通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ふたつのスピカ 13 (MFコミックス フラッパー... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ふたつのスピカ 13 (MFコミックス フラッパーシリーズ) コミック – 2007/12/22

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ふたつのスピカ 13 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
  • +
  • ふたつのスピカ 14 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
  • +
  • ふたつのスピカ 12 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
総額: ¥1,665
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 182ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2007/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840119848
  • ISBN-13: 978-4840119849
  • 発売日: 2007/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
前巻のラストは衝撃的でしたが、今回はそれを受けての悲しいお話でした。でも、どこか温かさや希望が感じられるのが、この作品のいいところですね。

今回驚かされたのは、これまでに張り巡らせた伏線が上手く生かされていることです。
シュウの病名もそうですし、葬儀で流れたピアノ演奏の曲目まで、思わず以前の単行本を取り出して確認してしまったほどです。

全体的に悲しい雰囲気でしたが、筋肉ムキムキの体育教師が生徒たちに見せた思いやりと、それに応えてシュウの分までマラソンする生徒たちのエピソードには心温まるものがありました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ここ数巻は、滅入る内容だったり、話の展開が遅かったり(前巻後半は急展開でしたが)..。
他の方も書かれていましたが、哀愁漂う内容のオンパレードになってしまっていて
正直、スピカを読み始めた当初のワクワク感が最近は感じられません。

あのワクワクをもう一度!
次巻期待してます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
12巻ラストのエピソードの続きを読む訳なので、今回のコミックスを手に
取るのが辛かったという人、読み終わったあと1巻から通して読み直した人も
少なくないでしょう。死というテーマは、どんな作品でも飛び道具だと
思います。

でも、この作品にはエピソードの着実な積み重ねがあります。ケイの悲しみは
前巻ラストの時点でも想像して余りありました。むしろ、マリカと府中野君の
自販機の前でのエピソードは、両方の心の動きの描写という点で新鮮でした。
前だったら逆かもしれませんでしたね。

アスミ達のおかげで心を開きつつあるマリカのエピソードが次の段階に進む
のは、説明しにくい不思議な感情ですが、少し怖い感じがします。

星をこの巻へ5つ、作品を通して+1、この作品に登場する、私がなくして
しまった真っ直ぐな感情を持つ愛すべき登場人物達へ+1、それをてらうことなく
表現できる作者の柳沼氏へ+1。星8つでも足りないぐらいですが、星5つまで
しか選択肢がないので……。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
遺伝性の病気は、マリカだけでも十分辛かったのに、秋まで…。 驚異の身体能力を持つアスミの一番の強敵であった秋には最後まで、アスミと競って欲しかったし、宇宙に行って欲しかったです。 にしても、鼻血とか症状が出てたのに、あんなに悪くなるまで秋が授業や実技をこなしていたのが不思議。まぁ、薬を飲んでるとはいえマリカもなんだけど。 宇宙飛行士になるのに健康は一番重要なのに、秋は何で体調がおかしいのに病院に行かなかったんだろう? 最後も何か悟りきって、絶望することなく死んでしまった感じだったし。 もうちょっとあがく秋も見てみたかったのに。 一番印象に残ったのは、大泣きして友にすがりつきそうなイメージだった圭が、普通に葬儀に出て、いつもどおり普通にアスミたちと接して、一人になってから堪えていた涙を流したことです。 圭って本当に良い奴だなぁ、って思いました。 府中野くんの泣きもしんみりして、すごく辛かったです。 マリカは絶対生き続けて!って思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻での出来事、その時の秋を中心に始まり、ケイや、ふっちーが悲しみを乗り越えようとします。

そして後半からは、マリカの問題におよび、マリカ自身もその問題に向き合い、次の一歩へ踏み出します・・・
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック