¥3,036
無料配送: 5月7日 - 14日 詳細を見る
通常6~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、✅清風書店大阪店 が販売、発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ほしいも百年百話(いばらきBOOKS8) (日本語) 単行本 – 2010/3/31

5つ星のうち3.4 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,036
¥3,036 ¥1,259

購入を強化する

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ほしいも百年百話(いばらきBOOKS8)
  • +
  • サツマイモの世界 世界のサツマイモ: 新たな食文化のはじまり
総額: ¥5,236
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

茨城の冬の郷土食であるほしいも。今では茨城が全国の生産量の9割。ひたちなか地域が茨城の9割を占めている。発祥地は静岡県御前崎周辺。製法が茨城に伝わって100年になる。どうして茨城が日本一になったのか。本書はサツマイモが日本に伝わってきた道をたどり、ほしいもの製造に夢中になった人を追いかけた。ほしいもの生産が日本一になったひたちなか地域の社会経済的背景を浮き彫りにし、次の100年を目指して活動を始めた人たちに光を当てる。

著者について

【著者略歴】
先﨑千尋●まっさき ちひろ
1942年、那珂市生まれ。
水戸一高、慶応義塾大学経済学部卒。
農協職員、ひたちなか農協代表理事専務、瓜連町議、瓜連町長、茨城大学、筑波大学などの講師を経て現在特定非営利活動法人有機農業推進協会理事長、茨城大学地域総合研究所客員研究員。
著書に『農協の地権者会活動』『農協のあり方を考える』『農協に明日はあるか』(いずれも日本経済評論社)『よみがえれ農協』(全国共同出版)『日本農業論』『経済政策』(分担執筆、いずれも有斐閣)『瓜連町史』など。

登録情報

  • 出版社 : 茨城新聞社; 第1版 (2010/3/31)
  • 発売日 : 2010/3/31
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 296ページ
  • ISBN-10 : 4872732502
  • ISBN-13 : 978-4872732504
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
3 件のグローバル評価
星5つ
18%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
82%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年10月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2010年10月24日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告