通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ふくしま式「国語の読解問題」に強くなる問題集〔小学... がカートに入りました
& 配送料無料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【通常配送送料無料】【30日間返品保証有り】書き込みありません。古本ではございますが、使用感少なくきれいな状態の書籍です。弊社基準で良よりコンデションが良いと判断された商品となります。水濡れ防止梱包の上、迅速丁寧に発送させていただきます。【30日間返品保証:商品状態に当商品コメントと相違する点があった場合は到着後30日間、返品・返金を承ります。】《通常配送の配送料は無料です。マケプレお急ぎ便ご利用の場合のみ以下の追加送料がかかります(注文時に選択できます)。》【マケプレお急ぎ便のご注文はレターパックやネコポス、ゆうパック・宅急便などの速達扱いの方法で発送し、13:00までのご注文は最短翌日(北海道・沖縄県は翌々日)到着、13:00以降の注文は最短翌々日(北海道・沖縄県は3日後)に到着します(土曜日13:00~日曜日のご注文は月曜日の発送となります)。】《マケプレお急ぎ便の送料について:東北地方・沖縄県以外は追加送料275円、東北地方・沖縄県は追加送料385円でお急ぎ便対応致します。同時注文なら2点目以降は追加送料は150円ずつでお急ぎ便対応可能です。》【東北地方をお届け先とするお急ぎ便は現在ご利用頂けません。通常配送は全国でご利用可能です。】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ふくしま式「国語の読解問題」に強くなる問題集〔小学生版〕 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2011/8/2

5つ星のうち4.1 25個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,430
¥1,430 ¥830
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ふくしま式「国語の読解問題」に強くなる問題集〔小学生版〕
  • +
  • ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕
  • +
  • ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕(2)
総額: ¥4,510
ポイントの合計: 44pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

〜冒頭解説から引用〜

国語力を大きく2つに分けます。
1つめは、発信力。
話す力(音声発信力)と、書く力(文字発信力)です。
2つめは、受信力。
聞く力(音声受信力)と、読む力(文字受信力)です。
前作である『ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版]』(大和出版)は、このうちの「書き」と「読み」の練習を通じて、論理的思考力を全般的に高めていく目的で作られていました。
一方、今作(この問題集)は、同じく「書き」と「読み」の練習をする本ですが、その目的が異なります。
この本は、ズバリ、「読解問題を解く力」を高める目的で作られています。なかでも、「選択肢を正確に選ぶ力」=「選択力」を高めるのが最大の目的です。

〜引用ここまで〜

そうなのです。
子どもたちが日々苦戦している「読解問題」、その中でも最も得点比率の高い「選択式問題」を、いかにして解くか。
今作は、ここに焦点を当てて作りました。

私は日々、国語長文読解問題なんてやらなくていい、と考えています。
このことは、前作の帯にも書きました。
長文読解偏重、しかも難解信仰の根付いた国語を、世の中から排除しなければならないと思っています。
私は、国語教育全般を改革していく決意を日々新たにしています。
これは、私のライフワークです。
しかし、子どもたちは現実として、目の前の長文読解に苦しんでいます。
何とかしてあげなくてはなりません。
そのための方策として打ち出したのが、今回の問題集です。

とはいえ、あくまでも「短文読解」を中心に作られています。
そして、これでもかというくらいに平易な例題からスタートし、本問を経て類題で「だめ押し」できるように構成されています。

ここで、さらに引用します。

〜「はじめに」から引用〜

「長文読解問題をどれだけ解いても、力がついた実感を持てない」
「何度やっても、似たような問題でミスを繰り返す」
こういった悩み、ありませんか?
その原因は、ただ1つ。
「型・方法・技術」を意識した学習をしていないということです。
これらを意識せずにどれだけ問題を解き続けても、成果は決して得られません。
1つの問題を解いたら、1つの技術が身についている。
それが「力がつく」ということであり、同時に、優れた問題の条件なのです。
この問題集は、終始一貫、そういった意図で作られています。
どのページにも、「次に役立つ技術」があります。「その場かぎりの理解」で終わらせない工夫があります。
その点で、この本は、「問題集」であると同時に「テキスト」でもあると言えます。ひととおり解き終えた後も手元に置いておき、国語の「バイブル」として参照することができます。

〜引用ここまで〜

「1つの問題を解いたら、1つの技術が身についている」。
10の問題(問1〜問10)を与えて、10の技術をいっぺんに学ばせようとするのが、長文読解問題です。多くの大手塾は、この方法で指導しています。これでは力がつくはずがありません。
焦点がぼやけ、何を学べばよいのか、何を学んだのか、分からなくなるわけです。
このような思想と方向性は、前作も今作も同じです。
これが、「ふくしま式」の一貫した考え方です。

しかし、今作には、実は大きな違いがあります。
「論理的思考の技術」だけでなく、論理的思考では解けないような「悪問」を解くための「技術」までも、詳細に打ち出しているのです。

ここで、ぜひ、「福嶋隆史のホームページ」をご覧ください(著者ページにアドレス記載/検索でも可)。そのトップページにリンクされた【「国語力」とは何か?】のページでは、国語力の全体構造を明快な図で説明しています。
その中で、「選択式問題」には論理的思考力で解決しづらい「悪問」が存在することを紹介しています。そこで問われるのは道徳であり、理科であり、社会であり、あるいは、世の中の常識です。
このような「国語らしからぬ国語」と対峙しなければならない子どもたちを、何とかして救いたい。
その一念から、私は、「良い子悪い子方式」を生み出しました。
この考え方を使えば、悪問に打ち勝つことができるのです。
詳しくは、本書に掲載された具体的な問題をご覧いただけば、一目瞭然です。

そして、本書の決定的な特長----それは、「選択肢を自作させる問題集」であるということです。
しかも、作るのは「ニセもの選択肢」。
出題者の立場で考えるという楽しさを味わいつつ、ニセもの選択肢の構造を知り、「だまされない目」を育てることができます。
本書では、ニセもの選択肢を「11のパターン」に分類。
これらは、大学入試センター試験にもそのまま適用できるような応用範囲の広い「型」でありながら、それを、小学3〜4年生にも理解できるレベルの平易な問題を通して習得できるようになっているのです。
小学生はもちろん、中高生にも「救世主」となること、間違いありません。
これはまさに、「日本初」の問題集なのです。

著者について

1972年、横浜市生まれ。早稲田大学文学部中退。 創価大学教育学部(通信教育部)児童教育学科卒業。 日本言語技術教育学会会員。 公立児童館・学童保育職員、公立小学校教師を経て、2006年、ふくしま国語塾を創設。 ふくしま国語塾では、「国語力とは論理的思考力である」という明確な定義のもとで、日々の授業を行っている。長い文章をだらだらと読んだり書いたりするような旧来の方法ではなく、論理的思考の「型」の習得に重点を置き、短い文章の読み書きを徹底的に行うことによって言語技術を高める。その結果として、生徒は、大人になってからも自分の人生を支えてくれる「スキル」を獲得する。こういった一貫した国語力育成法が高く評価され、他都県からの通塾生も多く、キャンセル待ちが続出している。  また、新聞や各種教育系雑誌、ビジネスマン向けの雑誌等で多数特集が組まれ、幅広い支持を得ている。 著書として『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』『ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕』『わが子が驚くほど「勉強好き」になる本』『「ビジネスマンの国語力」が身につく本』(以上、大和出版)、『論理的思考力を鍛える超シンプルトレーニング』(明治図書)がある。共著として『子どもがじっと耳を傾ける魔法のおはなし』『子どもが思わず聞き入る魔法のおはなし』(以上、PHP研究所)、『ミニ討論・必ず盛り上がるネタ事典』『イラスト作文スキル』(以上、明治図書)などがある。論文掲載雑誌としては、『教育科学 国語教育』(2010年12月号:明治図書)、他多数。  その他、詳細は…… ホームページ http://www.yokohama-kokugo.com ツイッター http://twitter.com/FukushimaKokugo

登録情報

  • 発売日 : 2011/8/2
  • 単行本(ソフトカバー) : 110ページ
  • ISBN-10 : 4804761896
  • ISBN-13 : 978-4804761893
  • 出版社 : 大和出版 (2011/8/2)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 25個の評価
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。中学受験 国語