中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼく、牧水! 歌人に学ぶ「まろび」の美学 (角川oneテーマ21) 新書 – 2010/9/10

5つ星のうち 4.1 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

恋の苦悩、自然との一体感、未知の世界への憧憬、酒に溶けゆく魂・・自らの「あくがれ(=憧れ)」を求めて突き進んだ歌人・若山牧水の魅力を、堺雅人が恩師の歌人・伊藤一彦と3夜連続で語り合った師弟対談書!

内容(「BOOK」データベースより)

不安を生きる現代人に薦めたい、牧水の歌と人生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 246ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/9/10)
  • ISBN-10: 4047102539
  • ISBN-13: 978-4047102538
  • 発売日: 2010/9/10
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 72,889位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
本書は宮崎出身の俳優・堺雅人さんが、高校時代の恩師である牧水研究家の伊藤氏と
やはり宮崎出身の歌人若山牧水について語り合った本である。
堺雅人さんの演技力には瞠目すべきものがあるが、牧水についても新たな感覚の読みがあり
ただ者ではない役者を感じるのである。

ダジャレのタイトルはどうかと思うが、それにしても
うらやましい才能、うらやましい師弟関係である。
『白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ』
この若山牧水の歌は、古関裕而の作曲でメロディもついているが、
ぼくが高校時代の先生は「歌ってみると意味が分かるかもしれない」とおっしゃった。
以下の詩は次のように続く。

幾山河 越えさりゆかば
さびしさの はてなむ国ぞ
きょうも旅ゆく
 
いざゆかむ 行きてまだ見ぬ
山を見む このさびしさに
君は耐うるや

この牧水を教えてくれたのは音楽の先生で,国語の教師は何を教えてくれたかちっとも思い出さない。

堺雅人さんは,本の中で「自分の周りにはどうして偉人伝に出てくるような人がいないんだろう」
と子どもの頃思ったと言うが,そういう「普通を変だと思う感性
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 ”こんにちわ 堺雅人です。僕はふだん俳優をしてます。”

このまえがきだけでも 堺雅人ファンはしびれますね。

文・堺雅人では 師というところに伊藤一彦さんが出てきますが
その師弟関係の絆を強めているのが牧水である。
牧水の歌とその背景を問答し
二人で「意味ある偶然」と「あくがれ」を語る。
牧水は旅が好きだったという話で
堺雅人さんは演じることが旅であり、伊藤一彦さんは歌を詠むことが旅である。
と言っている。
この本は不思議な堺雅人さんを牧水と伊藤一彦氏が紐(ひも)解いてくれている。
それと牧水のことを ”なるほど・・”二人が身近にさせてくれる本です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
短歌というものに馴染みのない自分である。しかし、「文 堺雅人」という本で、堺雅人の文章と人柄には興味を抱いた。アノ、何を考えているのかわからない黒目がちの埴輪目!その奥の頭の中で、この人は、こんな風にモノを見、分析し、表現するのか。冷静で細心の心遣いで研がれた米のように無駄の少ない文章。これが、年若い役者さんの書いたものとは。そんな驚きと清新さを覚えた彼のことばに触れられえるなら・・・と、ほぼミズテンで購入。

堺雅人のかつての恩師であり歌人でもある伊藤一彦氏の人間的で適切なナビゲーション、そして教え子堺の打てば響く独自の鑑賞。ふたりの対談形式で、宮崎・早稲田大学出身という共通項を持つ若山牧水という歌人が教科書の写真や数行のプロフィールをビリビリと破り出てきたかのように、人物像が立ち上がり共感を持って感じられる。演劇というものに引き付けた堺の解釈も魅力的。

私がとりわけ気に入った歌は

・われとわが悩める魂の黒髪を撫づるとごとくに酒を飲むなり

・さうだ、あんまり自分のことばかり考えていた、四辺(あたり)は洞のやうに暗い

・なにゆゑに旅に出づるや、なにゆゑに旅に出づるや、何故に旅に

など。ダメダメな無頼派が、ここにもいたのか、と共感とともに面白く読んだ。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
が、わかるとでもいいましょうか。
寝転んで読んでいるうちに牧水の全体像が見えてくるような対談です。
堺雅人さんは普通の俳優にはとどまらず、限りなく文学的な世界観を持ち繊細な
人だなあと思いました。こういう人を受け止める女性は、牧水の奥さんのような
ひとかなとふと思ったりして。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 堺さんが好きで買った高校生です。

 最初、なんとなく購入して(4月初旬、書店にて)
なんとなく読んでいて(4月中旬から)興味を持てなかったのですが、
この本の対談の第一夜の終わりごろからだんだん面白く思えてきて
今では毎日通学の電車の中で愛読しています。

 通学時間以外は本を読む時間はありませんが、
もう半分くらい読みました。

去年、高校の授業で若山牧水さんの

「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」

という歌をテスト前に覚えさせられ、面倒でしたが
若山さんの歌だけは何か光るものがありました。

 話は変わりますが、堺さんは本当に俳優という枠だけでは収まりきらない
才能の塊のような方だと思いました。

 また、堺さんの恩師の伊藤一彦先生も
本当に才能に満ち溢れている方です。

 本当に堺さんと伊藤先生のような師弟関係が今でも続いていらっしゃるなんてとてもうらやましいです。

 また、牧水さんの"自然と一体化して生きる"という生き方に
非常に感心しました。有名歌人なのにそれをご本人は自覚しておらず、
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー