中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひらひら (KCデラックス 別冊フレンド) コミック – 2007/8/10

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

仮初(かりそめ)の愛に生きる女たちの、切なく哀しい情感を描ききる!「別冊フレンド」誌上で大評判の超人気読みきりシリーズ、登場!美しく勝ち気な太夫・朱音(あかね)には、意のままにならぬ恋などないはずだった……。吉原花魁恋草紙――!!

著者について

飴 あられ
7月26日生まれ。しし座。A型。別フレ2004 5月号『永遠の灯』でデビュー。コミックス『君いとほし~源義経恋絵巻~』『陽炎 稲妻 水の月』『ひらひら』『江戸カルタ』『TAJOMARU』(原作/市川森一 水島力也)を発売中。


登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063723313
  • ISBN-13: 978-4063723311
  • 発売日: 2007/8/10
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Kindleユーザー VINE メンバー 投稿日 2007/8/17
形式: コミック
見た目艶やかな遊女の、人知れない哀しさを見た。
どのお話もそうなのだが、特に妹の薬代を稼ぐために身売りする姉の話には、見返りを期待しない献身的な愛を感じ、非常に共感を持った。好きな男以外に抱かれても、決して自分を見失わない、そんな彼女たちが素敵です。
表紙に惚れて衝動買いしたが、買ってよかった。
著者の他の作品も、次の日に揃えてしまった…。
絵がとても美麗。
表紙に騙されないので、興味があればお手に取ってみてください。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作者の絵がとても綺麗で歴史漫画が大好きな私としては凄く気になっていましたが苦界と呼ばれた遊郭が舞台の恋‥何だか先が見えてしまう気がして躊躇していましたがやっぱりあの絵柄と作者の名前が覚えやすかったのもあり忘れられずだったので結局購入しました。出てくる美女たちはとても華やかで艶やかでそれでいて強い女性ばかりでしたがそれぞれ様々な事情を抱えて苦界に身を沈めざるえなかった者たちばかりであり絵も美しいのですがどこか消えそうな儚さを秘めていて‥お話も切ない物ばかりで危うささえ感じて胸が苦しくなりました。遊郭という場で身を飾り美しく装いながらも心はどうにも出来ないもどかしさ。未来など感ずることも出来ず先が見えない中で目標を見つけてひたすら這い上る女、心を凍らしてひたすら日々過ぎるのを待つ女、それとも‥選択肢なんか限られていた隔離された特殊な場所での物語。そんな中で生きる女たちはどこまでも切なくも美しい。そしてどこまでも危うくも強く決断していく‥読めば読むほどに絵柄の美しさと登場する女達に引き込まれていきとても読みやすく一気に読んでしまった。心中は切なさがいっぱいで複雑だと言うのに何故か清々しさを感じ‥きっと女たちの生き様がそう読ませてくれたのだと思う。繊細で何かを抱えている女たちの姿、表情、豪華な着物などもとても楽しく見ることが出来たので初めの躊躇がなんだったのかというぐらい凄く大切な本になりましたしこの作者さんの歴史漫画大好きです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック