中古品
¥ 174
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★必ず最後までお読みください★ 通常使用による若干の使用感(擦れ・キズなど)はありますが、良好なコンディションです。※帯・付録・特典等の記載がない場合は原則として付属しておりません。※商品説明と大きく異なる場合には誠意を持って対応させて頂きます。◆日本郵便(大型・高額商品は佐川急便)にて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぶらぶら美術・博物館 おさんぽアートブック2012-2013 (日テレムック) ムック – 2012/4/26

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2012/4/26
"もう一度試してください。"
¥ 174
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • ムック: 116ページ
  • 出版社: 日本テレビ放送網 (2012/4/26)
  • ISBN-10: 4820300970
  • ISBN-13: 978-4820300977
  • 発売日: 2012/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 26 x 21.1 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 528,887位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
毎週、TV番組を観ている方。是非この本を手元に置いて下さい。もっと、番組も出演者もそして美術館・博物館が好きになります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rasputin 投稿日 2013/10/2
Amazonで購入
テレビのことを復習するつもりで購入。
実際美術館へ行くのも大好きなので、参考になりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
TVの放送は消えていくけど、ゆっくり何度も見れる。

とにかく気に入ってるよ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
期待して購入してはみたけど、テレビとは全く違う感じ。でも当初はこんな感じだったけな?放送開始から見ているけど忘れちゃった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ぶらぶら美術・博物館から生まれたムックである。BS日テレで好評放送中のアートマニアの山田五郎の分かり易い解説とアート方面にはあまり興味もなさそうなおぎやはぎと相沢紗世組との熱量の差が見所の番組。
内容は首都圏の美術館の案内と発表当時の展覧会の特集で、相沢紗世のアートな休日と題したグラビア企画があるが、たったの4ページしかないのがやや残念である。
美術館巡りをこれからしてみたい人には参考になる一冊。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す