Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 486

¥ 162の割引 (25%)

ポイント : 26pt (5%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[野尻 抱介]のふわふわの泉
Kindle App Ad

ふわふわの泉 Kindle版

5つ星のうち 4.3 39件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 486
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 164

商品の説明

内容紹介

浜松西高校化学部部長・浅倉泉の人生の目標は“努力しないで生きること"。文化祭を前に泉は、ただ一人の部員・保科昶(あきら)とフラーレンを生成する化学実験を行っていた。そのとき学校を雷が直撃!実験失敗と落胆する泉の眼前には空気中に浮かぶシャボン玉のような粒子が生まれていた。ダイヤモンドより硬く空気より軽いその物質を泉は“ふわふわ"と名づけ、一儲けしようと考えるのだが・・・・・・伝説の星雲賞受賞作、ついに復刊

内容(「BOOK」データベースより)

浜松西高校化学部部長、浅倉泉のモットーは、“楽に生きたい”。文化祭を目前に控えた泉は、ただ一人の部員保科昶と展示物質を生成する化学実験を行なっていた。だが、その時、学校に雷が直撃!実験が失敗したと落胆する泉の目前には、空気中に浮かぶシャボン玉のような粒子が生まれていた。ダイヤモンドよりも硬く、空気よりも軽いその物質に泉は“ふわふわ”という名前をつけ、一儲けしようとするのだが…。星雲賞受賞作家がついに登場。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 300 KB
  • 紙の本の長さ: 87 ページ
  • 出版社: 早川書房 (2013/4/26)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00CJ95RMQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,379位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ファミ通文庫から出ていたため、また、そのやわらかい表紙絵から、ライトな小説だと思うかもしれませんが、想像以上にしっかりしたSFです。
文体はやわらかく書かれてますが、内容はすごくよく作られていて読み応えがあります。
特にラストの突き抜けた爽快感がたまらないです。

長らく絶版状態になっていて、しかも星雲賞受賞作という堂々とした作品のため人気が高く、ファミ通文庫版の古書はプレミアがついて定価の数倍の値段で売られていましたが、現在はハヤカワ文庫から再版されていますので定価でお求めいただけるのではないでしょうか。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
気の抜けたタイトルと、メガネっ娘の主人公……しかし、その実態は萌え要素ほとんどナシ。
ダイヤモンドより硬くて、空気より軽い、おまけに超低コストという夢のような新素材「ふわふわ」で何ができるのかを描いた、ハードSFとなっております。
ふわふわの構造や製法についても、緻密に描かれており説得力があります。また「ふわふわ」が社会をどう変えてゆくかというシミュレーションも、夢が込められているようで、好感が持てました。
化学や物理の知識のない読者にも楽しく読める点もGOODです。
それにしても、疑問なのは何故にファミ通文庫かということ。
明らかに浮いてます。
そのせいか、星雲賞を受賞した作品なのにいまやどこの本屋さんにもありません。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ここ数年で読んだ100冊あまりのSFの中でベスト3に入る傑作。

半分まで読んだところから、読み終わってしまうのが惜しくて、

少しづつ小出しに読んでは、残りページの厚みが減って行くのを

見ては溜息をついていました。

こんなにツボにハマッた小説に出会ったのはのは本当に久しぶり。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 発明小説である。
 誤解されやすいのだが、「必要は発明の母」ということわざは、実はウソだ。むしろ「発明が必要を生み出す」と言うべきだ。多くの発明は、それが独創的・革命的であればあるほど、
「とりあえず出来上がった。さーて、これをどう使おう?」
 と困惑させられる物だったのだ。だからこそ、すぐには受け入れられず、時代を先取りしたがゆえの悲哀をかみしめる発明家も多かった。
 プログラマー出身の理系作家・野尻は、そのへんのことをよくわきまえている。で、彼が提示した設定は、こうだ。
「空気より軽く、じょうぶで、低コストで生産できる素材物質が発明された。この物質は、人間社会に受け入れられるのか? 世界は、この物質によって、どう変貌するのか?」
 発明された物質「ふわふわ」のシンプルな設定から、徹底的につきつめられてゆく社会変化のシミュレーションは、目からウロコの爽快さにあふれている。
 ついでに言うと、発明者は女子高生。しかも眼鏡っ娘だったりする。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ついに再版されました。
テンポの速い、気持ちいい作品ですね。一気読みでした。
別サイトで「英訳してクラークに読ませたい」というコメントしている人がいましたが、激しく同感。
クラーク好きな方には、プラスアルファの楽しみ方ができると思います。
表紙については、大人の事情と思いますが初版の泉ちゃんの方がかわいかったかと。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
冒頭も中盤も全く独自の軽快な空想『化学』小説(?)なのに、どうして結局『南の島から女子高生(でもないけど)が宇宙へ行く』 話になるんだろう。
と、思いつつも引き込まれつつ読んでしまったのは、『星に行く船』『星虫』『星のパイロット』『ロケットガール』、近くは『僕らは虚空に夜を見る』と読んできた僕のツボを効果的に衝くからです。
というわけで、作者のファンの方にはもちろん、上記の小説のなかで、どれか一つでも好きな作品がある人にはお奨めできます。
作者のSFにしては珍しく、物理じゃなくて化学を題材にしていますが、化学的な仮説も少なく、結局は物理の問題になってしまうのが少し残念なところです。
髪の長いおとなしい女の子も登場します。いい娘ですよ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 冷や汗ギロロ VINE メンバー 投稿日 2012/7/14
形式: 文庫 Amazonで購入
長らく絶版でしたが、ハヤカワ文庫から待望の再登場です。
 空気より軽く、コンクリートより丈夫な新素材(建築材料)ができたら?という設定で、雷鳴とともに生まれる謎の発明シーンから、とりあえず気球のように浮かんでみる応用から、巨大建築へ、そして宇宙へと、トントントンと話は進みます。
 この「トントン拍子」感、ドミノ倒しの爽快感に似ています。
 途中で幾度かハラハラするところもあるけれど、根本的には成功の連鎖が痛快でハッピーな読後感の作品です。南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)を気に入った人は、絶対楽しめます。
 ラノベ読者もハードSF読みも、ふわふわ気分になれるでしょう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover