中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ふるほん文庫やさんの奇跡 (新潮OH!文庫) 文庫 – 2001/12

5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

元化粧品セールス日本一の凄腕が、体を壊し入院、文庫本と出会い、文庫本専門の古本屋を開業。世に出た文庫本全点を蒐める事業にも着手していく。並外れた熱意と執念に満ちた半生記。

内容(「MARC」データベースより)

誰もが無謀と言った文庫古本業をゼロから立ち上げ、独創的な営業アイデア連発で、世界最大40万冊のビジネスに。以前より敏腕セールスマンとして知られ、今や文庫の鬼となった著者が綴る、壮絶な生き方。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 504ページ
  • 出版社: 新潮社 (2001/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102901353
  • ISBN-13: 978-4102901359
  • 発売日: 2001/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,244,012位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
一時期は図書館までつくると息巻いていたのに(実際、廃校となった小学校を借りて、作ることは作った)、今では「ふるほん文庫やさん」が潰れ、大量の古本を倉庫に残したまま、社長の谷口さんは失踪中。奇跡は起きなかったんですね。やっぱり、こういう結論に達したのかと感無量です。やっぱり商売は急ぎすぎず、地道にお客様の信頼を得る努力をしていくことが大切だと思います。奇跡ではなく、やれることをすべてやって、当然の結果を待つべきでしょう。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/18
形式: 文庫
読み物としては面白いのでしょうが、実際はどうなのでしょうか。
ご自身の販売サイトでは顧客からの苦情であふれかえっていますよ。
世間の評価と現実がいったいどうしてこんなに開いているのでしょう。
本を蒐めるのか販売するのか、どっちつかずの態度が問題なのではないのでしょうか。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ほ蘭人 殿堂入りレビュアー 投稿日 2002/8/16
形式: 文庫
古本屋街を歩いていて”絶版もの”の信じがたい高値に驚くと同時に、それだけの価値を生み出す”知”の力、”知”に対する需要欲求というものに感心させられます。その一方で文庫が本来持っていた役割の一つ「広く、安く、より多くの人たちに」の価値を古本に再度注ぎ込んで市場に応えよう、というユニークな「ふるほん文庫やさん」のこのお話は、本が好きな人はもちろんそうでない人、また異業種ビジネスの人たちなど様々な立場の人がそれぞれの側面から楽しんだり、観察したり、批評したり参考にしたりできる本ではないでしょうか。難しいことは横に置いても、ミカン箱に乱雑につめこまれている文庫に新たないとおしさを感じさせる本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告