通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 ゆめ屋堂書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。多少の使用感(表紙にスレ,少しゆがみ,等)ありますが、お読みいただくには支障ないです。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応】可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記 単行本 – 2006/11/16

5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,127
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記
  • +
  • ことばのかたち
  • +
  • 幸福な質問
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

リビングにおく。大切な人と開く。
枕もとにおく。ひとりそっと開く。
何度でも。いつまでも。
----この日本で、一年366日を大切に暮らす喜び。

日本に暮らす
 しあわせ。

 春の花びら 夏の夕立
 秋の月あかり 冬のひだまり
 一日一ページ、三六六日。

 季節や日々のちいさな物語、
 『今日は何の日?』
 試したくなる旬のレシピ、
 行ってみたくなる各地のお祭、行事、
 身近な草花や、鳥、虫、星座。
 ページを開いたとたん、
 その季節の喜びで満たされていく──
 日々の暮らしが、いとおしくなる本。
 イラスト約1000点!
 
 付録 旧暦と新暦の話、祭事行事一覧、十年分の二十四節気表つき!


目次
一月・睦月  お宮の音/祝い菓子/どんど焼き/イワシのつみれ鍋
二月・如月  凍る月/鬼もうち/こたつの寝息/梅の恋
三月・弥生  寒桜/ニトペアイス/菜の花サンドイッチ
四月・卯月  さくら湯/春キャベツ/あんぱんの日/つばめ
五月・皐月  豆ごはん/端午の節句/キスの日/リネン
六月・水無月  夏服/梅酒どき/おけらと鮎/あじさい列車
七月・文月  半夏生/夏休み/なつごおり/夕立の花
八月・葉月  天の川/ねぶた/お盆/蝉の鳴き声リレー
九月・長月  風の盆/初さんま/だんじり/キンモクセイ
十月・神無月 秋明菊/柿の名前/湯の音/ココア日和
一一月・霜月 犬のベロ/常夜鍋/ふくら雀/ひなたのほこり
一二月・師走 山茶花/アエノコト/柚子湯/針供養/除夜の鐘

出版社からのコメント

リビングにおく。大切な人と開く。
枕もとにおく。ひとりそっと開く。
何度でも。いつまでも。
----この日本で、一年366日を大切に暮らす喜び。

日本に暮らす
 しあわせ。

 春の花びら 夏の夕立
 秋の月あかり 冬のひだまり
 一日一ページ、三六六日。

 季節や日々のちいさな物語、
 『今日は何の日?』
 試したくなる旬のレシピ、
 行ってみたくなる各地のお祭、行事、
 身近な草花や、鳥、虫、星座。
 ページを開いたとたん、
 その季節の喜びで満たされていく──
 日々の暮らしが、いとおしくなる本。
 イラスト約1000点!
 
 付録 旧暦と新暦の話、祭事行事一覧、十年分の二十四節気表つき!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 445ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/11/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104163058
  • ISBN-13: 978-4104163052
  • 発売日: 2006/11/16
  • 梱包サイズ: 20.6 x 15 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 158,835位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 younashi VINE メンバー 投稿日 2006/12/31
形式: 単行本 Amazonで購入
今日は大晦日。こんなことをしている場合ではないのですが・・・。
大晦日(おおつごもり、おおみそか)の前の日は、小晦日(こつごもり)と言うのですって。
一日、一ページ。ほっとする挿絵と十行くらいのエッセイ、そして「なんの日」という豆知識。
一色刷りですが、季節が変わると、少しずつ色も変わります。
日本の暦と季節や行事の知識が、毎日増えていくのが楽しみになりそうな、
おーなり由子さんの集大成とも呼べる、とてもすてきな一冊です。
目の前には「一日一ページ読む本」が四冊。多すぎますね。中でもこの本が一番好きです。
明日から始まる一年が、よい年になりますように。一月の呼び名が「睦月」の他にも、
早緑月 さみどりづき/霞初月 かすみそめづき/初空月 はつそらづき/暮新月 くれしづき/陽春 ようしゅん
こんなにあることを、この本で初めて知りました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
出版年が10年近く前になることに奥付を読んで驚きました。
良書とは時を越えて残っていくのだと、改めて感じさせてくれる素敵な書籍です。
著者である、おーなり由子さんのキラキラと輝く感性が、なにげない1日を彩ってくれます。
「光陰矢の如し」とは言うけれど、日々のうつろいをおーなりさんのようにキャッチしていければ、
きっと、もっと、人生は楽しくなるはず。
四季のある日本に生まれた幸せを、しみじみと感じさせてくれる1冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 りーん 投稿日 2006/11/21
形式: 単行本
優しい絵日記のような本。

ほんわかしたイラストと優しい文章で心があたたかくなる1冊だと思います。

366日毎日に「何の日」と説明も添えられており、大切に読み、手元に残しておきたい本です。

暮しの手帖社「すてきなあなたに」の現代版という感じでしょうか。

「すてきなあなたに」と共に、イライラしがちな日常を送る私自身にとってはなくてはならない1冊に思えます。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この頃は殺人や無謀運転での事故など嫌な事件が多いし、

払うべきものを払わなかったり、

自分だけ得をすれば良いというずるい人も多いし、

なんだかいやになっちゃう世の中だなーって思うけど

この本を開けば、きちんと日々を大事に丁寧に

生活している人もたくさんいるんだと改めて実感出来る。

自分もつねにそういう人でありたいと姿勢を正させてくれる本。

おーなりさんの優しい一言一言が心にしみます。

大事に大事に読んで大切にしたい本。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とても忙しくて疲れていた日に本屋さんで目に飛び込んできた本でした。

いつもなら、本は全部一気に読んでしまう私が、もったいなくて、毎日少しずつ読んでいる本です。歳時記って日々のエッセイにもなるんだ!そして、ガーデニングが好きな私には、「えっそれとそれを組み合わせてOK?」と新しいアイデアも浮かびます。白やまぶき、難波イバラは、この春中にほしい植物になりました。

身近な場所でのお祭りや行事も知らなかったものが多くて、これを読んでいると、何もない一日が退屈だなんて思うことがなくなります。

6年かけて描かれただけのことはあって、本当に読むのがもったいない!

毎日 すこしずつ
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これ書き下ろしなの??
まじで????

すーごい気合の入り具合だ。。

川上弘美と山田映美が対談してた
「漢字か仮名かの葛藤」
が、きっとこの作品の裏にもすごくあったんだろうな。
って思った。

「おせっかいなシーツ」「なにはなくとも夏はえだまめ」
「じゃあじゃあ(蝉の声です)ふられて傘もささない」あたり。

…日本語の民でヨカタ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 保武佳吾 トップ500レビュアー 投稿日 2006/12/12
形式: 単行本
 ひ・ら・が・な・暦…なんとやさしい響きを持っているのだろう…そっと、本書「ひらがな暦」を開くと、宮沢賢治の童話の世界に誘われて行ってしまいそうです。著者が絵本作家であるからでしょうか、毎日のページにイラストがついて、言葉は作者創作の散文詩が散りばめられていて、ささくれだった心が癒される気がします。例えば、一日だけ挙げてみましょう。

  4月21日 地球の触診
 雨がふったあとの地面をさわると、まるで発酵しているみたい。
 てのひらで、地球の触診。
 すいつくように、ぬくい蒸気があがってくる。
 土の中が、ふかふかとぬくい季節。

 下欄には「なんの日」とか、季節の特徴とか、旬の食べ物とかが、これも優しい語りかけの口調で記されていて、とても親近感が持てます。 
 心の暗くなるようことの多い昨今、こんな心優しくなれるような記事で通されている本書「絵ことば歳時記」とサブタイトルが付いているように、荒んだ精神の浄化されるような「おとなの絵本」です。一年間これを愛読すれば、きっと「心優しい人」になりきれる気がします。 
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー