この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

へんな仏像 単行本 – 2012/8

5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/8
"もう一度試してください。"
¥ 617 ¥ 295
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

由来も姿も不思議な神仏たち。日本各地には今も篤い信仰を集める、“知る人ぞ知る”秘された仏像や神像があまた残されている。そんな珍しい仏像・神像を独自に発掘し、現地取材を敢行。不思議な神仏たちの魅力をあますところなく紹介する仏像ガイドである。

内容(「BOOK」データベースより)

日本各地に残る驚きの仏像・神像約60体を厳選。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: 学研パブリッシング (2012/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4054054617
  • ISBN-13: 978-4054054615
  • 発売日: 2012/08
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 328,083位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

コンビニで初見し ちょっと気になるものの コンビニ本かと思い、その時はスルー
その後週末、気になって書棚を見るが、意外においていないのですね・・・・

ネットで見るとプレミアついてたりして実はレア本です。

内容は写真半分 コメント半分 写真は仏像を中心にその周辺の変なフィギュアを
かなり真面目に撮影しており 割とこの方面で好事家の自分にも初見の逸品が
ちらちらと所有欲を掻き立てます

関連で高田崇士ものとか大好きな自分には、もっとコメントについては詳しく
書いてほしい (かゆいところにもうちょっと届かない)感じがしますが
この本を手掛かりにネットなどで関連をググるには使い勝手が良いと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 花狸和樹 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/2/20
Amazonで購入
古くは「南総里見八犬伝」に登場する役行者の像。私には「八犬伝」の人形のイメージだったので大違いでした。つい先日も徳川家康公について書かれた本を読んでいて「三面大黒天」が出てきました。由来は当然同じなのですが想像していたものと写真ば違っていました。迫力が違います。
半村良さんの「産霊山秘録」にでてくる「オシラサマ」。こちらは東北地方の「オシラサマ」をモデルにして書かれているようなので、この本のオシラサマとは残念ながら関係が分からないそうだが雰囲気のあるお地蔵さんで趣深い。
採り上げられているもの皆「へんな」という言葉でひとくくりにしてしまうには惜しいものばかりです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ふと立ち寄ったコンビニで立ち読みしようかと思い、目に付いたのがこれ。

コンビニ本といえば、カラーはわずかで、モノトーンであるが故にどうしても
誇張されたような文章、読みづらさで流し読みで済ましてしまうのですが、これは全てカラーで
こんなんどこで取材して探してきたの?と驚嘆しました。

オカルト要素のような誇張した説明文もなく、全国のへんな仏像を丁寧にカラー掲載しています。

堅苦しくもなく、いかがわしさも感じない本書は
ちょっとした仏像図鑑に思える。

漫画もなく、アダルト広告もないので躊躇なく買ってしまいました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
実は、タイトルから、 『おもしろおかしい仏像』 を期待してしまいました、ごめんなさい。
全く、真面目な、そして、タイトル通り、
『由来も形も不思議』な仏像様が、約60体、紹介されていました。
どなたかも書かれておられますが、表紙のデザイン(紹介されている仏像様なのですが)が、残念です。
内容は、私は、楽しめました。
とても興味も持てました。
今、病気療養中で、実際に行けないのが悔やまれますが、遠方は無理としても、特に都内近郊は行って、実物を見たいです(見られないのもあるのかも)。
各仏像様の写真は、平均3ページ程度、全体像や近距離での撮影。
場所(例えば、東京都目黒区)と、お寺の名称、仏像様の正式名称?と、時代がわかるものは、その時代と、発掘?されたものはその場所、なぜこんな姿形になったのかが説明されています。
「これって、国の文化財?」なものから、
「民間信仰」なものまで、様々な仏像様を取り上げています。
説明も、「これは、こんな仏像です、おわり」ではなく、由来(ルーツ)やその仏像様にまつわる話を、住職さんや、それをよく知る人なども語っています。
『九尾稲荷』などは、安倍晴明や栃木県の殺生石のお話も出てきます。
霊験あらたかな
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 色即是空 投稿日 2013/11/15
Amazonで購入
全国、とはいっても山陽以南の仏像は取り上げられていない。土着信仰、特徴のある仏像は北が多いのかもしれない。

パラパラ眺めているだけでも、その出生に興味がそそられる。人々の信仰は、土地によって千差万別で多岐に渡ることがわかる。
実際にお寺やその土地に行って取材したものが殆どだと思うが、『へんな仏像』に加えられて、住職や世話人さんは納得しているのだろうか(笑。一瞥すると「変」であるけれど、見ているうちに「変」でなくなって見える。そうしたことを踏まえると、ちっとも「変」ではないのだ。

本のタイトルで売れ行きが違ってくるので、あえてインパクト大のタイトルにしたと思うが、地元での真摯な信仰を茶化しているようなタイトルと文言は変えるべきだろう。その点で☆マイナスひとつ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック