通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ふしぎなふしぎな子どもの物語 なぜ成長を描かなくな... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エスブンコ
コンディション: 中古品: 良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ふしぎなふしぎな子どもの物語 なぜ成長を描かなくなったのか? (光文社新書) 新書 – 2011/8/17

5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,026
¥ 1,026 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ふしぎなふしぎな子どもの物語 なぜ成長を描かなくなったのか? (光文社新書)
  • +
  • 大人のための児童文学講座
  • +
  • お引越し (福音館創作童話シリーズ)
総額: ¥4,158
ポイントの合計: 126pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

◎アルムの森にやってきたハイジは、なぜ次々と服を脱ぎ捨てていくのか?

◎テレビゲームから、テレビヒーローもの、アニメ、マンガ、児童文学まで、「子どもの物語」を串刺しにして読み解く試み。

◎「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」「ペルソナ」などのテレビゲームから、ウルトラシリーズや仮面ライダーシリーズなどのテレビヒーローもの、「ガンダム」「エヴァンゲリオン」「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」「美少女戦士セーラームーン」「プリキュア」「ムーミン」「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」などのアニメ、「ベルサイユのばら」「綿の国星」「ホットロード」「ドラゴンボール」「ONE PIECE」などのマンガ、そして著者が専門の児童文学まで、あらゆるジャンルの「子どもの物語」を串刺しにして読み解く試み。そこから見えてきた、「子どもの物語」の大きな変化とは?

【目次】
1章 テレビゲーム
変わる、テレビへの感覚/実は、喜んでいたのはお父さん?/自分で自分を採点できる/印象に残る物語性の高いゲーム/元祖は「テーブルトークRPG」/自由に名前を付けられる/主人公を自由に操れる/ドラクエとFF/主人公が一言もしゃべらない物語/RPGの経済学/「経験値」という概念/子どもから大人へ/「結婚」「家族」、そして「自由」/『DQ』と『FF』、スタンスの違い/サブタイトルの不在/チラつく『DQ』の影/「中世ヨーロッパ騎士物語風」からの脱却/罪と罰/リセットをリセット/RPGのパロディ

2章 テレビヒーロー
まねしやすい実写版/「おじさん」ヒーロー考/少年が主人公の作品/子どもという消費者の不在/ウルトラシリーズ/ウルトラQ/ウルトラマン/怪獣=悪ではない/「正義」のあいまいさ/ウルトラセブン/物語の軸は怪獣/幼児層に広がっていった怪獣ブーム/後から作られた兄弟という設定/兄弟化のリセット/主人公とウルトラマンは別/いまだ変わっていない一つのこと/仮面ライダーシリーズ/スト破りの撮影/マンガ原作ものの隆盛/ターゲットは原作の年齢層よりも下に/戦時下体験の影/饒舌なナレーションやセリフと、その場しのぎの展開/「変身!」ポーズの誕生/チープな匂い/ライダーは仕事

3章 アニメ(男の子編)
三人のロボット/手塚のせいでアニメーターの待遇は悪くなった?/チープさ故に子どもの心をつかんだ?/アニメでこそ活かされる素材/なぜロボットだったのか?/自我のコントロール/エイトマン/機動準備 137/キャラとキャラクター/ガンダムにはない「キャラの安定性」/マジンガーZ/宇宙戦艦ヤマト/岡田斗司夫たちの違和感/高年齢の子どもたちが発見したガンダム/大人への不信感・子ども同士の疑似家族/一九歳が一五歳をぶつ/共感・尊敬できない親/卒業しない「子ども」たち/死んでいく大人たち/ランバ・ラル/ククルス・ドアン/存在しない成長モデル/シャアの存在/ピーター・パンとしてのガンダム/『ファースト』のネガとしての『Z』/黒歴史/「愚民」は『ファースト』の影響で生まれたわけではない/時代の物語----新世紀エヴァンゲリオン/出口のない子どもたち

4章 アニメ(女の子編)----魔法少女
ストライクウィッチーズ/初の少女向けアニメ----魔法使いサリー/性的役割分担/サリーとピッピ/女の子ものはなぜ後回しにされるのか/性的存在としてのサファイア/ひみつのアッコちゃん/魔法のマコちゃん/魔法使いチャッピー/ミラクル少女リミットちゃん/魔女っ子メグちゃん/思春期の女の子の幼児化/魔法少女の正統な子孫たち/少しも新しくないところが新しい----美少女戦士セーラームーン/時代の物語----プリキュア

5章 世界名作劇場
「大人」にとって危険ではない内容/アルプスの少女 ハイジ/アニメ版『フランダースの犬』のストーリー/英国でもベルギーでも知られていない物語/アニメ版の世界から一歩も外に出ない人々/無垢な子ども?/「世界名作劇場」の終わり/親の欲望を敏感に察知する子どもたち/怪獣・変身ものの否定と「世界----」の肯定/孤児、もしくは孤児的な子どもが主人公/歓迎していたのは親

6章 マンガ
六〇年代の少年マンガ/少女マンガの「偽装」/少年ジャンプな時代/終われない、終わらない物語/消えた?「成長の物語」/「等価交換」の世界/取り替え可能なキャラ

7章 児童文学
新しい消費者としての子ども/ペローとグリムの違い/アイデンティティを描く近代文学/子どもは親の庇護の下でしか生きていけない、という問題/アイデンティティは自由を保障しない/親の離婚と児童文学/始まった離婚の情報開示/児童文学という枠組みそのものへの疑問/枠の外側に出た子どもたち/「子どもから大人への成長過程」そのものの切断

8章 子どもの物語たちが示すもの
なぜ大人にならねばならないのか?/子どもの物語と成長/大人と子どもの差異の減少

【著者紹介】
ひこ・田中(ひこたなか)
一九五三年大阪府生まれ。同志社大学文学部卒業。児童文学作家。「児童文学書評」主宰。一九九〇年『お引越し』(講談社文庫)で第1回椋鳩十児童文学賞受賞。一九九七年『ごめん』(偕成社)で第四四回産経児童出版文化賞JR賞受賞。他の著書に『大人のための児童文学講座』(徳間書店)、『レッツのネコさん』『レッツのふみだい』『レッツがおつかい』(以上、そうえん社)がある。

内容(「BOOK」データベースより)

「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」「ペルソナ」などのテレビゲームから、ウルトラシリーズや仮面ライダーシリーズなどのテレビヒーローもの、「ガンダム」「エヴァンゲリオン」「魔法使いサリー」などのアニメ、「ベルサイユのばら」「綿の国星」「ホットロード」などのマンガ、そして著者が専門の児童文学まで、あらゆるジャンルの「子どもの物語」を串刺しにして読み解く試み。そこから見えてきた、「子どもの物語」の大きな変化とは―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 372ページ
  • 出版社: 光文社 (2011/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334036384
  • ISBN-13: 978-4334036386
  • 発売日: 2011/8/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,032位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
新書を読んで泣いた、なんてはじめてだ。

私は、アニメは東映の長編動画(白蛇伝とか、安寿と厨子王とか)から、ヒーロー物は月光仮面からライブで見ていた人間であるが、メディアによって供給されるそれらを見続けた結果、子ども心にも軽くトラウマになっていた疑問、なんで成長物語ってのは男の子のためのものばっかりなんだ、に著者は言及してくれている。
第四章アニメ(女の子編)魔法少女である。
著者はその冒頭を「パンツ」で飾ってくれた。「パンツ」で始まったのはまったく正しい。
本当に、いつからこんなパンツ満載になっちまったんだ。なんでいちいちパンツ見せて戦うんだ。ていうか、女の子のパンツや下着や裸を見てよろこんでいる女の子はいないだろう。視聴者は他にいるんだ。と常々感じていた自分にとって、著者が提示するパンツを見せるに及んだアニメ(女の子)の歴史は、苦い現実だ。
しかし、著者は未来に希望を託す明るい現実も見せてくれる。現代の女の子の物語はもう、パンツを見せたり太ももあらわなレオタード姿になったりはしない、戦うための変身はするがスカートの下はレギンスで決めている、と。
アニメ(女の子編)の締めくくりは、「お気に入りのプリキュアのコスチュームを着た、小さな女の子たちの楽しげな姿が劇場にはあふれていました。パンツは見せずに、レギンスでね
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
たいへん刺激的な「物語論」、いや文明論だ。
子どものための物語はどうして成長を描かなくなったのか? この社会の中で子どもはほんとうに成長して大人にならなければならないのか? を、実際の作品を紹介しながら考えていく。ふたつ目の問いに対して筆者は明確な答えを提示していないが、性急に結論を押しつける前に、子どものための物語に関して私たちが持っている既成概念をつぎつぎにぶっ壊し、考えるヒントを提供してくれる。
子どものための物語=児童書という「既成概念」で読み始めた読者は、冒頭のかなりの部分を児童読み物以外の作品が占めていることにとまどうかもしれないが、読んでいくうちに、この構成になった理由がわかってくると思う。そういった意味で、児童書に関わる人たちにこそ読んでほしい本。
同じ作品がちがう視点で読み解かれているので、同じくひこ・田中氏が書いた『大人のための児童文学講座』と読み比べてみるのもおもしろいのではないだろうか。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
先の方も書いておられましたが(その割には高評価)、この本には「この作品は成長が描かれている」「この作品には描かれていない」「この作品はこう」「これはこう」という事が、だらだらだら〜っと羅列的に書かれているだけで、個々の作品論としては圧倒的にページ数(というか字数)が少なく、総論としては何も無くといった感じで、どちらを期待しても裏切られる。筆者が多くの子供向け作品を読んだり観たりしている事は解ったが。

補足:平成ライダーシリーズ等における成長論は「ゼロ年代の想像力」に面白い論考が載っています。作者の思想的スタンスに前面賛成ではないが、こう言う本を読みたい人にはこちらのほうが面白いんじゃない?
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 ゲーム、テレビヒーロー、アニメ、世界名作劇場、マンガ、児童文学と、膨大なコンテンツを、「大人と子ども」という目線から歴史的にまとめあげた、大変な労作であると思います。

 まず著者の咀嚼力には独自なものがあり、たとえば伊藤剛の「キャラ」「キャラクター」の定義を、「キャラとは、成長すると気持ち悪い存在」「キャラクターとは、成長しないと気持ち悪い存在」とまとめてしまったところは,一瞬違和感を感じたのちに、なるほど「成長」の観点から見ればそうも言えるかなとうなずかざるを得ませんでした。いろいろなところで著者の個性の濃さを感じます。

 そして成長すなわち「大人と子ども」という視点は、「作り手と受け手(子ども)」という構図をも導くわけで、「ウルトラマン」や「仮面ライダー」の制作現場の狙いと子どもの年齢層とのズレなどにも多くのページが割かれるのも興味深いところです。その中では、ガンダム以前と以降では、ヴィデオ録画ができるようになったために、まったく違う受け止め方がされている、という指摘が面白いものでした。以前の世代は、自分の成長の思い出としてアニメや漫画を語るのに対し、以後の世代はそれを、何度も繰り返し見られるがゆえに、アイデンティティとしてずっと抱えてゆく、というのです(そのあたりも成長しない子どもという見方につながっていきます)。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック