通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレ、小キズ、小汚れ、ページ側面小キズがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12

5つ星のうち 3.4 174件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 188

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
  • +
  • 必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~
  • +
  • 「何もない部屋」で暮らしたい
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【ミニマリスト宣言!!】
持ちモノを自分に必要な最小限にする「ミニマリスト」という生き方。
ぼくはモノを減らすことで何もかもが変わり、なぜか毎日「幸せ」を感じられるまでになってしまった。
誰かと比べてばかりいて、みじめだった。将来への不安で、ずっと停滞していた自分が動きはじめた。
最小限にしたからこそ、見えてくる本当の豊かさ。モノが少ない幸せがあることを知った。 モノも情報もあまりに複雑化した現代。
そのノイズに阻まれて、本当に自分に何が必要なのか、何を大事にしたいのかさえわかりにくくなっている。
できるだけ多くのモノを手に入れるのが唯一の正解だった時代はもう終わった。
それがほんとうの「幸せ」にはつながらないことをなんとなくみんなが気づき始めている。
生き方にはもっと自由な選択肢があっていいはず。
他人の目線ばかり気にした世界から、自分の声に耳を澄ませてみること。
断捨離からミニマリストへ。
終わりのないモノへの追求から一度思いっきり距離をとってみること。
これはもう一度「幸せ」について考え始めることに他ならない。

【巻頭カラー】
ミニマリストの部屋公開×4
世界一周可能な、バックパックの中身公開!!

【第1章】
なぜ今、ミニマリストが生まれたのか?

【第2章】
なぜ、モノをこんなに増やしてしまったのか?

【第3章】
モノを捨てる方法最終リスト55!!
さらに捨てたい人へ追加リスト15!!
&「捨てたい病」への処方箋

【第4章】
モノを捨て、ぼくが変わった12のこと
・時間ができる
・生活が楽しめる
・自由と解放感を感じられる
・人と比べなくなる
・人の目線を恐れなくなる
・行動的になれる
・集中力が高まる。自己に徹する
・節約だってできる。エコにもなる
・健康になれる。安全である
・人との関係が変わる
・今、ここを味わえる
・感謝できる

【第5章】
幸せに「なる」のではなく「感じる」

内容(「BOOK」データベースより)

モノを最小限に減らすミニマリストという生き方。常識にとらわれない豊かな暮らし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 299ページ
  • 出版社: ワニブックス (2015/6/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847093461
  • ISBN-13: 978-4847093463
  • 発売日: 2015/6/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 174件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,420位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
私見では、ものを減らすことの一番のメリットは、情報量を減らせること、選択のための時間が減ること、
惰性で受け取ってきた情報・価値観から自由になることが挙げられるように思う。
この本でも、第1章では、同様のことが述べられているが、段々と後半になってくると……。

「モノを減らすと、自分が好きになれる」
「他者に対する思いやりが増す」
「彼女ができる」
「どんどん行動的になれる」
「いま・ここにある幸せを感じられる」

など、どう考えても個人差のある事例がどんどんと述べられて、困惑する。
思うに、著者はいま「ミニマリスト・ハイ」のような状態なのではないか。
ものを捨てることは、人をハイにさせる中毒性があるのではないかと思われてくる。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
良い内容なのだが、ミニマリズムについての本なのに、文章からミニマリズムが感じられない。
同じ表現が繰り返され、はっきり言って、くどい。
文章もミニマルにしてほしかった。
コメント 302人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者は見栄っ張りなのか人との比較において自分の価値を見出してきたようです
本を積み上げて知識の高さ?を目視する
そういう方

幸せはモノからはあまり得られないという考え方は本書を手に取る前から多くの人が知っていることだと思う
モノを捨てると幸せになれるのではなくて、幸せを考えたらモノはそれ程要らないとなるべきなのに本書は逆を言っている

ジョブズも色々捨てていると書いているがそれは違うと思う
ジョブズは絞りに絞った目的(=それが彼の幸せ)を達成するために他のこと(モノ)は要らないという考え方だったのだと思う。
幸せを追求した形の結果のミニマルであって、彼が言うミニマルになったら幸せになれたとは違うのだと思う

なので何度もジョブズを引用しリスペクトしていることにたいへん疑問を感じます
同様に他の著名人もほらそうでしょ、みたいに引用するのもきっとご本人たちからしたら良い迷惑かなと思う
引用が多すぎるあたり、この方はやはり人との比較から抜け出せていないのではないかと思う
優れた人物と同じ、もしくは限りなく近いところにいるであろう優越感に浸っているだけではなかろうか

結果彼は家の中のモノがなくなり、刺激がなくなったので外で色々な
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「捨てる方法最終リスト55」と「さらに捨てたい人へ追加リスト15」はなるほどと思う箇所もありましたが、それ以外は、いろいろなデータを引用しての底の浅い考察や、薄っぺらい「僕はこう思う」ってエッセイが続きます。特に著者は独身なのに「うまくいく結婚生活の秘訣」を語っているのには失笑してしまいました。

特に気になったのは下記の2点です。
○似たような話が繰り返される、水増しされた構成(どうして文章はもっと整理しないの?)
○各章の扉ページで著名人の発言を引用しての知的アピール(自分をよく見せるのはもうやめたんじゃないの?)

最初のグラビアページの興奮が、ページをめくるごとにどんどん冷めていく、残念な本でした。
コメント 359人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
Kindleのお試しで読みました。
他の方のレビューをみる限り、恐らくお試しくらいの長さが丁度よかったのでしょう。
僕は結構すっきり読めました。
この本は読む人が求めている目的によって、評価が変わると思います。
元々「捨てたい」と思ってる人が読めば、多分正解です。
逆に「物があった方が幸せなのか、なくても幸せになれるのか」と言う疑問を持って読んだ人にはがっかりする内容だと思います。
なぜならこの本は「捨てたい気分」にさせてくれる本であり、モノを捨てたいけどイマイチ踏ん切りがつかない人が、捨てる意気込みを得るために読む本だからです。
決して”モノがなくても幸せになれるのか”、を考察する哲学本ではありません。
モノが溢れ、Amazonなどの便利なお店が登場し、大量に身の周りのモノが増えた。
しかし経済的には不況で、都会の人工も増し、モノの量とは反比例して住むスペースが狭い人も増えた。
その時代の必然として”ミニマリスト”と呼ばれる人達が生まれ、モノを捨ててスペースを確保しようとすることになった。
しかし、大量消費時代の流れとしてモノを捨てたいと思う人が増えただけで、ミニマリストと名前のつく前からそうだった人も当然いれば、ミニマリストにも種類があり、僧侶のように身一つで生きて行こ
...続きを読む ›
1 コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック