中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。a4511_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

へうげもの(8) (モーニング KC) コミックス – 2009/2/23

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 2,716 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者からのコメント

中学生の頃、羽球部に入った私は
ラケット選びに相当悩みました。
当時は「カーボネックス・7」というヤツが先端でして、
何しろ高価な物ですから買いあぐねていたら、
「8」という、よりカラフルな新型が登場したので、
飛びつくようにそちらを買ってしまったのです。(後略)

*『へうげもの』のルーツがわかる作者回顧録は、
 『へうげもの』8でお読みください

出版社からのコメント

師・利休が人生最大の危機に瀕する中、
高弟である織部は独眼竜政宗をオモチャにのるかそるかの大冒険
「死に茶」パフォーマンスは今巻の一大ページェント
作者自らギャグ漫画と称する『へうげもの』で、
大いに笑っていただけたら本望です

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063727742
  • ISBN-13: 978-4063727746
  • 発売日: 2009/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
へうげもの8服は豊臣家転覆を図る千利休を軸に展開していく。
計画を進めながらも悩み、怨み、絶望し、そして尽きぬ反骨心に身を焦がす利休。
朝鮮からの使節に激怒し出兵準備を進めながら、一方で利休とは溝を深める孤独の秀吉。
己が野心のためにこの機を利用せんと、言葉巧みに秀長を横死させる黒田孝高(後の如水)。
大徳寺三門での検分を経て利休失脚を秀吉に促す三成。
来るべき利休切腹と朝鮮出兵を前に鬱々とした内容が加速する。

特に第84席の家康と利休の茶会は見事。
家康から明智光秀の辞世の句を聞き、ショックで光秀の白に覆われる黒基調の利休。
光秀の無念が利休に届いた瞬間をみごとに視覚化したコマは必見。
それを機に利休は己が行状と限界を悟り、暗殺計画を取りやめ楢柴を割って自らの刑死へと進む。
一方家康も利休から大いに影響を受けたようだが、それは次の9服で。

われらが主人公の織部と数寄のニューエイジたちは合間合間にギャグ爆弾を炸裂させる。
織部&右近プロデュースの京都伊達祭りでは政宗と十字架が合体、その姿にメロメロになる女。
それと前後して政宗・氏郷コンビは本気のドツキ漫才を披露、後の喧嘩四つを編み出す。
江戸と肥前名護屋の城作りでは家康
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
大人気の茶人大名マンガの最新刊

利休の切腹に向けて着々と話が進むなかで

これまで綿密に張り巡らされた伏線が

利休切腹に向け、収束しつつあります。

とりわけ、明智光秀の時世の句(←実は芭蕉の俳句)が

決定的な意味合いを持つシーンでは、

筆者の構想力に驚かされるばかり。

また、家康が光秀を語るシーンでは

しつこいほどに光秀からもらった足袋の模様が登場。

今後、物語が進む中で

このテーマがどう展開するのか

あいかわらず目が離せません。

さらに今巻では

異彩を放つ新キャラが登場!!

秀吉後の時代を大きく動かした彼らが、

織部らとのかかわりの中で、どう動くのかも要注目です

もちろん、

このマンガではおなじみの

史実を巧みにアレンジした大ボラ話は

今回も健在☆☆

読み返すたびに新たな発見のある―

言うことなしの1冊です☆
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
瀬戸物にはしる古織、あたたかく見守りつつ、方向性をきびしく指し示す師匠。破門の中にも愛情と夢、連帯感がある。
婚礼の件からはじまるので、どうなることかと思えば、あっというまに修羅の世界が広がる戦国時代。
スーパーパワーにいかに対抗するのか、伊達ぶりを発揮するのか、人様々。
家康の解り易さは、類がないほど。牧歌的というか、大家族的というか、その裏側まで考えれば、これも深謀遠慮。
いぶし銀の一服、御賞味あれ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
利休の策動、古織のものつくり、そして秀吉の政治が動き出す。家康は相変わらず質実剛健で、上半身も下半身もすこぶる元気。命懸けの役どころを伊達政宗のみならず諸将から農民の妻までが演じている一服。
史実は闇の中だが、心も理想も混沌の中からこそ産みだされるもの。
先人の真似ばかりでは、まだまだですな、上田殿。
それにしても、抹茶5倍で喧嘩を売るか?政宗さん。
それは濃茶、作法が違うだろうに。
いぶし銀の一服。とくと味わいください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
イヤー、なんと言っても伊達男!
第八十四席 「さ、最高! セクシー!」
第八十五席 「抱いてェ! HOLD ON ME!!」
が最高に面白い!
勿論、このマンガは面白いだけではありません。
グッと真に迫る表現力、お前は何ものだ、なんて問いかけるマジ。
この8服でも存分に味わえます。
ひょうげ、数奇、わび、伊達、徳川(失礼)などいろいろでてきて、
おもろいやら、考えさせられるやら。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告