ふたりのイエスタディ 9 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 800MP3アルバムを購入

ふたりのイエスタディ +9

5つ星のうち 4.8 32件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,851
価格: ¥ 1,683 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 168 (9%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ふたりのイエスタディ +9
  • +
  • Cut With the Cake Knife
総額: ¥3,954
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2006/11/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 73 分
  • ASIN: B000IJ7J2A
  • EAN: 4943674067565
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 21,329位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ふたりのイエスタデイ
  2. ディープ・ウォーター
  3. アナザー・デイ
  4. リトル・リヴァー
  5. ジェイムズ・オー・ストリート10番地
  6. レット・ハー・ゴー
  7. 愛の疑問
  8. ゴー・アウェイ
  9. シークレッツ
  10. 愛の疑問 (リプライズ)
  11. ビーイング・コールド
  12. ビューティフル・エンド (ボーナス・トラック)
  13. プア・ハーツ (ボーナス・トラック)
  14. エクスタシー (ボーナス・トラック)
  15. ジョリーン (ボーナス・トラック)
  16. ブラック・タクシー (ボーナス・トラック)
  17. トゥリーズ&フラワーズ (エクステンデッド・ミックス) (ボーナス・トラック)
  18. 真夜中のマイケル (ボーナス・トラック)
  19. ふたりのイエスタデイ (エクステンデッド・ミックス) (ボーナス・トラック)
  20. アイ・キャン・フィール (ボーナス・トラック)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ワーナーミュージック・ジャパンの誇る洋楽メイン・カタログを低価格でお届けする`FOREVER YOUNG`シリーズの第18回発売分(全12タイトル)。本作は、ストロベリー・スウィッチブレイドの1985年発表のアルバム。「ふたりのイエスタデイ」「アナザー・デイ」他、全20曲を収録。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
85年発表の唯一の作品。ジルとローズの二人組によるグループが残したこの作品は、一発屋の忘れ去られた一枚となるべき作品なのかもしれないが、このアルバム収録の「ふたりのイエスタディ」はあまりにも素晴しく、未だに強烈な印象を残している人は多いのではないだろうか?ドギついファッションとは裏腹に可愛らしさを全面に出したアイドル・ポップ的なこの一曲は、あの時代のテクノなポップ曲の中でも指折りの一つであり、サウンドから溢れ出す甘酸っぱさが弾けている感じ。イントロのホルンの音だけでワクワクした思いがある。アルバム全体もそんな甘酸っぱさが漂っていて一気に聞ける作品に仕上がっていると思う。チープなはずの打ち込みサウンドもどこか素朴な感じがして、何となくブリキのおもちゃのような暖かみを感じさせる。ちなみにホーン・アレンジはZTTのアンドリュー・ポピー、ストリングス&木管のアレンジは何と!!デヴィッド・ベッドフォードである。デビューはエコー&ザ・バニー・メンのウィル・サージェント絡みだし、来日講演では元オレンジ・ジュースのポール・ハードらがサポートするなどネオ・アコ勢のサポートも多い。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こやすみちこ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/11/30
形式: CD
ジルとローズのストロベリー・スウィッチブレイドによる唯一のアルバム(85年)。

"ふたりのイエスタディ"のエレポップな印象や奇抜なファッションなどから、つい時代に上手くはまった一発屋みたいなイメージを抱きがちだが、実際はもっと奥の深いユニットだった。彼女らの出身地はスコットランドのグラスゴーであり、ネオ・アコースティック(形骸化したパンクへのアンチテーゼ)なムーヴメントとも無縁ではないのが、彼女たちの音楽だった。実際、アズテックカメラやオレンジジュースのメンバーなどがサポートしていたりするし、音の端々から、スコティッシュ特有の瑞々しさを感じることができる。メロディは甘く、音はピコピコしていて、ファッションはゴスロリ系という要素が複雑に融合し、キッチュなバランスで完成されたのが、彼女たちの音楽なのだろう。

それにしても、何よりスコティッシュだな思うのは、スローなタイプの曲である。M7"愛の疑問"など何度聴いても切なくなってしまう。淡い思い出が、堰を切って流れ出してくる。歌の素人っぽい感じもそういう感情を生み出しやすい要素なのだと思う。結局、この一枚とシングルを何枚か残して解散してしまったが、ロマンチックでセンチメンタルな魔法のかかった本作は、少しも輝きを失っていない。本作には、ボーナストラックも9曲もプラスされ、ほぼこれ一枚で彼女らの音楽を
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバム1枚で解散してしまったが、これはまじでいいっす。イギリス特有の蒼茫としたリリカルな曲が満載です。特にシングルにならなかった曲が良いです。ボーナス曲として入っている曲のうち、12インチヴァージョンも必聴だと思います。
始め見たとき、「何だこの一発屋アイドルねーちゃんたちは?」と思いましたがとんでもない。私は80年代ニューウェイヴを代表するアルバムの一つと断言しちゃいます。でなきゃ、初発売から15年もたって日本盤で再発なんてならないでしょ?
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ある1曲(後述)狙いで購入しました。
ビジュアル的にも、80's的なアレンジ的にも、チャラチャラ感は否めません。(笑)

でも聴いてみて各トラックが粒揃いな事に驚きました。
そして曲調に彼女達らしさという筋がちゃんと通っていて聴き応えがありました。

決して単なる色物、増してやアイドルではありません。

スバルREXのCMで使われた、トラック14のEcstasy (Apple Of My Eye)で彼女達を知りました。
ベタな表現ですが、ポップでキュートでオテンバなカンジがとても印象的でした。
男性的なイメージが強かったスバルブランドの軽を若い女性に売り込みたかったのでしょうね。

ジャパンオリジナルの曲まで用意したスバルの心意気とセンスが大好きです。(笑)
そしてこんな素敵な彼女達を教えてくれた事に今でも感謝してます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
80年代に流行ったテクノ要素いっぱいのアルバムですが、メジャーデビューする前のGlasgowでは、あのメイクと衣装で2人がシンプルにギターだけでライブやってたパンク・バンドだったみたいですね。
(strawberryswitchblade.netに詳しい。決して上手いとは言えないけど、テクノ入ってなくてカッコイイ。皮肉にもテンポが変幻自在な生ドラムが良い。)

発売された当時、日本で若干の社会現象に成っていたのを覚えてます。今、原宿とかで見かけるロリータファッションは、彼女らが元祖なんじゃないかと勘ぐったりもします(笑)。
当時、アイドル的な扱いを受けて、男子の間ではアルバムを持ってるとちょっと恥ずかしいみたいな雰囲気がありました (私は持ってました…)。しかし、その斬新なファッションに限らず、全曲の作詞作曲、JillとRoseのオリジナルなんですね。当時は知らなかった(涙)。
このアルバムの出来は素晴らしく、大ヒットした"Since Yesterday"以外の全曲、歌詞を含めて良いです。他のシングル"Let Her Go"、"Who Knows What Love Is?"は、今では(パーカッションがウルさく感じる)"Since Yesterday"よりも好きで、何故ヒットしなかったのか不思議なぐらい。特に"Who Knows W
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック