ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.1 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,009 (20%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,926より 中古品の出品:7¥ 2,977より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でひゃくはちを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]
  • +
  • ひゃくはち (集英社文庫)
総額: ¥4,552
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 斎藤嘉樹, 中村蒼, 市川由衣, 高良健吾, 北条隆博
  • 監督: 森義隆
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2009/01/23
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001LDC8KK
  • EAN: 4988102600730
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 50,957位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

つらくても、迷っても、絶対やめねえ!! 青春って、甲子園って、こんなに泣けたっけ。
愛すべき補欠球児たちの姿に感涙必至!
笑って泣ける傑作青春ど真ん中ムービー!!
フレッシュなキャストの素顔やメイキング映像を収録した2枚組プレミアム・エディション!

この話、僕が思いつきたかったなぁ…。
――森田まさのり(漫画家・「ROOKIES」「べしゃり暮らし」作者)

【本篇ディスク特典】
●監督他によるオーディオコメンタリー収録
●特報、予告

【特典ディスク内容】
●メイキング映像:主演二人の現場での成長ストーリー~初日舞台挨拶まで
●キャスト・インタビュー
●未公開シーン
●アニメーション:煩悩子坊主 ひゃくはっちん


【スタッフ】
監督・脚本・編集:森 義隆 原作:早見和真(「ひゃくはち」集英社刊) 主題歌:湘南乃風「晴伝説」(トイズファクトリー)

【キャスト】
斎藤嘉樹/中村 蒼/市川由衣/高良健吾/北条隆博/桐谷健太/光石 研/竹内 力

【ストーリー】
雅人とノブは甲子園常連野球部の補欠部員。出場メンバーの当落線上ギリギリの2人はあの手この手でベンチ入りを企てるが、鬼監督サンダーから命じられるのはライバルチームの偵察など雑用ばかり。挙げ句、超有望株の新入生が入部し、残された席はあと一つ…。今まで支え合いながら頑張ってきた親友同士の2人は、最後の夏の甲子園ベンチ入りを懸けた熾烈な争いを決意する―。

【劇場公開情報】
2008年8月9日テアトル新宿他全国公開

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

甲子園常連校の補欠部員にスポットを当て、彼らが抱く挫折や葛藤、友情などを描いた青春ドラマ。京浜高校野球部に所属する雅人とノブは、高校最後の甲子園出場を懸けて練習に励んでいたが、夏の大会を前に有望株の新入生が入部して…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
縫い目の数と、煩悩とをかけている。野球留学で名門高の野球部にやっと入れても、レギュラーはおろか、補欠にさえなれるかどうか分からない。願うことは、誰かが怪我をして代役で出るという幸運が舞い込んだり、補欠でベンチ入りできること。そうした凡人野球少年の煩悩を描いた佳作。主役の斉藤君の演技がとても良い。横浜あたりの野球名門高校がモデルなんだろうと思うが、どうやって横浜球場を満員にしてロケをしたんだろうか?スポーツ新聞の新入り女性記者が、セクハラやいろいろな先輩からのしごきに耐えながら、一人前になっていく根性ドラマとして見ても面白い。スカウト、監督のどろどろした部分も描かれていて、美しい青春物だけではない映画に仕上がっている。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
強豪校の野球部員の補欠が主役の映画。

想像できる内容かな〜と思っていましたが、結構意外な結末でした。

補欠だけでなく、レギュラーのキャプテン・副キャプテンも引き合いに出て
良い味出してるし(今注目の高良健吾君が出てます!)
マサトとノブと同じ補欠で弁護士を目指す同級生は途中で辞めることになるが、
2人が花を持たせる場面はなかなか泣けたな。

補欠には補欠の仕事がある。
最後の場面だって、補欠なりの仕事を果たして、ここは絶対泣ける。
レギュラー陣もちゃんとわかってるんだ。

理不尽に見える監督(サンダー)だって、野風増を歌い、不器用ながら部員を思う。

そりゃ、煙草のシーンや合コンの場面、アキちゃんの話も
スポーツ映画にあるまじき内容かも知れないけど、
等身大の高校生、良いと思うよ。
奇麗事ではすまないところも良いと思いました。

うちの子も野球じゃないけど、スポーツで上を目指してるから
気持ちわかるんじゃないかな〜。
今度うちに帰ってきたら見せたいと思います。

湘南乃風のエンディングもいいよ。
不器用だけどまっすぐな男臭さが出ています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とり トップ1000レビュアー 投稿日 2012/4/16
形式: DVD Amazonで購入
レビューを読んで、とりあえずレンタルしましたが、特典が観たいし、何度も観たい、みんなに見せたい映画なので、DVD買おうと思っています!
最高に良かった!できるだけ、ストーリーなど読まず、次の展開がわからない状態で、鑑賞されるのが良いと思います!

何が良いって、スポーツものの映画なのに、いわゆる「きれいごと」「お約束」の展開が、たった一カ所しかありません!
一カ所しかないだけに、この感動、セリフのとおり「不謹慎だけど」喜んでしまっていいよ!って、思いっきり、共感します!
明日への活力となるような映画です!すばらしい!!

私はプロ野球も高校野球も、詳しくはありません、高校野球の現場も、もちろん知らないので、どこまでがリアリティ、どこまでが演出なのかは、判断できませんが、それはそうと、身につまされる映画です。
若い正義感ゆえ、先輩に正論の抗議をして、叱られてしまう新人記者の女性がいます。それを見た球児らが、「なんか、俺たちと監督みたい・・・」と呟くセリフがありますが、この映画の魅力、そこに集約されているように思いました。マサトとノブのおかれている、「ギリギリ合格できるか・できないか」のライン上に立つことって、大人にだって、しょっちゅうあります。合格できそうで、なかなかできない、この山を乗り越えるのは、ほん
...続きを読む ›
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
だと思う。
喫煙、飲酒、合コンもさることながら、チームメートへの妬み、苛立ち。
そんなものがいっぱい詰まっている、人によったら開けて欲しくなかった野球部の裏側。
だけど、煩悩に流されることがあっても、やっぱり野球が好きだという気持ちが最後に残る。
ここに私は「ハッピーエンド」を感じることが出来た。
清濁入り混じった話が好きな方には是非とも、爽やかな話が好きな方にはお勧めしにくい。

個人的には、すごく好きなタイプの話だった。
補欠の2人・雅人とノブも魅力的だったが、個人的に印象に残ったのが、
レギュラーの健太郎と純平、そして監督のサンダーだった。

単純に補欠視点の話で終わらせず、レギュラー2人も含めて描いたのが良かった。
先輩や後輩には嫉妬心があっても、同級生の2人のことはレギュラーでも大切な仲間と思っている。
レギュラー側も、一緒のベンチ入りを願いつつ、補欠に過度の気遣いをしないのが何ともいい。
落ち着いていて仲間内の調整役の健太郎と、無邪気で調子がいい純平。
特に、純平の描き方は、自分の載った雑誌を自慢したり、雅人の神経を逆撫でする発言をしたり、
という面を描きつつ、雅人のベンチ入りを交流のある女性記者に知らせる設定が
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック