通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ほぼ日刊イトイ新聞の本 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ほぼ日刊イトイ新聞の本 (講談社文庫) 文庫 – 2004/10/15

5つ星のうち 4.5 33件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 224
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ほぼ日刊イトイ新聞の本 (講談社文庫)
  • +
  • インターネット的 (PHP文庫)
  • +
  • ボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)
総額: ¥2,170
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   いまやホームページの熱心な読者の間で「ほぼ日」を知らない人はもぐりと呼ばれるご時世…になったのかどうか。同サイトは、1日で35万以上のアクセスを数えるという超人気サイト。1998年のホームページ開設以来、各界の著名人、クリエイター、読者らを執筆陣に集め、独自の編集方針で魅力的なコンテンツづくりに努めてきた。本書は、その誕生の舞台裏と成長の軌跡を、主宰者である糸井重里自身がつづったものである。

   発端は、バブル崩壊による仕事をめぐる状況の変化にともなう、糸井のいきづまりにあったという。それは1990年からの広告の総体的な地位の低下や、クリエイターの価値が金で買い叩かれるといった状況、さらに、これまで豊かだと思えたことが実は貧しいと気づくにいたる、自身の価値観の転倒といった問題である。後の「ほぼ日」の理念になる「クリエイティブがイニシアティブを持って仕事のできる場をつくりたい」という思いは、こうした要因が重なり合って形成されたという。

   そこからホームページを立ち上げ運営していく道のりには、多くのユニークなアイデアがつまっている。たとえば、万人に間口を広げたサイトのネーミング、主宰側のイニシアティブを強めた運営の規範づくり、紙メディアとのジョイント、消費者と生産者を直結させたノベルティ販売など。糸井の巧みなコピーで示されるこれらの理念やアイデアは、ネットビジネスやコミュニティの新たなイメージを膨らませてくれるだろう。また、徒手空拳で「場」を切り開いていく糸井の姿に、良き起業家精神を読み取ることもできるはずだ。

 「ほぼ日」は大きな成長を遂げた。が、糸井はそれを「成功」とか「新たなビジネスモデル」として解釈することを拒否する。意味や結果やお金のことが先にあるのではなく、やっている過程がとにかく楽しいのだという価値観を問題にするのだ。そんな「生き方」を実現するしくみがインターネットにはあると、本書は示唆している。(棚上 勉) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

1日100万アクセスの超人気ホームページ『ほぼ日』誕生と成長のドラマ。
新章を書き下ろし!

49歳の誕生日に初めて買ったMacからすべては始まった。小さな自前のメディア『ほぼ日刊イトイ新聞』は、ベストセラーを生み、イベントを成功させ、「すぐそこにある幸せ」を伝える、1日100万アクセスの超人気HPになった。新しい「仕事」のかたちを探る『ほぼ日』の、試行錯誤と成長のドラマ。新章を加筆!

●どうしてこんなことをはじめたのか?
●クリエイターの「まかないめし」を提供してもらおう
●実力以下に評価されているものを拾い出す
●「いま仕事が流行っている」
●独自のバリューをつくり続ける
●『ほぼ日』は伸び伸びしているか
●オリジナルTシャツに涙する
●『ほぼ日』幼年期の終わり
●理想の組織を見つけたい
●すべてはコンテンツなのだ、という考え方

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 368ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062749017
  • ISBN-13: 978-4062749015
  • 発売日: 2004/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 35,420位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
糸井重里が49歳にしてパソコンを購入し、インターネットの世界とメールの面白さを知るところから話は遡って語られている。新しい何かが産声をあげる、その舞台裏の話というのは読んでいて滅法面白い。書評誌「本の雑誌」の誕生秘話、その黎明期が綴られた本も数冊読んだけれど、その時のワクワク感を本書も味わわせてくれた。さらにこの本は単なる舞台裏以上のモノも含まれている。これからの企業のありかたについて。働くことについて。組織論など。職種は違えど、いろんな社会人の明日を明るくするためのヒントがたくさんあると思う。「明日はアタシの風が吹く」だ。読了後、ますます「ほぼ日」が愛しくなることだろう。ダーリンはすごい!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 本書は2001年に出版された同名書の文庫版です。文庫化に際し、「第八章 その後の『ほぼ日』」が追加されました。文庫化前の本も読んでいましたが、改めて、糸井氏の考えに触れることができ、『ほぼ日』編集部のその後の様子が窺い知れて、温かい気持ちになりました。糸井氏の肩肘張らない、大上段に構えずに語ってくれる「考えたこと」は聞く方も素直に受け取ることができます。司馬遼太郎氏の描く坂本竜馬が「議論に負けても人は意見を変えない。だから、議論はするだけ無駄だ」といっていましたが、糸井氏のスタンスもそれに通じるものがあります。自分の意見に人が従う必要はないけれど、自分は自分の意見に従ってあれこれやっていくよ、という姿勢が感じられます。

 いくつか、ハッとさせられた点を挙げましょう。

 「なにかがガラッと変わるときというのは、いろんな関係なさそうな要素が、複雑にからみあって、ちょっぴりずつ流れをつくっていくもんなんだと、ぼくは思っている(P.16)」・・・だから、糸井氏は自分がインターネットを始めた理由を簡単に説明できないで、説明のためにこの本を書いてしまったわけです。この気持ちはすごくよく分かります。私も、会社を辞めて、専攻も変えて、大学院にいる理由をやはり簡単には説明できません(表向きの説明はありますが・・・)。

 「みんなが同
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ほぼ日愛読者の私としては、すらすら読むことができました。 ほぼ日が進化するにつれ、たくさんの人がほぼ日の渦に巻き込まれたり、飛び込んだりしていきます。浅はかかもしれませんが、その人たちの年齢が決して若くないことがとても勇気になりました。
私は今27になろうとするのですが、正直「若くないし、無理だろ」と転職や自身の夢に対して、それを理由に踏み出せない、一歩引いてしまいがち。今まで年齢など気にもしなかった自分が、突然年齢を気にするようになったがために、周りからみれば決して年ではない「27」という数字に、自分で勝手にびびってしまっていたのです。
そういう自分の殻を、この本の登場人物たちがバッコンバッコン割っていってくれました。
チャレンジをしたい自分がいて、その時の年齢はどうにもしようがありません。自分がいくつであろうと!、悩み迷い躊躇すれば、それだけ踏み出してからの時間が短くなる。悩むことが大事なのではなく、やってみることが大事。つまり、チャレンジはいつでも早いか遅いかが要なのだな、と強く感じました。
何かをやってみたい人、にとてもオススメの本だと思います。まずは心をほぐそう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかくまずはサイトを見なきゃ始まらない。私も最初は 「糸井重里?・・うさんくさげな・・・」と思っていたのに、
いつの間にやら、結構なサイト訪問者に。ただみんなが、あまりにもアットホームな感じだし、よくわからない連帯感みたいなものを感じてちょっとまだ腰がひけてた。だけど、この本を読んで、ようやく色んなことに合点がいった。『ほぼ日』にまだはまりきっていない方に大オススメ!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/6/6
形式: 単行本
 某新聞に感想文を出したら、68歳のメール投稿者は始まって以来と書かれた。  この歳になってパソコンにはまるのは奇異なのだろうか。定年で退職してから、いろいろやってみたが、これほどまでに心を捕らえられたものはない。  だがインターネットには飽きてきた。尋ねるホームページは画一的だったり、いつのまにかなくなったりしている。だが
 そのとき出遭った“ほぼ日”は違っていた。おしつけがましさがなく、読後にさわやかな風が吹き抜けていく。  孤独なとき、気持ちが萎えたとき“ほぼ日”を開く。そして元気を回復する。  このサイトを教えてくれたのは、「ほぼ日刊イトイ新聞の本」だった。
 土曜オアシスに出演した糸井重里さんをみて、誠実な人柄に共感した。ホームページを開いてみた。  だが会員になって新聞を配信してもらおうと思ったのは、この本を読んでからだった。  このきびしい競争社会で、まだこんなにもきまじめに、人間に働きかける本があるのだ。人がいるのだ。ネットがはられているのだ。
 いま、私の生きる喜びになっていると言ったら大袈裟だろうか。
コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー