ふたりのヌーヴェルヴァーグ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ふたりのヌーヴェルヴァーグ [DVD]

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:2¥ 5,900より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー(字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: フランソワ・トリュフォー, ジャン=リュック・ゴダール, ジャン=ピエール・レオー, イジルド・ル・ベスコ
  • 監督: エマニュエル・ローラン
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: オンリー・ハーツ
  • 発売日 2012/02/03
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00695J8LM
  • JAN: 4511749802252
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 133,065位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★2009年カンヌ国際映画祭正式出品作品★ フランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダール。フランスの、世界の映画史を塗り変えた2人の監督。 【ストーリー】共に映画への激烈な愛を共有しながら、友情はなぜ決裂したのか?ヌーヴェル・ヴァーグとは何だったのかを解き明かす待望のドキュメンタリー。 【脚本/監督】ヌーヴェル・ヴァーグの聖典「カイエ・デュ・シネマ」誌の元編集者アントワーヌ・ド・ベック脚本、ドキュメンタリーを数多く手がけるエマニュエル・ローラン監督。 【その他】ヌーヴェル・ヴァーグの傑作31本からの抜粋、ニュース映画や新聞記事、トリュフォーとゴダールおよび関係者のインタビュー映像など。2011年全国劇場公開作品。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

世界の映画史を塗り替えたふたりの映画監督、フランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダールの波乱に満ちた友情を解き明かすドキュメンタリー。ヌーヴェルヴァーグとは何だったのかを、貴重なインタビューや資料映像と共に紐解いていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/8/5
形式: DVD
ヌーヴェルヴァーグという言葉を耳にすると、今でも少し胸がざわめきます。
しかし、ヌーヴェルヴァーグ作品として作られた映画は商業的には殆ど壊滅状態でした。
トリュフォーの『大人は判ってくれない』とゴダールの『勝手にしやがれ』が記念碑として聳え立っているばかりです。
この作品は二人のスター監督、トリュフォーとゴダールのデビューから決裂までを記したドキュメンタリーです。
二人の歩いてきた道がそのままヌーヴェルヴァーグです。
二人は途中までは新たな芸術運動の担い手として同志的な関係でしたが、やがて商業的作品に進むトリュフォーと政治的作品に突き進むゴダールはお互いを罵る間柄になってゆきます。
映画好きの方は良くご存じのエピソードかと思います。
彼らの映画は、それまで見ていた映画と全く異質な種類の映画でした。
エンターテイメントを排した芸術作品と読んだ方がよいのでしょう。
ヌーヴェルヴァーグは映画界の話ではなくむしろ芸術運動に近いものであったと思っています。
当然、日常の憂さ晴らしに映画館に来る観客が楽しめるような映画ではなく、美術館で上映した方が相応しいような作品です。
しかし、サリンジャーの小説が依然として若者に影響を与えているように、ヌーヴェルヴァーグの作品は今だに多くの人に衝撃を与え続ける傑作でもあります。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告