中古品
¥ 196
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼくと1ルピーの神様 単行本 – 2006/9/14

5つ星のうち 4.7 65件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 196
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

映画化決定! 世界16ヵ国語に翻訳された奇蹟の物語 <P>学校にも通わなかった。<BR>本も読まなかった。<BR>でも確かに、ぼくは「答え」を知っていた。 <P>クイズ番組でみごと全問正解し、史上最高額の賞金を勝ち取った少年ラム。警察は、孤児で教養のない少年が難問に答えられるはずがないと、インチキの容疑で逮捕する。しかし、奇蹟には理由があった—— <P>殺人、強奪、幼児虐待……ずっと孤独に生きてきた少年が、インドの貧しい生活の中で死と隣あわせになって目にしてきたもの。それは、偶然にもクイズの答えでもあり、ほかに選びようのなかった、たった一つの人生の答え。 <P>幸運を呼ぶ1枚のコインだけを頼りに生きてきた孤児の、残酷だけれど優しさに満ちた物語。

出版社からのコメント

映画化決定! 世界16ヵ国語に翻訳された奇蹟の物語

学校にも通わなかった。
本も読まなかった。
でも確かに、ぼくは「答え」を知っていた。

クイズ番組でみごと全問正解し、史上最高額の賞金を勝ち取った少年ラム。警察は、孤児で教養のない少年が難問に答えられるはずがないと、インチキの容疑で逮捕する。しかし、奇蹟には理由があった——

殺人、強奪、幼児虐待……ずっと孤独に生きてきた少年が、インドの貧しい生活の中で死と隣あわせになって目にしてきたもの。それは、偶然にもクイズの答えでもあり、ほかに選びようのなかった、たった一つの人生の答え。

幸運を呼ぶ1枚のコインだけを頼りに生きてきた孤児の、残酷だけれど優しさに満ちた物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: ランダムハウス講談社 (2006/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4270001453
  • ISBN-13: 978-4270001455
  • 発売日: 2006/9/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 297,970位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
この本はフィクションではあるが、ストーリーは、インドの現実を基にして、展開している。格差社会、暴力、孤児、売春など、絶望的な生活のなかで暮らす主人公が、そのなかで生き抜こうとする過程で、様々なことを学んでいく。それらが、クイズ番組で勝ち抜いていく糧となる。

主人公の経験が、偶然にクイズに出題されたわけではなく、主人公の正義感、まじめさ、絶望に屈しないたくましさが、彼を導く。決して運ではなく、彼の人生観が、彼の人生を救う。

救われない人々の描写もあり、残酷な部分もある。著者はインド人の外交官であり、こと細かな描写が、ストーリー展開を、よりリアル感のあるものに仕立てている。もし、ストーリーに、この描写がなければ、薄っぺらいものになっていたかと思う。

インドの悲しい現実を反映したこの小説に対して、「面白い」というのは不謹慎かと思うが、とにかく引き込まれた。雰囲気は、ドミニク・ラピエールの「歓喜の街カルカッタ」を軽くしたような感じ。ショッキングであり、スリリングであり、最後にはほっとさせられる本書は、自分にとっては、今年ベスト1の小説。お勧めです。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
アカデミー賞を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」の原作本である。映画を3ヶ月ほど前に見て、良かったが、インドの下層社会の描き方がけっこうえげつなく、ストーリーとしてはよかったものの、気分が重たくなるような感想だったが、原作本はもっとスマートに主人公の逆転劇を描いていた。
児童虐待、犯罪、貧困、病気と不幸の盛り合わせのような主人公が、ぎりぎりの生活を明るく続けるなかでしたたかに生きる力を得る。それらが10億ルピーをかけたクイズの答えと結びついてゆく。
それぞれの章はコンパクトで1話完結型、主人公のエピソードと最後にクイズ回答シーンが繰り返される。これが面白くてどんどん次の章を読みたくなる。
これほど引き込まれた本はひさしぶりだ。読後感もよい。文句なしに5つ星であり、この著者のほかの本も読んでみたい。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2007/3/11
形式: 単行本
非常に良くできていて面白い本でした。

クイズ番組に正解し、十億ルピーの賞金を手に入れた主人公が、警察に逮捕されるところから始まります。

合計13問の問いと答えの間には、主人公の波瀾万丈の人生がありました。その貧困層の彼が舐めた辛酸は、現代インドの抱えている現実そのものでした。作者の意図はここに尽きると思います。

更に言えば、ラム・ムハンマド・トーマスという主人公の名前で、宗教による偏見や差別にもちくりと釘を刺します。

最後は、ハッピー・エンドで終わるのですが、他人のための行いをしていれば、報われるとともに、「幸運」というのは向こうからくるものではなく、自分でつかみ取るものだと言っているようです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ストリートチルドレンのあまりに哀しい生活が描かれている。インドが舞台であるが、最近の経済発展の中で、切り捨てられたような階層の貧しさが、表現されている。

でもその中で、健気に、そしてある意味では、たくましく生きていく主人公の姿にほっとする。

クイズ・ミりオネアに出場した主人公が、出題に対してどうして正解を続けられたのか。その理由が、主人公の子供から大人への成長ストーリーとして展開していく。

それは、上質のサスペンスを読んでいるようで、読み進むに連れて、どんどん引き込まれていく。と同時に”人の幸せとは”といったことを考えさせられる、様々な人との交流が興味深い。

人の優しさもあふれていて、面白い本だ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
「時を忘れて読みました」なんて、あまりに陳腐な感想なのだけれど、僕は本当に、20年ぶりに文庫本440ページを一日で読みました。どちらかと言うと遅読な僕ですが、休暇の日、のんびりと食べた朝食の後、途中で短い仮眠を取りティータイムを取り、それでも19時には読み終わっていました。それだけ読みやすい文章、引き込まれる物語だったのでしょう。
 前半は、ドキュメンタリー風の感動物語を思いながら、途中で、「ああ、これはフィクションなのだ」と実感し、それでも読み終わって気持ちいい。悲しいけれど、気持ちいい。
 今もどこかにある貧しい国々。苦しむ人々。苦しみながらも汚れない気持ち。そういったものに心揺さぶられるのには、ここには記しきれないいろんな思いが渦巻いて私を捕えていたのでしょう。
 でも、・・・40年と少し前、僕の記憶の片隅にある僕の住んでいた場所は、ここまでひどくはなかったけれど、その少し手前みたいな場所でした。人一人がやっと通れる路地を進んだ先にある貧民の長屋は、数軒が共同の汚いトイレが外に一つあるきりで、後に僕の親戚は「あの頃のあんたたちは乞食みたいな生活をしていたもんなぁ。」と溜息をついたような場所でした。真夜中の2時過ぎ、酔っぱらったあげくミシンを人間と間違えて喧嘩をしかけ、家じゅうの物をそれに向かって投げつけ始めた亭主を、「怖いから、お願い、止めて、」
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー