Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 486
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[鉄人社編集部]のびっくり人間500連発!!!! 世界の超偉人★奇人★変人テンコもり 裏モノJAPAN別冊 (鉄人社)
Kindle App Ad

びっくり人間500連発!!!! 世界の超偉人★奇人★変人テンコもり 裏モノJAPAN別冊 (鉄人社) Kindle版

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2015/2/27
"もう一度試してください。"
¥ 486

紙の本の長さ: 248ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

びっくり人間500連発!! 世界の超偉人★奇人★変人テンコもり

・屁を燃やすことに異常な情熱を傾ける人々、
・オウムをボーカルにすえたデスメタルバンド
・素人で人食い鮫を捕まえる男
・異常にヒフが伸びる人
・目から牛乳を吹き出す男
・世界一鼻がデカイ人
・ヘソのゴマをやたら集めている人
・便器にロケットエンジンをつけた人
・素手で高層ビルを登る人
・ホクロ毛を大量に伸ばしている人
・ガラスや鉄を食べてしまう人
・オッパイで空き缶をつぶす女性
・ダッチワイフを抱えて急流を下る祭り
・世界最高齢のスケバン
・60年間しゃっくりが止まらなかった男
・剣で胸を刺されても痛みを感じない男
などなど

■目次

・第一章 人生はいろいろ

・第二章 その時、歴史が動いた

・第三章 大変よくできました

・第四章 ボクたちの失敗

・第五章 元気があれば何でもできる

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 84610 KB
  • 紙の本の長さ: 248 ページ
  • 出版社: 鉄人社 (2015/2/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00U1GZHRY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 47,128位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
びっくり人間まとめてみました。な本でした。

編集側も狙ってなのかどうなのか。ケツネタが一挙に押し寄せてきたときは笑ってしまいました。ケツが好きですね、アメリカ人。

冷静に見てみると国ごとに傾向があってそれを見るのも面白い。一番おかしいのはアメリカですね。いや、アメリカ人はなんか心の闇を抱えているのだろうかと不安になってしまうくらい。大陸には人がたくさんいるからちょっと変わった人もたくさん居るのでしょうなあ。走る机大会とかも発案者は何を考えているのか謎ですわ・・・。その大会の優勝者は自らの社用デスクを改造してるし。このあと仕事どうするねんとw
インドとかはヨガの修行者がなんか半端無いことになってます。中国はなんか奇形とかあって・・・工害の影響なのでしょうかね。恐ろしい。

そして締めにケツですよ。なにかメッセージ性を感じつつ静かに本を閉じ読後感に浸ってしまいました。もうなんじゃこりゃとw
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover