再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

へんしん!ポンポコ玉 [DVD]

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら
この商品をチェックした人は、これらの取り扱い商品もチェックしています

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 安東結子, 小林文彦, 砂塚秀夫, 小林千登勢, 堺左千夫
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: 日本クラウン
  • 発売日 2006/11/22
  • 時間: 375 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000J20URW
  • JAN: 4988007222594
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 308,283位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【内容紹介】
1973年(昭和48年)<4月15日~7月22日>TBS(東京放送)で放映された、子供向けの人気特撮(?)番組。制作は国際放映。毎週日曜日の夜7時から30分間の放映。全15回。内容はひょんな事から、タヌキ(ペケペケ)のぬいぐるみと、そのそばに落ちていた、青玉と赤玉を拾った男の子と女の子が、その玉を持ってお互いに呪文「ポンポコピー!」を唱えると、男女が逆になってしまうという、斬新なアイデアを盛り込んだドラマでした。アイデアとしては、ずっと後につくられた映画「転校生」の元ネタになったとも言えるでしょう。一部の子供たちの間では、当時大流行していたスーパーボールの青と赤を持って、「ポンポコピー!」と呪文を唱える、ポンポコ玉ごっこが流行したほどでした。出演は男の子(陽一)役に小林文彦、女の子(百合)役に安藤結子、その他塩沢ときなどが出演していた。塩沢とき演ずる近所のおばさん(鵜之目タカ子)が、陽一と百合の変身を毎回目撃し、それを亭主に知らせようと「あ~た、あ~た」と叫ぶシーン(セリフ)は、当時子供の間で大うけでした。脚本はメインに長野洋他、ジェームス三木なども担当していました。この番組は理由は分かりませんが、その後あまり再放送がされておらず、最近のCS系でもほとんど再放送がされていません。
【商品詳細】
DVD片面2層/3枚組
カラー作品/MPEG2/モノラル/4:3/日本市場向/約375分
ニュープリント版マスター/カラー8ページ解説書付き/3枚入トールケース
製作:国際放映(株)
製作年度:1973年
放映:TBS(東京放送)/1973年4月15日~7月22日(全15回)
脚本:長野洋/ジェームス三木
監督:坪島孝 他
出演:安東結子・小林文彦・砂塚秀夫・小林千登勢・堺左千夫
姫ゆり子・鮎川浩・塩沢とき 他

内容(「Oricon」データベースより)

1973年にTBS系列で放送されていた「へんしん!ポコポコ玉」が待望のDVD化!

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
当時、この番組の撮影現場の町に住んでいました。あたりは空き地だらけで、雨上がりの空き地には水の流れたあとが川のように残っていました。空にはヒバリの声がさえずっていました。そんな当時の町の様子がそのままこの作品の中につまっていました。その頃は小学生だったので、あまりおもしろくない作品だという印象があるのですが、今回見直してみて、後の「転校生」などの名作に劣らないアイデアに富んだ作品だったと分かりました。大きなビー玉に色をつけ、遊んだことを思い出しました。1970年代に東京郊外(町田市)で小学生だった人にはお薦めの作品です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す