Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,115

¥ 278の割引 (20%)

ポイント : 12pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[趙治勲]のひと目の急所 (囲碁人文庫シリーズ)
Kindle App Ad

ひと目の急所 (囲碁人文庫シリーズ) Kindle版

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,115
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,393 ¥ 2,000

紙の本の長さ: 376ページ

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。






大好評「ひと目」シリーズ。今回のテーマは石の「急所」です。囲碁は基本的にどこに打ってもよいゲームですが、局面によっては絶対に逃してはいけない急所があるのです。本書は序盤からヨセまで、実戦でよく現れる形を題材に、計177題の問題を収録しています。見た瞬間に自然と石の急所が分かるようになるまで問題を繰り返してみてください。きっと実際の対局でも、考えるより先に石が急所に向かうはずです。

■CONTENTS
第1章:序盤
第2章:中盤
第3章:攻め合い
第4章:終盤

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 56564 KB
  • 出版社: マイナビ出版 (2014/5/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00KG0T6G8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 93,917位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
実戦によく出てくる形が多く出題されていました。急所を見過ごして、普通にヨセていたんだと痛感しました。
内容は 大満足ですがお値段がもう少し買いやすければ(1000円くらい)なお うれしいです。治勳先生に失礼かしら?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 本書は序盤(46問)、中盤(70問)、攻め合い(29問)、ヨセ(32問)での手筋を次の一手形式で学ぶものです。
 序盤の問題は、タネ石をとる問題や石の形に関わる問題、先手で切り上げる問題を扱っています。タネ石を取る手筋は結果がはっきりします。一方、石の形の問題については自分の石を味良くしたり相手の石を味悪くするもので、ただちに結果がはっきり出るようなものではありませんし、先手で切り上げる問題はここで他に転じていいのかとの感じが残ったりして、解答を見ても納得がいかないものもあろうかと思いますが、「こう打つものだ」と割り切ってしまう方がよさそうです。なお、定石とされている手を扱う定石問題も含まれています。
 中盤の問題は自分の石の連絡、相手の石の切断、死活、石を取る手筋などを扱っています。攻め合いは相手の石を取る問題、ヨセは相手の地を減らす問題や自分の地を守る問題です。ヨセは損得がはっきりとする手筋を見つける問題で、難しい目数計算などはありません。
 なお、対象は盤面の4分の1だけを出題範囲に扱う、いわゆる「部分問題」で、全局問題は含まれていません。

 難易度についていえば、上級者であれば十分取り組めるものだと思います。中級者でも頑張ればなんとかなると思います。例えば「ひと目の手筋」「ひと目のヨセ」よりは一段難しい問題が多い印象です
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ひと目シリーズのファンです。
kindle版を購入。スマートフォンアプリで見ています。電車の中など空いた時間に読みます。
間違えなくなるまで繰り返しやると棋力アップしそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover