通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
([ほ]3-1)月のうた (ポプラ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、表紙に擦れなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて迅速に発送いたします。 593298
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

([ほ]3-1)月のうた (ポプラ文庫) 文庫 – 2011/4/6

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ([ほ]3-1)月のうた (ポプラ文庫)
  • +
  • ([ほ]3-2)かなりや (ポプラ文庫 日本文学)
  • +
  • これからの誕生日 (双葉文庫)
総額: ¥1,892
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小学生の時に母を亡くした民子は、父とその再婚相手との三人暮らし。複雑な想いを胸に秘めていたが、亡き母の親友から母にまつわるある話を聞き、徐々に心を開いていく――それぞれの想いを鮮やかに掬い取った、切なくて温かな家族の物語。第2回ポプラ社小説大賞優秀賞受賞作。「生活感あふれる挿話の数々、陰影深い人物像、生き生きとした会話、そして巧みな語り口。語り手四人の絶妙のアンサンブルもいいし、強力なテーマ把握も見事だ。優しくて、温かくて、思わず抱きしめたくなるような小説だ」(書評家・池上冬樹)

内容(「BOOK」データベースより)

小学生の時に母を亡くした民子は、父とその再婚相手との三人暮らし。複雑な想いを胸に秘めていたが、亡き母の親友からある話を聞き、徐々に心を開いていく―それぞれの想いを鮮やかに掬い取った、切なくも温かな家族の物語。第2回ポプラ社小説大賞優秀賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 240ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2011/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591124207
  • ISBN-13: 978-4591124208
  • 発売日: 2011/4/6
  • 商品パッケージの寸法: 1.8 x 10.5 x 15.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,491位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
小学5年生で母をガンで亡くした民子。
中学生で継母を迎え、その後母方の祖母を亡くす。
幼くして様々な不幸を経験してしまった
民子の大学入学までを描く作品です。

4章からなり、
それぞれ
民子→継母宏子→実母の親友祥子→父の視点で物語が進められていく。
それぞれが同じ事実に対して
いろんなことを思い、考え、悩む。
みんなが自分のことより相手のことを思い、
でも、なかなかその思いを言い出せずに過ごしている。
大きな事件が起きるわけではない。
地方の小都市を舞台に
民子とその周りの人間との交流が温かいタッチで描かれています。

継母ってどうしても意地悪なイメージが付いて回るものだけど、
この宏子さんは天真爛漫で
だからこそ、民子には必要な人だったのかもしれない。
なかなか最初は打ち解けられかった二人だけど、
少しずつお互いの距離を縮めて行く様子が良かったです。

母の親友の祥子さんの思い出話にホロリときたり、
父親のちょっといい加減なところに腹を立てたり、
なかなか感動的な話でした。

まぁ、陽一という幼馴染との関係ももう少し深く書かれていても
良かったかな、とは思いましたけどね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読みながら、そして読了後も心が清涼なもので拭われていくような心地だ。
母親を癌で亡くした民子とその家族を、小5から大学入学までの7〜8年の
時間を重ね合わせて描いた物語。
「星月夜」「アフアの花祭り」「月の裏側で」「真昼の月」という月にちなんだ
各章のタイトルも美しい。

民子の章である「星月夜」では、母を喪った民子のとまどい、新しい母との折り合いの
つけがたさや嫌悪感などが吐露される。
子どもは大人の都合に抗えない。その理不尽さが民子の心を頑なにすることに
ふれようとしないのがもどかしい。
けれども、民子の、亡くなった母・美智子への思いを素直に綴った作文を配することで、
ぐっと引きしまった趣が現れ、ページを繰る手が早まった。
一見粗野にみえる継母の宏子も、実に率直な性格で、民子にも臆せず
素の自分をさらけだし、結果二人の距離が少しずつ縮まってゆく。その素直さが
好ましかった。

民子に関わる年上の女性たちが、この作品ではとても魅力的。
特に、祖母の気丈で聡明な人となりは民子の素地をつくり、
潔い人生の線引きに頭が下がる思いだ。

民子の深い悲しみが語られ、それをめぐって周りの人たちの
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
主人公・民子、継母・宏子、母・美智子の親友・祥子、父・亮太の視点で語られる4つの物語。

民子は楽しみにしていた夏祭りの前日に最愛の母を失う。そして、その悲しみを民子は悲しさを抑えて中学生になる。そんなある日に「母への手紙」というテーマで課題が出る。そこで民子は天国にいる母・美智子へ手紙を書くのだった。そこには誰にも言わなかった民子の想いが綴られていた。(「星月夜」)

継母の宏子は民子にどう接したらよいのかと悩んでいた。宏子は料理も出来ず、家事全般は祖母に家事を教え込まれていた民子に頭が上がらずの日々だった。本来、民子のような秀才は自分の天敵のはずだが、民子はどことなく今まで見てきた秀才とは違っていた。そんな疑問を抱きながら宏子はある日、民子と夜中に散歩する。月夜の道をふたりは歩く。宏子のお腹のことを話しながら・・・。(「アフラの花祭り」)

民子に恋心を抱く陽一を子に持つ、美智子の親友・祥子は、ある日、バス停で痛みで座り込んでしまっている宏子を見かけ、病院へ送り届ける。そこで昔、親友と出逢い、交わした言葉、親友の最後の想いを顧みる。親友のわが子への愛情とその親友に何もしてあげることが出来なかった自分を思い出しながら・・・。(「月の裏側で」)

宏子との間に朔望を授かった父・亮太は外見は威厳がありそう
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 アマゾンで本を買い始めてから、何冊か同じ傾向の本を読むことが多くなりました。たぶん、お勧めリストの表示につられてまとめ買いしてしまうからでしょう。
 この本は、「なでし子物語」のあとで読んだのですが、こういう順序で読むと、どうしても圧倒的に前者の方に軍配が上がってしまいます。
 親を失った(あるいは捨てられた)子の成長譚というストーリーは、古今東西で手垢が付いたものですから、すれっからしの読者をうならせるのは至難の業です。4人の各視点から描くというところはよかったのですが、再読することはないだろうという感想でした。父親と継母との再婚経緯がどうしてもストンと腑に落ちませんでした。
 難しいでしょうが、終始継母の視点から書ききった方が、冒険的で新鮮さがあったかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー