¥ 802
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ひらひら 国芳一門浮世譚 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひらひら 国芳一門浮世譚 コミックス – 2011/11/29

5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 802
¥ 802 ¥ 27
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ひらひら 国芳一門浮世譚
  • +
  • MUJIN -無尽- 1巻 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • 口入屋兇次 1 (ヤングジャンプコミックス)
総額: ¥2,130
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: 太田出版 (2011/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778321545
  • ISBN-13: 978-4778321543
  • 発売日: 2011/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
春は名のみの月の宵。
川に身を投げし浪人者、田坂伝八郎は彼を救った男に新たな名と生を与えられた。
その名は伝八、その生は浮世絵師。
剣士の宿命、武士の宿業…まとわりつくそれらから、様々な事件を通じ自由になってゆくまでの物語。

…なんですが、実のところ伝八は狂言廻しなんですね。

普段は猫と戯れているけれど、火事ともなれば一番乗りの江戸っ子で弟子達の面倒見も良い浮世絵の師匠。(13回忌に彼を慕う弟子・孫弟子達が70余名も集まったほど!)
そう、この作品の真の主役は歌川国芳(くによし)なのです。

後書きの「この暖かく面白い絵を描くのは一体どんな人なのか、それが国芳師匠を描くきっかけでした。調べる程に惹かれ知る程に好きになる。弟子達に愛され慕われた師匠、その魅力的な人となりを本書で少しでも感じて頂ければ幸いです。」が全てを物語っています。

パトロンである梅の屋の旦那(有能すぎる!)や内弟子の米次郎(のちの月岡芳年)と言った実在の人物や、大判三枚にすら収まりきらない『宮本武蔵と巨鯨』等の浮世絵を巧みに織り混ぜつつ、最大の虚構『伝八』のキャラクターを屹立させる。『虚虚実実』は見事!の一言。(河治和香さんの『侠風むすめ』でおなじみ、登鯉(とり)さんもチャキチャキの美少女
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/31
形式: コミック Amazonで購入
 某書評サイトで薦められていた、岡田屋さんの「口入屋兇次」を読んでファンになり、では岡田屋さんの作品を次にもうひとつ‥‥と思って選んだのが本書です。もともと浮世絵に興味がありましたので。
 発表されたのは、本書の方が「口入屋」よりずっと前ですが、これも面白かった!

 5歳の時に父を殺され、武士の当然の勤めとして伯父を後見に、以来15年父の仇を探し続け、やっと江戸で仇討ちを果たした田坂伝八郎。本懐を遂げ、本来なら喜んでお上に届け出るべきところなのに、届けも出さず川に身を投げて入水自殺を図ります。それを助けたのが、当代きっての売れっ子浮世絵師・歌川国芳。
 いわくありげな伝八郎を、持っていた帳面に手遊びで描かれた絵を見て気に入り、そのまま内弟子として家に住まわせます。

 親分肌で面倒見の良い国芳門下には数多くの弟子がいて、(月岡)芳年など今に名を残す多くの門弟や、国芳のパトロン・梅屋鶴寿など実在の人物が登場します。
 兄弟子が弟弟子を育て盛り立て、弟子同士仕事を分け合ったり、助け合ったりが身上の国芳一門で、気の良い兄(姉)弟子達に囲まれて、絵師として生きる道を見出そうとしていた矢先、思わぬ出来事から、最後の最後まで知られたくなかった事実を、自ら師匠に告白せざるを得なくなります。

 「知られな
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とり トップ500レビュアー 投稿日 2011/12/23
形式: コミック
書店でカバーの美しさに惹かれて手に取りました。猫好きなので、歌川国芳の猫の絵は知っていましたが、人物についてはろくに知らなかったので、興味深く読みました。
物語に猫は直接関係しませんが、国芳の仕事場にはいつも猫と弟子が入り交じっていた、というだけあって、端々に猫が登場。浮世絵を模写しているのでしょうか? 猫たちの構図、美しいような気がします。カバーに描かれている猫など(・・・後の折り返し部分にいる子です・・・)ポスターにしたいほど愛らしい。

訳あって川に身投げした伝八、国芳に命を救われたことから一門に加わり、浮世絵師として新たな人生を歩もうとするが、過去の事件の暗い影が忍び寄り・・・
あらすじを書くとシリアスになってしまいますが、国芳と弟子たちの人情味あふれるパワーが炸裂、読後感は爽快です。
一冊で読み切りのようですが、もし続きがあるのなら、巻末の、若い頃の国芳のラフな絵、尋常じゃなく男前!だったので、若かりし国芳のストーリーを熱烈希望いたします!

国芳と猫に惹かれて手に取った一冊、作者がBLを描かれる方とは知りませんでしたが、そちらも要チェックです。というのも、カバーを外したところのおまけ的なサービスが、ある意味で鼻血モノ・・・
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
国芳モノを探していて表紙の絵が良かったのと安かったので購入。
しかし本編はBL風の絵柄がだめだった。
人物ばかり目立って江戸の町が見えて来ない。
国芳も作者も猫が好きじゃ無い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー