Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 640

¥ 51の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[山本 一力]のほうき星 上<ほうき星> (角川文庫)
Kindle App Ad

ほうき星 上<ほうき星> (角川文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 640
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691 ¥ 1

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

天保6年、76年に一度現れるほうき星が江戸の空に輝いた夜、気鋭の絵師・黄泉と、日本橋の鰹節問屋の娘・さくら夫婦の間に、さちは生まれた。深川に隠居所を構えた祖母・こよりも加わり、家族の愛情をいっぱいに受け、下町の人情に包まれて育つさちを、思いがけない不幸が襲う。両親の突然の死、そして、慈しんでくれた祖母の死。しかしやがて、絵師としての天分を発揮してゆく。苦難を乗り越え、凜として生きた娘の感動長編!

内容(「BOOK」データベースより)

七十数年に一度現れる「ほうき星」が江戸に輝いた天保六年。さちは、絵師・黄泉とさくらの娘として深川に生まれた。両親の愛情と下町の人情に包まれ、幸せな子ども時代を過ごすが、まもなく思いもかけない不幸に襲われる。両親の死、慈しんでくれた祖母の死を乗り越え、やがて絵師としての天分を発揮するが…。どんな苦難のなかでも凛として生きた娘を描く感動時代長編。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 512 KB
  • 紙の本の長さ: 364 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2012/2/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009GPMDC8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 108,367位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
天保6年8月の江戸深川黒江町の黒船橋で始まり、21年後の安政2年の12月に再び戻る一人の少女“さち”の成長のものがたり。

日本橋小網町の土佐鰹節問屋の娘さくらと結婚した抜群の腕をもつ絵師吉田黄泉の間に生まれ、なに不自由なく育っていたが両親を海難事故で失い、土佐の言葉と味を教えられた祖母こよりもまた急に没し一人に。幸いにも亡き父の絵の師匠岡崎俊城に奉公し天性の才能の一端を披露し将来を嘱望される。しかし選ぶべき人生に迷い、恋をきっぱりと諦め、クジラ猟の絵を描くために土佐へ行くと決意。そこで出会った鯨組漁師の真摯な一言と夢枕にでてきた父母祖母師匠の声に導かれ、安政の大地震で被災した深川へ帰るまで。そして「ほうき星のしっぽが見えている間に願いごとを唱えたら、その願いはいつかきっとかなう」。

こどもの鋭い感により亡父の絵をだまし取ろうとする騙りを見破るという小話が挿入されたり、富岡八幡宮の祭り、大川の花火といった江戸情景は無論のこと土佐の鯨とりにも薀蓄が披露され、またアジときゅうりとワカメの二杯酢拵えからアラの味噌汁まで目で味を感じ取れる。

時に終末を急ぎすぎることがあるが、長編であることを上手く使い、本作品では見事に開花している作者の腕の冴えを十全に楽しめる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一力さんの最新作は、上下2巻ものです。お得意の江戸は深川を中心に、主人公「さち」が力強く生きていく様子が読んでいてとてもほほえましく感じられました。流石一力節 健在なり、という思いで一気に読んでしまいました。さて 一力節とは、読み進んでいてワクワクするものの、恐怖感がないということです。すなわち 江戸ものの話によく出てくる悪人が多数は出場しないということです。切った貼ったのお好きな方にはもの足りないかもしれませんが、読み終わって不快な感じはありません。この点は請け負いますので、肩の力を抜いて一読されては如何ですか。元気が出てきますよ!
ただ 長年のファンを自認するものとしては、ぼつぼつ新しい舞台が必要かなあ、と感じています。この点は今後への期待とさせていただきます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ペリーが浦賀へ来た時代のさちという娘さんのお話ですが、久し振りに読み応えがありました。 
娘さんは縁あって、高名な師に絵の手ほどきを受け、高弟の一人に数えられるまでになった時に師が亡くなります。 それで今後の生き方を決めるために土佐へ旅立ちます。 幸運をもたらす娘だと土佐の人々に大切にされますが、娘さんは自分の先行きに迷っていて生まれ故郷の江戸の大地震に大いに心を痛めます。 江戸へ辿り着いた結果は本を読んでのお楽しみとしまして、近来に無い充実感を覚えました。 
それと東日本大震災に重ね合わさるような救援物資の搬送や炊き出しの情景に心を動かされました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公さちの物語でありながら、始めのほうにはその両親や祖父母の恋物語も丁寧に描かれていて、仲睦まじい様子にほっこりしました。好きな人と夫婦になること、大切な相手を思いやる気持ち。
さちの周りも気立てがよくてあたたかい人々ばかり。

成長していくさちの年齢や時間の流れがわかりにくいところもありますが、さちがどのような人生を歩いていくのか楽しみです。

おまけとして、上手にダシが取れるようになりたくなりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover