通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書) 新書 – 2011/5/18

5つ星のうち 3.5 135件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)
  • +
  • ゆかいな仏教 (サンガ新書)
  • +
  • 世界がわかる宗教社会学入門 (ちくま文庫)
総額: ¥2,656
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

キリスト教がわからないと、現代日本社会もわからない――。

イエスは神なのか、人なのか。
GODと日本人の神様は何が違うか?
どうして現代世界はキリスト教由来の文明がスタンダードになっているのか?
知っているつもりがじつは謎だらけ……
日本を代表する二人の社会学者が徹底対論!

内容(「BOOK」データベースより)

日本人の神様とGODは何が違うか?起源からイエスの謎、近代社会への影響まですべての疑問に答える最強の入門書。挑発的な質問と明快な答え、日本を代表する二人の社会学者が徹底対論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 352ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062881004
  • ISBN-13: 978-4062881005
  • 発売日: 2011/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 135件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,073位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 社会学者の橋爪大三郎と大澤真幸が、対談形式でキリスト教について語り解説した本。役割分担としては大澤が進行と質問役、橋爪がその問いに答えていく解説役になっている。ただし大澤も単なるインタビューアーではなく、橋爪の解説を適時補ったり、質問する際に話題を膨らませたりして、全体としては双方が対等な立場で語り合う対話や討論になっている。話題は聖書やキリスト教にとどまらず、古代ユダヤ教の成立から初期キリスト教の異端グノーシス、さらにヨーロッパ近代社会の成立から現代日本の課題まで多岐にわたる。キリスト教についてほとんど知識を持たない人が読めば、知的好奇心を満足させてくれるいい読書体験になること請け合いだ。アマゾンの読書レビューで点が高いのもうなずける。

 ただしこの本、キリスト教や聖書についてのまともな知識を多少なりとも持ち合わせている人間が読むと、ひどく読むのに難渋するストレスの多い本になってしまう。理由は簡単で、書かれている内容にあまりにも疑問点が多いからだ。単純な間違いや勘違いも含めて、キリスト教や聖書についての一般的な常識からかけ離れた話を、さも事実であるかのように語っている部分が多すぎる。これは信仰の有無や解釈の問題ではない。「歴史的な事実」のレベルでの話だ。

 こうなってしまった理由は、著者たちのキリスト教理解が聖書にのみ頼っているからだ
...続きを読む ›
28 コメント 875人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
気鋭の学者が聞き手になり、博識の学者が快刀乱麻を断つといった風情でキリスト教を解
説するという本。おそらく、過半の人には面白く読めるでしょう。橋爪先生の話し方
は、直感に訴えるのでとても納得しやすいです。

ただし、「分かりやすい解説は疑え」という警句が有効なのは、こういう本についてなの
かもしれません。他のレビューでも指摘されていますが、少し詳しい人が読めば不正確な
ところが、ボロボロ出てきます。プロテスタントで洗礼を受けた人がカトリックのミサで
聖体を受けることができる、なんて神父が聞いたら血相を変えて抗議しそうなことまで
平然と言ってのけています。その他、「そこまで言い切っていいのかなぁ」と思える所は
数あまた。

「大筋で間違っていなければ問題ない」として済ませても構わないんですが、キリスト教
の成り立ちにしても、西洋文化への影響力の問題にしても、多様な観点をばっさり捨象し
て「橋爪史観」を展開している本なんだということは、弁えて読んだ方が良いのではな
いでしょうか。そして、今の日本人に必要なキリスト教観というのは、「これで、全て理
解できる」という魔法の杖のようなものではなく、決して一枚板ではない多様な集合体を
...続きを読む ›
1 コメント 181人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 著者らによれば、西洋近代文明を理解するためにはまずキリスト教を理解しなければならない。御説ごもっとも。しかしそういうわりには、キリスト教について根本的な無知が目立つ。
 そもそもキリスト教会の実態についてリサーチしたとは思えない。たとえば、「祈りのあり方は、キリスト教とイスラム教ではちょっと違っている。キリスト教の祈りは、外からは見えない。これみよがしに祈るな、とイエスが命じたから」(p.67)とある。もちろんプライベートな祈りというものもあるが、公共の祈りとして教会における礼拝がある。教会のミサに参与したことがあれば誰でもすぐ分かることである。
 歴史認識もひどい。
 「東方教会と西方教会が分裂したのは、スポンサーであるローマ帝国が、テオドシウス帝の死後、東西に分裂したからです(三九五年)。分裂してしばらくすると、両教会合同の公会議が開けなくなった。道中の警護や経費の負担ができないからです」(p.256)
 「東西教会の分裂の原因は東西ローマ帝国の分裂(分割)である」という命題なら、100パーセントの間違いとは言えないが、あまりに遠因すぎる。通常は、聖霊の発出をめぐる議論いわゆる「フィリオクエ問題」と、ローマ司教の至高普遍裁治権(教皇権)の問題が原因に挙げられ、諸説はあるが大分裂は1054年相互破門事件の年に置く。なにより、「しばらくする
...続きを読む ›
3 コメント 528人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
自分はキリスト教に関して全くの素人なので、本書に書かれている事の真偽はわからない。しかし、大きな疑問として、そもそも橋爪氏も大澤氏もキリスト教神学の専門家じゃないですよね?なぜこの二人なのか。いや、この二人でもいいが、もう一人、専門家をまじえるべきだろう。

そしてもう一つ、どうも橋爪氏の(大澤氏の質問に対する)回答は、安直で独断的にすぎるように感じる。繰り返すが、真偽のほどはわからない。しかし、それでも歴史ってそんな簡単なものじゃないだろうと思う。取り敢えずリクツが合うような思いつきを述べてみましたという感じがする。

で、なんでそう感じるのかなと思ったら、ほかの視点からの議論が全くないんですよね。学者というのは普通、まずはどのような先行研究があるかを示して、それがなぜ不十分かを示し、また自分の主張に対してどういう反論があるかを検討し、それが有効でないことを示すことによって主張に説得力を持たせるのだが、そういう経緯がまったくない。

可能性としては、新書なのでそういうのを省略したという可能性はあるが、それでも「そういう経緯を踏んだ痕」というのが残るものである。しかし、私の読解力の及ぶ限りではそのような痕は見られない。おそらく省略しているのでなく、ほんとに思いつきでしゃべっている気がする。

かれの説明
...続きを読む ›
コメント 118人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック