中古品
¥ 439
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙に多少キズがあります。本文はたいへんよい状態です。Amazon倉庫からの発送のため、お届けは早くて安心(※当日や翌日に届くことも)です!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼくが眠って考えたこと 単行本 – 2005/7/12

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 22
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「不眠者の時代」と著者が名づけた現代の日本では、この30年間で国民の平均睡眠時間が30分減少し、ビジネスマンの場合は20年間で1時間も減ったという報告も出されています。不眠症に悩む人々も急増し、社会全体が睡眠不足の状態にあるといえます。
ベストセラーとなった『「家をつくる」ということ』などで家族関係の変化とそれが孕む危機を指摘し、『「子どもが生きる」ということ』などでは子育てや教育の問題に警鐘を鳴らした著者が、「日本人の睡眠」というテーマに取り組んだ最新意欲作です。
前半部では、寝ごこちを試すために悪天候の富士登山や海外へも飛び、現代を象徴するさまざまな「寝床」を訪ね歩いた記録を丁寧に綴り、後半部ではわたしたち現代人にとっての「睡眠問題」を鋭い筆致で浮き彫りにしていきます。
また、本書のカバーイメージの撮影ほか、すべての取材地に足を運び「寝床」を独自の視点でとらえた新進気鋭の写真家・塩田正幸氏によるカラーグラビア「眠りの空間」も本書の味わいを深めています。

内容(「BOOK」データベースより)

「不眠者の時代」の寝床めぐり。うたた寝から熟眠まで、芥川賞作家の体験ルポルタージュ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: エクスナレッジ (2005/7/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4767804337
  • ISBN-13: 978-4767804330
  • 発売日: 2005/7/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 899,340位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 睡眠について悩んでいます。だからその手の本を読んできたけれど、寝床と結びつけたのは、あまりなかったようです。世間では、こんなにいろいろな寝床と眠りのスタイルがあるのかと感心しました。写真に添えられた言葉が気がきていて、引き込まれました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
近年日本では、眠りへの関心が高まっているという。住宅に求められるのは、いまや「家族団欒」ではなく「快眠」らしい。一方で、日本人の睡眠時間はどんどん短くなっていると言う。一見「?」だが、つまりは皆“効率のいい眠り”ってやつを求めてるらしいのだ。睡眠を快楽と思う人は少数派で、“「圧縮」された眠りが一番”って思っている人が多いのではないかと著者は言う。なんか途轍もなく貧乏くさい話だ。
 僕はたっぷり8時間は眠るし、オフコースの「眠れない夜」を聞いてうらやましい、一度体験してみたいと思ったクチである(不眠症の人には殺されそうだが)。無論眠ることは快感であり、会社さえなければ毎日飽きるまで寝ていたい。
 著者は、現代日本の“眠り”を探るべく、さまざまな場所に“眠りに出掛けていく”。カプセルホテル、国際線のファーストクラス、インターネットカフェ、豪華ヨットのキャビン...その試みには好奇心をそそられるのだが、著者は「枕がかわれば眠れないたち」「子どものころよく乗り物酔いをした」タイプらしく、つくりの違う僕には、その体験的考察にも微妙に共感できない部分が多かった。そこで逆に思ったのは、眠りとは非常に「個」に依拠するものだということである。皆が“効率のいい眠り”を求めているという仮説もちょっと怪しいのではないか?とも考えてしまった。
 「ツインベッドは欧米人には奇異」「電車のなかで眠るのは日本人だけ」といった眠りに関する知見が豊富で、読み物としては面白かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 住宅設計という領域からみて、現代という時代は居間でも台所でもなく、寝室がメインテーマだと思い知らされることがある。この著者は前作で寝室にも居室性をと主張していたが、ここでは家を出て、眠り換えの体験ルポをやっている。空間で家族を語るのに、もうそろそろ苦痛を感じ始めたのか。住宅設計の前線ではもうずっとまえからそうだったのだが。目の付け所はさすがベストセラーを生んだ作家ならでは、というところ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2005/10/20
形式: 単行本
 芥川賞作家・藤原智美が、<眠ることのできる様々な場所>を訪ね歩き、実際に「眠って考えたこと」を綴ったルポ。
 著者が訪ね歩いて眠った場所は全部で14箇所。カプセルホテル、睡眠クリニック、インターネットカフェ、飛行機のファーストクラス、ホームレスのブルーシートハウスなど多岐にわたります。

 それぞれの眠りの場に関するトリビア的な知識に、うなずくところが多い読書でした。
 たとえば、カプセルホテルの発案者は建築家の黒川紀章だったとか、あごの先端から首までの距離が白人よりも短い東洋人のほうがSAS(Sleep Apnea Sundrome=睡眠時無呼吸症候群)になりやすいとか、いったお話です。
 インターネットカフェを宿泊施設かわりに、女性も使っているという話は、いわれてみれば確かにそういう使い方もあるんだなぁという新鮮な驚きとともに読みました。私が10代の頃は、終電のなくなった夜には友人たちと24時間営業のドーナツ店に入って飲み物一杯で粘って始発電車が出るのを待ったものです。時代の変化を見た思いがします。

 一方、第2部「空間の考察――かわる眠りの『意味』」は、著者が物す「眠り考」私には小難しすぎて、その言わんとするところが理解できませんでした。

*ロンドンのB&Bを「ふたつのBはベッドと
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告