中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぴよぴよ―水上悟志短編集 (ヤングキングコミックス) コミックス – 2007/1/26

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

2000円以上で送料無料・プライム会員は全品送料無料。 中古品の為、多少の焼けがあります。 ご注文確定後すぐにAmazon配送センターより発送。 速達配送も可能です。 クレジットコンビニ支払い代引きでのお支払いも可能です。 万が一商品に不備がございましたら、返送料含めて全額返金いたしますのでご安心してご購入ください。 最後までお読みいただいてありがとうございます。


登録情報

  • コミック: 205ページ
  • 出版社: 少年画報社 (2007/1/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4785927410
  • ISBN-13: 978-4785927417
  • 発売日: 2007/1/26
  • 梱包サイズ: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
レビュアーが全員星5つつけてるのが面白さの証明です。さぁ買いましょう。

私のオススメは表題作の「ぴよぴよ」です。
水上先生は天才だ!と思ってしまいました。
ひねってひねって、読者にオチが読めないようになっているだけでなく、とてもいい話なんです。
「そうきたか!」「やられた!」と思いながら、何度も繰り返し楽しめる作品です。
読んだあと、少し優しい気持ちになれるのも、この作者の作品の特徴です。
ストレスを感じたときや、気分転換にも最良の一冊だと思います。
本当にオススメです。もし良ければ、他の作品も一緒に購入されてはいかがでしょうか。
波長が合うなら大ハマリすること間違い無しですよ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
★特徴★
ヤングキングアワーズで「惑星のさみだれ」を好評連載中の水上先生の短編集第2弾。短編集とは言いつつも、シリーズものが半分を占めているのが特徴の一つです。先生の他の連載作品と同様、「現代の話である」「神様・霊・妖怪・物の怪の類が多く出る」点はいつもの通り。世界観が程よくブレており、展開を予想させません。ポジティブな話が多く、読んだあとはちょっといい気持ちにさせてくれる作品ばかりです。個人的には表題作の「ぴよぴよ」がオススメ。
★よいと思った点★
上述の通り世界観がブッ飛んでいるのですが、話の帰着点が身近なところに設定されており、どの話も分かりやすくまとめられています。妖怪やよくわからない生き物が登場しますが、彼らを通してヒューマニズムを描くことで「誰にとっても変わらないもの」を表現している点はさすがの一言。マンガ読み経験上、最良の部類に入る短編集です。
★よくないと思った点★
一般的な漫画家の画力と比較するとやや落ちるかもしれません(個性としては完成していると思います)。展開が豊富な割に、設定がワンパターンになりつつある感じは受けます。まあ連載モードに入ったようなので関係ないんですが。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
評価高いけどつまらないよ なにが面白いんだろう
すすめの結婚相手の頭・・・・笑いどころがわからん。
絵は好きなのに残念でしかない
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
惑星のさみだれの主人公のシュールな空気が気に入って

こちらも購入しました。

こちらの内容もシュールな笑いでした・・

読んでるこっちも「えーーーっ」みたいな。

どの短編も先の読めない内容ながらも、笑えて、

最後にはじわっと来るお話でした。

どの話もキャラがたってますね〜。

いくつか短編がありますが、私は「ぴよぴよ」のお父さんが好きでした。

無表情のリアクションが最高。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
『げこげこ』や『ギンガサンダー』(や『エンジェル相談室』?)を読んでいても思ったことですが、
水上さんの短編集は啓蒙的というか鬱陶しい説教臭さがあり、それはやや鼻につくものの
総合的には面白い、という印象というか感想があります。
『ぴよぴよ』もそういう類のものでしたが、上の二つの方が面白かったです。
無論好みは人それぞれですが、
勝手に責任を負ってオススメするならば、『げこげこ』あるいは『ギンガサンダー』を推します。
日常ファンタジー感が楽しみたければ『げこげこ』
ファンタジックな多元的世界観を楽しみたければ『ギンガサンダー』が良いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
見つからないのでkindleで購入
短編集なのに最初から最後まで通して読むと
不思議と、いい映画を見た後のような気分になれます。
読んで気持ちのいい作品でした。

これ単体で読んでも楽しいのですが、
「げこげこ 水上悟志短編集Vol.1」からの続きもあるので
(知らなくても全く問題なく読めますが)
「げこげこ」を先に読むとより深く楽しめるかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告