通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぼくの哲学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【クリーニング済み】 ★商品状態★中古品の為、表紙カバーに細かなスレ傷、多少の汚れやヨレ等ございますが、中身は書き込み等なく綺麗な女状態です。発送は安心迅速365日毎日発送のAmazon発送です。コンビニ、代引き決済も、もちろんOKです!!どうぞ宜しくお願い致します!!!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼくの哲学 単行本 – 1998/8

5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 619

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぼくの哲学
  • +
  • デュシャンは語る (ちくま学芸文庫)
総額: ¥3,510
ポイントの合計: 106pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

マリリン・モンローから毛沢東まで、ミッキーマウスからキャンベルスープ缶まで、現代文明の「聖像」を大胆にサンプリングしてPOP革命を起こした天才アーティストが明かす美、愛、死、成功、ライフスタイルe.t.cの「哲学」。

内容(「MARC」データベースより)

マリリン・モンローから毛沢東まで、ミッキーマウスからキャンベルスープ缶まで、現代文明の「聖像」を大胆にサンプリングしてPOP革命を起こした天才アーティストが明かす美、愛、死、成功、ライフスタイル…の「哲学」。


登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: 新潮社 (1998/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410536801X
  • ISBN-13: 978-4105368012
  • 発売日: 1998/08
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 116,425位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 世の中で成功する人とそうでない人の大きな差の1つが「見たり聴いたり感じたりしたありのままを、そのまま表現できる力」だとこの本を読んでいるとわかる。カミングアウトする勇気とも言えようか。両方ともそう簡単なことではない。
 それを自分らしく表現するなにがしかの技術を習得するためのたゆまざる努力の才−−もしくはモチベーション−−をもっているかどうかということが成功のカギを握っている。
 ウォーホルの目は耳は鼻は口は手は、極めて直接的に対象に触れて、その情報を知覚する。そしてできる限りそのまま言葉や絵にしてしまう。それはもちろん希有な才能であるし、吐き出される言葉は彼のアートにおける仕事同様に他から際立っている。
 ウォーホルは自分を天才だなどとは思っていないし、たぶん天才と凡人の差は、到達できない差だという点では大きいということもできるが、絶対的な尺度でいえば大した差ではないということもできるわけで、ウォーホルは後者の考えだ。
 アメリカ、そしてアメリカ的な自由と公平を何より愛するウォーホルにとって、それはまったく当たり前のことにちがいない。
 彼は努力をし自由な世界が彼に富と名誉を与えた。その報酬は正当なものだが、さほど特別なことでもない。ウォーホルの言うとおり、エリザベス女王が飲もうが、100万ドル払おうが、貧乏人が飲もうがコカコー
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Visible VINE メンバー 投稿日 2011/4/25
形式: 単行本 Amazonで購入
もの凄くチャーミングだと思う。考え方や言葉がこうして残っているわけだけど、ミニマムな自分の創作チームを持つ旗手たちは多かれ少なかれ、彼の「ファクトリー」をお手本にしている。僕もそうする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
アンディ―ウォーホルがどんなことを考えていたのかを知りたくて、読みました。本を読む前は、もっと遊び好きで、派手な人なのかと思っていたのですが、、、。

人からの、自分の評価を煙に巻いてしまうようなことを一生懸命しているような、都会に現れたとてもとてもセンスのいい魔法使いのようなそんな印象でした。アメリカのポップアートの代名詞とされていて、誰でもよく知っている作品もいくつかある中、古っぽさを感じなく、新鮮な空気を、文章から感じました。
文章も、会話調だったり、エッセイだったり、いろいろですが、それもまた、アンディーウォーホルなのかな、と思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tibbles 投稿日 2002/4/24
形式: 単行本
この本には美、愛、仕事、そして彼の不特定多数からなる“B”との友好関係などさまざまなジャンルにおけるAndyなりの解釈の仕方がかなり詳しく書いてあります。もちろん彼のああいった性格上(今日言ったことと昨日言ったことが全く違う)、彼自身を把握することはほとんど不可能なことではありますが、この本を読めば彼がどのような人かというあいまいな雰囲気がつかめるでしょう。しかし、それにしてもやはりAndyはすごく頭の切れる人ですね。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2003/8/12
形式: 単行本
アンディ・ウォーホルの自伝風の本『ぼくの哲学』を読んだ。凄い面白かった。強烈でユニークな価値観は他に類を見ない。(ちなみに僕の会社でのコーヒーカップはずっと『Adobe Illustrator』のビーナスをポップアートにしたウォーホルのデザインだ。)強烈でユニークであると言うことは、それだけくだらない批判も多いと言うことだというのが良く分かる。でも、ダイヤモンドは傷つかないのだ。
この本のなかでまさにウオーホルは全開だ。ピカソの生涯かけての4000枚の作品に対して、自分なら一日で出来ると言っている。確かに彼の作品の大半はシルク・スクリーンだからやる気になれば一日で出来てしまう。一枚が傑作ならば、全て傑作だから確かにそれはその通りだ。なにかそこにはデジタルな傑作が次々と世に出ていく現代の走りのようなものを感じる。
つまらない小説より、すごい人の伝記の方が数倍面白いと思う。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現代美術の超有名人、アンディ・ウォーホル(1987年没)の哲学をまとめた本です。
数行~1ページ程度の、短い警句や雑感集なので、軽く読めます。
--------------------------------------------------------------
東京で1番美しいものはマクドナルド。
ストックホルムで1番美しいものはマクドナルド。
フィレンツェで1番美しいものはマクドナルド。
北京とモスクワはまだ美しいものがない。(p.99)
--------------------------------------------------------------
(注:当時はまだ中国にもソ連にもマクドナルドがなかった)
もう1つ、行きますか。
--------------------------------------------------------------
美容上の問題があるとする。
新しくできたニキビや、光沢のない髪、不眠症の眼、
腹の周りに増えた余計な脂肪という類。
それがなんであれそれも口に出して言えばいいんだ。
ぶっちゃけて言わないと。(中略)
「クリスマスにチョコレート食べ過ぎて
 3
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー