Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 483

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[椎名 誠]のひるめしのもんだい 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ

ひるめしのもんだい 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ Kindle版

5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 483
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 279ページ

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

ひるめしが困る。椎名誠が旅の合間や日常生活で考えたあれやこれやが詰め込まれた痛快エッセイ集「新宿赤マントシリーズ」の記念すべき第一作目。

本作用に表紙イラストを椎名誠が描き下ろし。巻末には、「対談 椎名誠×目黒考二」「電子書籍版あとがき」「椎名誠の人生年表」を掲載。

<目次>
息づまるどじょうすくいの宴だった
カツオブシだよ人生は
三人の怪しいおとっつぁん対ウスバカ犬
夜風にマントがなびく頃
大阪たそがれ梅じんたん
マホービン走りなさい!
ファクシミリにも花束を
怪異海苔偏愛者の告白
役人たちのマンガ
恐怖のおんなじおんなじ仮面
ダルマ堂の怪しい夜明け
ひるめしのもんだい
色紙エレジー
新幹線謎のネーブル美女
ヒコーキを待つ話
CTスキャンもいいものだ
おののき話
プロレス界にもデスマッチを
デモ行進の中で考えたこと
笑いパーティの夜は更けて
全日本おしゃく問題
苦しい時には屋上がある
ヨクナイ風景
気分はすっかりチンギス・ハーン
生ビールが一番エライ!
炎天下に茨城県の実力をみた
四人の作家が集まって……
サラバ バカ夏
ヨロコビの三点セット
けむりのように時はすぎて
どうしたらいいのだ……
秋の東欧監獄旅行
淋しいTOKYO
ゴミ袋を覗く男
ニッポン滑稽厳格瑣末主義
話はビールで始まるが……
枝毛を切る女
秋の夜長に……
囲いの中の強権
あとがき
文庫版のためのあとがき
対談 椎名誠×目黒考二
電子書籍版あとがき
椎名誠の人生年表

内容(「BOOK」データベースより)

通勤・通学、汗だくだく、昼間はとがり眼イライライラ、でも、夜にはビールで喉ごくごく。熱血エッセイ39篇。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 14895 KB
  • 紙の本の長さ: 232 ページ
  • 出版社: クリーク・アンド・リバー社 (2014/3/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00J7L7RHC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 65,306位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
週刊文春に連載中。ハードカバーだが文庫本版もアリ(出版社は違うかも)。著者がその日常生活の中で考えた事や感じた事を独特の文体で綴る。つい笑ってしまう話が多いが、中には今の日本が抱える諸問題について考えさせられるものも。
本の題名は「ひるめしのもんだい」「南国かつおまぐろ旅」「カープ島サカナ作戦」といったようにバラバラで、書店で探す時には文庫本だと他の著作とすぐには見分けがつかないかもしれない。イラストは沢野ひとし氏で、本文と合わせて見れば意味がよく分かる(笑)。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まあ当時は面白いエッセイだったんだろうが、その場その場で時代を切り取った話ばかりだから今読むと時代が違いすぎて・・・・・。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
軽い何気ない随筆というか感想文というか、椎名誠はこの手の文章がうまい。週刊誌見開き2ページの限定がちょっと苦しいが、この時期まではまだ新鮮さがあって面白いと思う。話はあちこち跳び過ぎて、内容の紹介等、不可能だ。シーナ世界を覗いてみるのちょうどいい一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『週刊文春』連載「新宿赤マント」1990年1月〜1990年12月掲載分を収載。
瑣末ではあるが、切実なるヒルメシを何にすっか、という問題。
この問題を深く、科学的に、掘り下げて…いないか。
いつものエッセイだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover