通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ひらり、別冊 部活アンソロジー ほうかご! (2... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 迅速に発送致します。表紙スレ使用感ありますが本文は良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひらり、別冊 部活アンソロジー ほうかご! (2) コミックス – 2014/4/30

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 173
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ひらり、別冊 部活アンソロジー ほうかご!  (2)
  • +
  • ひらり、別冊 部活女子アンソロジー ほうかご!
  • +
  • ピュア百合アンソロジー ひらり、 Vol.13
総額: ¥2,970
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 425ページ
  • 出版社: 新書館 (2014/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4403671578
  • ISBN-13: 978-4403671579
  • 発売日: 2014/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 20.4 x 15 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
まずは辞書のような分厚さにビックリ。前より若干ページ数が増えたようです。

さてほうかご!2ですが、創刊号同様、百合よりも友情をメインにした部活少女ものとなっています。女の子たちが部活を通じて悩んだり頑張ったりする姿がとてもまぶしく、懐かしさとともに羨ましさも感じます。
ドロドロした話は皆無でありながら、ひとひねりしたストーリーの漫画もいくつかあり、「似たような話ばっかり…」と感じることはないでしょう。

創刊号で描いていた私屋カヲル先生や森永みるく先生のようなビッグネームがいないため、少々地味な印象のある今巻ですが、全体的なレベルは落ちていないと感じました。個人的には、百合原 明先生の漫画がお気に入りです。

繰り返しますが、本家ひらり、より百合成分はずいぶん薄めです。キスシーンがあるのは巻頭の「ショートケーキと加瀬さん。」のみ。それでも百合フィルターをお持ちの諸氏なら値段分は楽しめると思います(笑)。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
無敵百合アンソロジー「ひらり、」の別冊で、部活にテーマを絞った百合アンソロジー「ほうかご!」の第2巻がやっと出ましたね!!!

部活がテーマなだけに、主役はすべて学生の女の子たちとなっていますが、青春そのものを正面から描いたものから、部活をネタに女の子たちの関係を浮かび上がらせるもの、さらには部活ものという先入観を逆手にとったものまで、作家さんそれぞれの工夫が垣間見える、多彩さが魅力的なアンソロジーとなっていました。

そして、百合としては全体的には憧憬や友情寄りの爽やかさや楽しさが前面に出ている作品が多いので、殺伐さや鬱展開ばかりを評価したがる向きにはお勧めできませんが、肩肘張らずに女の子たちの可愛く健気でちょっとズレた遣り取りを楽しみたい人には、是非とも読んでいただきたいと思います。

機会があったら、また続きをお願いしたいものです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告