19号」より抜粋)

●初期のRCを生々しく語るふたりの“熱さ”に、清志郎の“ロック”の何たるかを見る想いがするのは私だけではないはずである。必読。(「レコード・コレクターズ12月号」ミュージシャン・和久井光司評より)

●大空に溶けた おわらない魂 永遠の存在 いろとりどりの うた 透明な風になって そこらじゅうに あふれてる (写真家・石井麻木)

●やはり、「好き」が一番大事やと思います。 それは絶対信じていかなきゃ! と、 『ぼくの好きなキヨシロー』を読んで、また思いました。(ザ・たこさん ギタリスト・山口しんじ)

●タイムマシーンに乗って、青い森で清志郎に会いたい!(詩人・山本賢藏)

●「ミュージシャンは職業ではなく生き方だ!」とこの本を読んで思った。 (ドラマー・関口孝夫)



「お線香なんて誰があげるか! キヨシローをどう生かしつづけるかしか考えてないんだ」(泉谷しげる)

「泉谷は云ったよ『だってオレ、RCと古井戸のファンだもん!』バカっぽいけど素敵だろ。ジジーふたりが時間も空間も超え語りあったのさ、君のことを」(加奈崎芳太郎)

1970年、渋谷のライヴハウス<青い森>。弱冠19歳の清志郎、21歳の加奈崎芳太郎、そして彼らの音楽に惚れ込んでいた泉谷しげる22歳。

自分たちへの音楽への絶対的な自信、世の中に受け入れられない苛立ち、不器用ながら音楽を通して育まれた友情を、清志郎との数々のエピソードと共に泉谷と加奈崎が綴る!

出版社からのコメント

還暦を迎えた泉谷しげるさんと加奈崎芳太郎さんが子どものように無邪気に40年来の盟友、清志郎を語りつくします。追悼本でありながら、思わず笑ってしまうユニークで勇気をもらえる本に仕上がりました。ぜひともご一読ください!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: WAVE出版 (2009/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872904362
  • ISBN-13: 978-4872904369
  • 発売日: 2009/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 417,684位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
泉谷しげると古井戸の加奈崎芳太郎がそれぞれのHPで綴っていた清志郎の思い出(いや歴史か)を加筆の上、完成させたといったところか。少々お値段も張って、最近よくあるお手軽な本の作り方のようにも見えるが、お二人の自発的な執筆では遅々として話が先に進まず、こうでもしないと後に残らないのかも。ともあれ、フォーク?時代の天才清志郎登場の衝撃と、もう一人の天才チャボとの蜜月の始まりが、共に魅せられ、かつ、ツンデレされた2人の視点から確かめ合うように語られ、メディアなんかてんで注目していなかったロック前の初期の清志郎の記録としては大変貴重である。そして、その時期のアルバムより1000倍素晴らしいというライブを観ていないくやしさがこみ上げてくるのであった。どこかに音源ないのかね。
2 コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
正直、この内容でこの値段は高いと思う。
特に、著者である二人にあまり興味のない、若い世代の清志郎ファンはちょっと手を出しにくいかな・・?と。
しかし、オールド(?)ファンにはそれなりに大きな収穫があった。

泉谷と加奈崎の対談もあるものの、ほとんどそれぞれ二分されたページを受け持つカタチをとっており、わりと軽く読める作りになっています。

泉谷は基本的に"RC、清志郎ファン"とゆう括りから少しも逸脱しておらず、その辺のキヨシファンが寄稿しているのと何ら変わらない文章です。
実際、どこかで見聞きしたような既出の内容が多く、目新しさがほとんどなかった。
ホントに"お調子者"過ぎて、清志郎でなくても距離を置いて付き合いたい気持ちは、読めばよく判ると思います。

清志郎の73年、古井戸への寄稿文をはさんで加奈崎のパート。

終始冷静に俯瞰から言葉を置いていく文章は、それだけで読んでいて好感が持てた。
さんざん昔から清志郎やチャボの本やインタビューを読み漁ったけど、たとえば、チャボとの出会い、古井戸としてのRCとの邂逅、古井戸の解散時、RC絶頂期等・・ 数々のクライシスモメントを共に過ごして来た男の"事実の裏づけ"を読んでいるようで、たいへん貴重な記録だと思った。
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kasa2001 トップ500レビュアー 投稿日 2014/4/27
形式: 単行本 Amazonで購入
世界的にも珍しい、ミュージシャンによるミュージシャン伝であり、とても面白かった!
〈青い森〉での出会いは、二人とも濃密に語っていて引き込まれるし、忌野清志郎への巨大なリスペクトに満ちた本、ファンは必読だと思う。(『悲しいことばっかり』RCサクセション オフィシャル・ブートレグ)を聴きながら読んだよ、最高だね!)

以下、目次。
Prologue(泉谷しげる)
泉谷しげる編
第一章 彼の死は認めない  
    五月二日 / 面会謝絶
第二章 〈青い森〉の時代  
    はじめて観たRCの衝撃 / 可愛いクレイジー / ギタリストとしての清志郎 / 優しさ / 初共演の日 / 奇人変人大会スタ
    ート / 葛藤と革命 / フォーク収穫祭 / 〈青い森〉からの旅立ち / 眠れない夜
第三章 どん底から激動の80年代へ 
    あきれて物も言えない / 再会古井戸解散と新生RC / 唄の市’80 / 揺るがない / 自信真夜中の雰囲気一発 / 『スカー
    ピープル(SCAR PEOPLE)』と『デスパウダー』 / LOSERのコンセプト / 『COVERS』とザ・タイマーズ〜本流から外れるこ
    とへの不満
第四章 
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は清志郎が大好きです。
清志郎は、私にとって命の恩人です。
自殺寸前まで追い込まれた自分の人生を救ってくれた人です。
だから楽しみに読んでみたのですが、なんだか泉谷しげるが鼻について仕方がなかった。
清志郎が泉谷しげると微妙に距離を置いていたのは、きっと訳があったのだろうと、本書を読んで感じた。

もし泉谷しげるが、これからも清志郎のことを風化させないようにするのであれば、
出来るだけ多くの「青い森」に携わった人々の声を集めるべきではないだろうか?
なぜたった二人の証言だけで生かすことができるのだろうか?
「青い森」で歯の浮いた歌を歌っていた人でも、清志郎と多少なりとも接点を持った人に違いはないのだから、
泉谷しげるのような成功者だけを自ら取り上げるのではなく、
より多くの人に声をかけて清志郎に関する証言を集めて、清志郎を生かし続けて欲しい。

清志郎のファンだから読んだ。そして期待もした。
おもしろい内容もあったけど、正直加奈崎氏のところ以外は後味は悪かった。
もしこのまま終わったら、清志郎に申し訳ないだろうと思うのだが。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック