通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー傷みあり■天・小口・地傷みあり■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28) 単行本(ソフトカバー) – 2009/11/30

5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 398

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)
  • +
  • 「安全な食べもの」ってなんだろう? 放射線と食品のリスクを考える
  • +
  • 「健康食品」のことがよくわかる本
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 118pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

食品添加物は危険なのか? 天然は安心なのか? 残留農薬の基準値超過で回収・廃棄の対応は世界の常識なのか? ビタミンでがんの予防ができるのか? オーガニックは優れているのか? 巷には食をめぐるさまざまな情報が氾濫しているが、どの情報が信頼に足るものなのだろうか? メタミドホス、マラカイトグリーン、メチル水銀、トランス脂肪酸、メラミンなど、実際の事例を参照しながら、残留農薬の基準値の設定の仕方やその値の意味、発がん物質のリスクの大きさの考え方、さらにはリスク分析やリスク評価の方法を紹介していく。食の安全の本質に迫る目から鱗が落ちる一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

食品添加物は危険なのか?残留農薬の基準値超過で回収・廃棄の対応は世界の常識なのか?ビタミンでがんの予防ができるのか?オーガニックは優れているのか?巷にあふれる食をめぐるさまざまな情報。どの情報が信頼に足るものなのだろうか?メタミドホス、マラカイトグリーン、トランス脂肪酸、メラミンなどの実際の事例も参照しながら、残留農薬の基準値の設定の仕方やその値の意味、発がん物質のリスク評価の方法を紹介していく。食品の安全情報を複眼的にとらえた、目から鱗が落ちる一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 化学同人 (2009/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4759813284
  • ISBN-13: 978-4759813289
  • 発売日: 2009/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 94,104位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 YOKKO VINE メンバー 投稿日 2009/11/30
形式: 単行本(ソフトカバー)
 食品安全に関心のある方に、ぜひお読みいただきたい本である。

 著者の畝山氏は、「食品安全情報blog」や日経BP社「FoodScience」の連載で食品安全の考え方を説いているが、それが1冊にまとまった。

 ほんとうの「食の安全」のためにできることは、「多様な食品を食べること」だという。食品は「未知の化学物質のかたまり」であれば、特定の食品に片寄った食べ方はリスクを高めるのだ。トクホであっても例外ではない。特に特定成分を濃縮したタイプは、医薬品並みの試験が求められる道理になる。

 背景となる基準値の決め方や意味、リスク分析の考え方は、一般の社会人にとって少々難しいかもしれない。それでも、基本的にゼロリスクで管理できている食品添加物や農薬を問題視する専門家やオピニオン・リーダーは無視してよい存在であることがわかるだろう。メディアも同様で、不安をあおる伝え方を改め「基準値超だが、ARfD(急性参照用量)に比べはるかに低く安全」といった報道が増えてほしいものである。

 挿入されているイラストは、著者自身によるもの。器用な人なのである。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ビール 、たまねぎ、 ジャガイモなど身近な食べ物にも毒性はあるという。そういわれればジャガイモの芽は食べるな、とか青い部分は捨てろと教えられていた。でもそれだけで平気で食している。一方でマスコミから流される危ない、危ない、食品や化学物質、賞味期限切れを隠したとかの報道には過敏に反応する。
車は事故による死者の数を考えてみれば危険極まりない代物だが、気にもとめずに使用している。車の持つ利便性があるからだ。
こうなるとリスク評価とかリスク・ベネフィットの考え方を身に付けないと、報道ごとにいちいち右往左往して無駄な損失を余儀なくされる。
情報を発する研究者、告発する市民団体、情報を中継するマスコミなど本書を参考にしてみては。もちろんわれわれ市民も。
もっとも読んでほしいとおもう予防原則を主張をする人たちは、見向きもしないだろうな。 
「ゼロリスクという幻想」の副題が本書の内容をよく表現している。

豊富な数字や情報に基づく内容は、食を巡る問題だけでなく、リスク概念を理解する上で立派な教科書だ。その分少し硬すぎて、遊びの部分とか抽象的記述もほしいところ。中西準子さんの「食のリスク学」や松永和紀さんの--踊る「食の安全」--と併せて読むことによってよりいっそう理解は深まると思う。
理解することー、それはあなたに安心をもたらすでしょうが、だめ、ダメな人には無理なのかな。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
読み始めは専門的な用語が多く、知識がないと読み進みにくいですが、目次ごとに簡潔にまとまっているので、特に頭から読む必要はないと思います。実際に非常に気になるテーマですが、一般的に目にするのはテレビや新聞、雑誌あるいはネットでの報道に限られますので、事実は伝わってきますが真実は掴みきれません。この本はその掴みにくい真実をわかり易く教えてくれます。非常に参考になりました。特に報道に携わる方々には是非一読いただきたい。不安だけを増長させることは悪だと思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
食品添加物や農薬は「危険」で、天然自然やオーガニックは「安全」。
程度の差はあっても、「なんとなく」そう思ってる人って多いのではないでしょうか。
そういう私も以前は、できるだけ添加物の少ない食べものや、無農薬野菜を選ぶことが「なんとなく」正しいと思ってました。

これは、そういう人にこそ読まれてほしい本です。

安全危険の二元論で考えるのではなく、どう考えればいいかということが、素人にも良く理解出来るので、
今までの概念がひっくり返り、目からウロコが何枚も落ちること請け合いです!

こういう良書があるのに、読まないで「なんとなく」誤解したまま行くのはもったいない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2010/3/15
形式: 単行本(ソフトカバー)
一般に報道される「危険な食物」と、本書に示された内容とのあまりの差に驚くばかり。
報道で危険と印象づけられていたもののほとんどに実質的な危険はなく、むしろ気にもしていなかった普通の食品のほうがリスクが高い(これは決して即「危険である」事を示さない)、各種数値の意味を正しく理解することの重要さを教えてくれる。
巻末にあったこの言葉だけでも忘れないようにしたい。
『現在の日本で食品添加物や残留農薬が食の安全にとって問題だという事を言っている専門家は、信頼するに足りません』
『これさえ食べれば病気にならない…というような魔法の健康食品や健康法は存在しないし、100%悪いだけの食品もないという、平凡でつまらない事実しか残らないのです』
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー