通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ミダス書店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
ぶり返す世界恐慌と軍事衝突 (Econo-Glob... がカートに入りました
+ ¥ 247 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぶり返す世界恐慌と軍事衝突 (Econo-Globalists 15) 単行本 – 2012/11/1

5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

2013年以後の世界経済を予測する、副島隆彦の最新刊。米(QE3)、欧(ECBの国債買い入れ)、日(日銀の基金)がそろって超金融緩和に走った結果、何が起きるのか。また、中国と日本の「軍事衝突」を画策する勢力とは? 大災害の次に金融恐慌、そして戦争が80年周期で襲うという人類史の法則から、私たちは逃れられない。「その日」に備えて何をすべきか、本書が明確に道標を指し示す。巻末の大好評の推奨株(銘柄)一覧を掲載。

著者について

評論家。1953(昭和28)年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。米国の政治思想、法制度、金融・経済、社会時事評論の分野で画期的な研究と評論を展開。日米の政財官界、シンクタンクなどに独自の情報源を持ち、「民間人国家戦略家」として執筆・講演活動を続ける。近著『欧米日 やらせの景気回復』(徳間書店)の他、『預金封鎖』『恐慌前夜』をはじめとする「エコノ・グローバリスト」シリーズ(小社刊)で金融・経済予測を的中させつづけている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2012/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396614381
  • ISBN-13: 978-4396614386
  • 発売日: 2012/11/1
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 693,476位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2013年6月16日
Amazonで購入
2014年1月16日
Amazonで購入
2013年5月29日
Amazonで購入
VINEメンバー
2012年11月11日
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2012年11月18日
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年3月10日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2012年12月10日
48人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2012年12月5日
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー