通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
びわ湖ホール オペラをつくる―創造し発信する劇場 ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。ff5248_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

びわ湖ホール オペラをつくる―創造し発信する劇場 (シリーズ「アーツマネジメント」) 単行本 – 2007/3

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 257

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

脱「ハコモノ」、創造の拠点をめざす公共ホールの挑戦。舞台裏が分かるとオペラはより面白くなる。写真で見る制作風景。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上原/恵美
労働省から滋賀県庁へ。図書館、美術館、陶芸の森、びわ湖ホールなどの開設にかかわる。京都橘大学文化政策学部教授。滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール館長

井上/建夫
滋賀県大津市生まれ。京都大学文学部卒業。滋賀県庁に勤務。2000年4月から財団法人びわ湖ホールに派遣。現在、副理事長・副館長

牧野/優
大阪府出身。ザ・カレッジ・オペラハウスの舞台監督を経て、舞台技術課に所属。舞台制作、舞台監督を担当

初田/靖
武蔵野音楽大学、ドイツ国立ベルリン芸術大学首席卒業。大阪センチュリー交響楽団トロンボーン奏者として演奏活動後、1998年より事業部で制作を担当。芸術監督秘書

小野/隆浩
秋田県出身。音響デザイナーとして舞台技術課に所属。大阪芸術大学非常勤講師。日本音響家協会・日本舞台音響家協会・会員。出光音楽賞・日本音響家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 281ページ
  • 出版社: 新評論 (2007/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794807317
  • ISBN-13: 978-4794807311
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,011,183位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
びわ湖ホ−ルで働くスタッフたちの手によって取りまとめられた現場発の書物で、
ア−ツマネ−ジメント・ シリーズの第5弾として刊行されています。
正式名称は「滋賀県立芸術劇場びわ湖ホ−ル」で県立の公共施設です。
ややもする行政批判の矢面にされがちな「ハコモノ」。
これに対して、この本は、はっきりと答えを出しているといえましょう。

いろいろ細部にわたる紹介されていますが、中でも興味深かったのが、
同ホ−ル専属声楽アンサンブル誕生の経緯について触れていたところです。
 オ−ケストラ、歌手、合唱団、バレエ団などの実演者集団が、
衣装、かつら、靴、大道具、小道具をつくるスタッフとともに常勤する
「ハウス」となっていヨ−ロッパのオペラハウスようにフル装備することは現実離れをしている。
そこで、オ−ケストラ、演劇、合唱などの専属集団について検討する会議を設けて議論を重ねたそうです。

 その結果、関西ではオ−ケストラについては、
・すでに長く続けている伝統ある団体が複数あること
・規模の小さい自治体で一つのオ−ケストラを持つことは過重である
という判断から、オペラ上演にとって不可欠で、合唱の核となり、
ソロとしても活動できる「声
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック