中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし/若干のコスレ/薄キズ/軽ヤケ/小折れ程度ありますが概ね良好なコンディションです。中古商品ゆえ軽度見落し差異は御容赦下さい。付属品(付録類/別冊類/ディスク類/帯箱など)が有れば冒頭に記載しておりますので、記載無き物は付属しません。(※万が一の場合はご返金対応)【日本郵便/クロネコ等で配送】⇒OPPビニール防水ECO包装/迅速丁寧応対モットーに!どうぞ宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ふたり道三〈中〉 (新潮文庫) 文庫 – 2005/9

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦国の世に必要なのは、梟雄の性根―京の学僧から油商となった松波庄九郎は、乱を求めて東国へ下った。相州三浦のいくさで智謀を発揮し、次なる狙いは美濃の国。だが、そこに美濃の有力武将の一人となっていたおどろ丸=長井新左衛門尉が立ちはだかった。ときに対立し、ときに盟約する二人の雄。彼らの隠された血の因縁が、暗躍する闇の勢力を巻き込み、激しい闘争を繰り広げる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宮本/昌孝
1955年、静岡県浜松市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、手塚プロ勤務を経て執筆活動に入る。95年、『剣豪将軍義輝』で、歴史時代作家の新旗手として注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 569ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410121252X
  • ISBN-13: 978-4101212524
  • 発売日: 2005/09
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 647,270位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 伊豆の伊勢宗瑞を助け、駿河の山崎屋のおかみとも関係をつけた松波庄九郎は、遂に美濃へ入り、実の父である長井新左衛門尉と出会い、長井新九郎を名乗って、守護の土岐氏、守護代の斎藤氏の複雑な政争のただ中で活躍する。新左衛門尉の妻・関の方は、美濃板額と呼ばれる女傑で、新九郎が新左衛門尉の実子だと分かったら殺そうと考えている。ただ闇の集団が三つくらい出てきて、どれがどれと対立してどれが何を考えているのか分からなくなるというのはちと難点だが、あとでゆっくり考えればよい。 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ストーリーとしては面白いが文章表現が凝っていて難しい。
なかなか頭に入りにくい文体である。
長編であるにも関わらず年代記述が殆どなく時代背景を想像しにくい内容である。
解説にもあるとおり「国取り物語」が有名になりすぎて二人道三説が史実に近いとされる点など興味が沸いた。
一般文学通算485作品目の感想。2008/11/08
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告