中古品
¥ 2
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

へうげもの(13) (モーニング KC) コミックス – 2011/7/22

5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
コミックス
¥ 3,102 ¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

あるときは信長、秀吉、家康に仕えた武士。またあるときは千利休に師事する茶人。そしてまたあるときは物欲の権化。戦国~慶長年間を生き抜いた異才・古田織部。甲冑、服飾、茶、陶芸、グルメetc. お洒落でオタクなこの男こそ、日本人のライフスタイルを決めちゃった大先輩だ!!

秀吉の死により、泥沼の朝鮮侵略がようやく終結。死にものぐるいで戦った武将たちの不満は官僚派の筆頭・石田三成に集中。世に言う「七将」襲撃事件をまあまあまあと丸く収めたのが家康。三成を政権から追放するナイフエッヂな政略で、次の天下は徳川さんとの声しきり。とにかく時代はゴーゴー「関ヶ原」。「ヘウケモノ」な茶碗を世に放つ織部。東西分かれてのくんずほぐれつに、危ない橋を平気で渡ります!

著者からのコメント

古織公とよく間違われるのが、
伊勢松坂城主・古田兵部少輔重勝公です
御子孫がお持ちの史料によると、
古織公は関ヶ原の頃、名を「重勝」としており、
「古田重勝」が二人居ることになって、
混同されるようです
ちなみに古織公の家紋が丸に地紙(扇)、
兵部少輔公が丸に三つ引きです

山田芳裕

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/7/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063870243
  • ISBN-13: 978-4063870244
  • 発売日: 2011/7/22
  • 梱包サイズ: 17.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(14)

トップカスタマーレビュー

2011年7月25日
形式: コミック|Amazonで購入
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年1月26日
形式: コミック|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年12月26日
形式: コミック|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年4月28日
形式: コミック|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年8月30日
形式: コミック|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー
2011年7月24日
形式: コミック|Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年8月19日
形式: コミック
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年2月25日
形式: コミック
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

最近のカスタマーレビュー