中古品
¥ 940
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、表紙にスレやヨレが若干あります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひと目の2択 死活編 ~パラパラめくって強くなる177題~ (囲碁人文庫シリーズ) 文庫 – 2012/11/23

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 14,432 ¥ 940
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

やさしい問題の反復練習で、死活の急所が自然に身につく!

大好評「ひと目の2択」シリーズ第2弾登場!
詰碁が苦手で、問題を解こうにもまったく見当がつかない、という方に朗報です! 本書は、すべての問題が2択になっている詰碁問題集です。2つのうちのどちらかは正解なので、悩む必要はありません。パラパラとめくっていけば、いつの間にか急所がわかるようになります。
実戦によく出てくる177問をじっくりくり返し解いていけば、勝率が一気に上昇することでしょう。

内容(「BOOK」データベースより)

やさしい問題の反復練習で死活の急所が自然に身につく!詰碁がニガテな方でも、あっという間に基本が身につく問題集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 368ページ
  • 出版社: マイナビ (2012/11/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839945241
  • ISBN-13: 978-4839945244
  • 発売日: 2012/11/23
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.7 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 648,864位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
生きと死にの部に分かれてます。ABの2択で、それぞれ、初手が示されてます。
どちらなら生きるか、殺せるかというシンプルな構成です。
初手があるので、簡単かと油断すると間違える問題もあります。
正解を当てたら終わりにするのではなく、間違いの方は何故間違いなのかまで読むと、読みの訓練になると思います。
問題のレベルは、ひと目の詰碁より難しいですね。初手がある分、当然と言えば当然ですが。
有段者でも瞬間的に正解を全問出すのは意外と難しいかも。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yumma 投稿日 2015/2/3
形式: 文庫
ひと目シリーズは丸暗記するまで練習したほうがいい。

おすすめ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 本書は、詰碁の問題集なのですが、1手目が二択になっていて、どちらが正解なのかを選ぶ出題形式になっています。PART1とPART2にそれぞれ90問、87問の出題があり、すべて黒番です。
 囲碁の問題集を探すとき、難易度が自分にあっているか、効果的なのかといったことが気になると思いますので、その観点からレビューします。
 本書の難易度について言えば、PART1は中級者以上向けと思いました。出題は上級者向けなのですが、一手目が示されている分だけ少ない読みで解けます。印象としては、「ひと目の詰碁レベルアップ編」と同じ程度です。PART2はそれより一段難易度がアップしている感じです。上級者以上向けと思いました。
 また、効果について、本書を解く前は、詰碁を2択で解くのは「?」と思っておりましたが、実際に解いてみると詰碁の手筋が印象強く頭に入ってきます。これは驚きでした。2択ですから間違った選択肢では上手くいかないことも確認を入れることになるのですが、その過程で「ここはこの手筋を使うんだ」とはっきり認識し、詰碁の手筋を印象づける手助けになっているのかなと思いました。さすが趙先生!こんなところまでアマチュアのことを考えているのですね。また間違った選択肢で上手くいかないことを確認することで勝手読みも防止できますので勝手読みをして間違えてしまう方にも効果的でしょう。<
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す