通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ひらめき脳 (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひらめき脳 (新潮新書) 新書 – 2006/4/15

5つ星のうち 3.8 45件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 534 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ひらめき脳 (新潮新書)
  • +
  • 挑戦する脳 (集英社新書)
  • +
  • 幸福になる「脳の使い方」 (PHP新書)
総額: ¥2,354
ポイントの合計: 55pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ひらめきは天才だけのものじゃない! すべての人間の脳にその種は存在しています。突如「Aha!」とやって来て脳に認識の嵐を巻き起こす、ひらめきの不思議な正体に、最新の脳科学の知見を用いて迫ります。
ひらめきの脳内メカニズム、ひらめきが生まれ易い環境、「ど忘れ」とひらめきの意外な類似、ひらめきの脳内方程式、感情や学習とひらめきの関係とは? 
ジャンルを飛び越え活躍中の、脳科学者・茂木健一郎が、誰もが知りたいひらめきの正体に迫ります。創造の瞬間を生かすも殺すもみなさん次第。不確実性に満ちた世界をより良く生きるために、ひらめきをこの手でつかみ取りましょう! 

出版社からのコメント

0.1秒で人生が変わる不思議なひらめきの正体とは——
「創造することと思い出すことは似ている」、
「記憶は〈エピソード〉から〈意味〉へと編集される」、
「理性と感情は、実は一体のものである」、
「適切な不確実性は、それ自体が脳への報酬である」、
「創造性=体験 × 意欲である」、
「意識の前頭葉と無意識の側頭葉間での対話がひらめきを生む」——
本書では、「ひらめきがいかに生まれるのか」そのメカニズムの解明だけではなく、豊かな人生を生きる上でひらめきというものがいかに不可欠であるかを説いています。
「『人生を変える』『人生をやりなおす』ためには、一瞬のひらめきこそが最高の妙薬であり、それを起こすための『インフラ』は誰のアタマの中にもある」(「あとがき」より)
こうした茂木健一郎流「ひらめき的人生のヒント」が詰まった一冊です。日本テレビ系「世界一受けたい授業」で好評の「アハ!体験」も収録しています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 198ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106101629
  • ISBN-13: 978-4106101625
  • 発売日: 2006/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 382,384位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
これからの世の中を生きていくには、ひらめき力を持つことが不可欠と思い、その方法を探るべき本書を手にしたわけだが、期待はずれであった。
結局、ほかの本にも載っているような内容だったし、結局何の答えもない。
迷っている脳をもっと迷わせるような、読んだあとまったく爽快感を感じなかった。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 w 投稿日 2011/8/9
形式: 新書
ひらめき脳?
茂木はなにをひらめいたのか?
何か素晴らしい理論でもひらめいたの?
何も生み出してない脳科学者が、ひらめきを語っても価値はない。
アップルのジョブズの流儀本の方がはるかに素晴らしい。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本は、脳の仕組みが説明されていて、わかりやすかった。
的が絞ってあるのがよかったのかもしれない。
『ひらめく』のは、なぜか?
記憶を呼び戻すという行為とひらめきがにている。
前頭葉と側頭葉のリレーによって、記憶が呼び戻される。
『大脳皮質の前頭葉というのは、「私」という自我の中枢です。
その「私」の中心が、側頭葉に対して、「これに関する記憶をよみがえらせてくれ」
とリクエストしている。』
『ひらめきや創造性は、記憶の働きから生まれる可能性が高い。
記憶というのは、覚えたことをただ再現するのではなく、編集されていく。
この編集する力こそが、ひらめきを生む原動力につながる』
この記憶が編集されるというのが、人間の脳の一番重要な働きかもしれない。
記憶の編集技術が、どういうシステムでできるのか。
興味が深いですね。
『編集力がないということは、つまり体験から学ぶことができない。』
ということは、編集力をあげる必要がある。
編集力をなくした脳を、『サヴァン能力』という。
この脳の編集能力を十分効果的に使う方法と、
編集能力の差が、個人差として生まれてくるということかな。
ペンローズはいう『想像するこ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
1 韓国国家ブランド委員会の主導で、YouTubeの再生回数をねつ造
2 フジTVの株式20%以上を買収し、フジ子会社に韓国コンテンツの出版権利を与える
3 放送局を利用したステルス広告を展開

韓国政府が電通&フジと組んで行っていることは、ナチス・ヒトラーのプロパガンダにも匹敵する、立派な犯罪だ。
この脳科学者は、愚かにも、何ひとつ見抜けない。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者の他の類書と読みくらべてみましたが、著者の類書の中では、一番やさしく書いてある本だと思います。何か一冊を最初に読みたいのであれば、この本でしょう。よく話が組み立てられており、新書でページ数も少ないながら、読み応えのある内容です。この本を読まれると、著者の他の類書の理解も進むのではないかと思います。

何らかの受験生がこの本を読まれると大変参考になると思いますが、それ以外の方もご自分の職業ジャンルを問わず読まれると、日々の仕事の上での考えるヒントを貰えるのではないかと思います。

「生きるということは、何か起こるかわからない不確実性にいかに向きあうかということが本質なのです。」「感情は、理性にコントロールされているのではなく、むしろ理性を支えている」などのメッセージは大変心に残りました。

お子さんをお持ちのお母さんにもお薦めです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 著者は『世界一うけたい授業』『プロフェッショナル』等、テレビでもおなじみの脳科学者。気づかないうちに画面が大きく変化しているという「アハ!ピクチャー」の発案者と言った方が通りが良いかもしれない。

 “クオリア”という何だか小難しい研究が専門らしいが、この本では(本人が後書きで書いている通り)脳科学の最先端の知見を素人にも分かりやすく説き起こしてくれる。

「暗記がなければ、創造性も生まれない」

「記憶が完全でないから、新しい意味に気づくことができる」

「スランプがひらめきを生む」

「理性と感情は対立するものではなく、感情が理性を支えている。正解のわからない問題に直面したときこそ、感情が必要だ。」

 …等など、目からウロコが落ちる話が満載。毎日の生活の中で生かせそうなアイデア、提言も沢山あります。

 著者が一番訴えたかったという、「なぜ、私達の脳には“ひらめき”という機能が備わっているのか」という問いへの答えは、なかなか感動的です。

 

 本人自ら「文章が難しい」と書いてますが、他のコムズカシイ著作も読んでみたくなりました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー