この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼく、ドラえもんでした。涙と笑いの26年うちあけ話 単行本 – 2006/5/26

5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 5,088 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

運命的な出会いから、感無量の別れまで、ドラえもん一本に役者生命を賭けた26年間の、大山さんにしか書けない涙と笑いにあふれたエピソードが満載。“ドラ声”と呼ばれ、声質に悩んだ子どものころの思い出や、母から受け継いだことなど、若い世代に、いまこそ伝えていきたい感動のメッセージです。日本のテレビ史とほぼ重なる長さの芸能生活。その半分以上をドラえもんと歩んできた大山さんが、自ら健筆をふるい、活き活きと書き下ろした貴重な1冊。貴重な資料写真を集大成した「大山のぶ代グラフィティ」も必見。「ドラえもん声優」卒業記念でありかつ「デビュー50周年」記念出版でもあります。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大山/のぶ代
1936年10月16日、東京生まれ。女優。都立三田高校在学中に劇団俳優座養成所入学。1956年「この瞳」(NHK)でデビュー。出演作に「名犬ラッシー」「ブーフーウー」「ハリスの旋風」「江戸を斬る」「じゃがいも」など多数。1979年4月~2005年3月まで、ドラえもんの声を26年間担当。2005年「放送ウーマン賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 小学館 (2006/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093876541
  • ISBN-13: 978-4093876544
  • 発売日: 2006/5/26
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 486,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年3月24日
形式: 単行本|Amazonで購入
2008年9月15日
形式: 単行本|Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2007年6月16日
形式: 単行本|Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年12月29日
形式: 単行本|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2010年4月8日
形式: 単行本|Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年6月26日
形式: 単行本|Amazonで購入
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2008年6月15日
形式: 単行本
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2007年3月12日
形式: 単行本
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー