Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 185の割引 (30%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大沖]のひらめきはつめちゃん 6 (コミックブレイド)
Kindle App Ad

ひらめきはつめちゃん 6 (コミックブレイド) Kindle版

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 617 ¥ 181

紙の本の長さ: 130ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

天才小学生、平目木はつめの発明品『はこ』は『ネジ』を差し込むことで、おっきくなったり爆発したり、いろんなことが起こっちゃう!シュール&キュートなハートフル(!?)ギャグ物語、ついに完結!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 24462 KB
  • 出版社: マッグガーデン (2016/2/17)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BM34P6I
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
あとがきに2008年にはつめちゃんが誕生した裏話が描かれていますが、このように7年続いた本作もこの巻で最終巻になります。
ラスト2話まではこれまで通り、ラスト2話である問題が起きますが、本作らしい結末でした。
最後までこの作品らしさを貫き通した内容だったと思います。はるみなど他の作品や次回作を楽しみにします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
写生大会に出たりお花見をしたり、家(はこ1号)ごと空を飛んで南極に行ったりといった日常を送っていた
ある日、母めいこがアメリカに転勤となり、はつめは仲間と別れ、父はつのりとともに家族で
渡米することにするが……という、最終巻に相応しい展開が描かれている。
いわゆる日常系は核となる題材が明確であれば、起承転結の『起承』のあたりまでならばある程度
ストーリーを進めることができるが、その一方で強い敵が現れて戦ったり、宇宙に行ったり過去や未来に
行ったりすることができないタイプの話であるため、ある意味においてそれ以降の『転結』の部分の
ストーリー展開の難しさがあり、惜しまれるのは「何かのテーマが提示される」→
「はつめが聞き間違いなどで誤解をする」→「テーマに沿った行動を取る」→
「勘違いがもとでちょっとした騒動」→「行って来いで解決」というパターンがあまりに露骨であったため、
あくまで私見だが、それが『黄金パターン』『勝利の方程式』になることなく飽きが来てしまったのと、
ハイテクを非常にくだらない目的で利用するのがこの物語の最大の特徴であると思っていたので、
それを完全に活用しきれていなかった(それでも最終巻である本巻は「はこ」の機能のアイディアを
出し惜しみしてはいなかった)ことが、好きな作品名だけに少々残念に思えてならない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover