Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 3,200

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ファンテック株式会社]のひと目でわかるVisual Basic 2013/2012 データベース開発入門
Kindle App Ad

ひと目でわかるVisual Basic 2013/2012 データベース開発入門 Kindle版

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 3,200

紙の本の長さ: 361ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


本書は、Visual Basic 2013/2012で、SQL Server 2012を使用したデータベースシステムを構築するための学習書です。Visual Basic 2013/2012の最新技術と本格的なデータベースシステムの開発手法を、わかりやすく習得できるようにまとめられています。各章の手順どおりに操作していくことで、データベースシステムの開発手順、Visual Basic 2013/2012の言語技術、Visual Studioの統合開発環境の使い方、SQL Serverデータベースとのやり取りなど、データベースシステムを構築するために必要となる基本的な開発手法を自然に習得することができます。
データベースシステムの設計、開発、配布、運用の工程に沿った形で構成されているため、これからデータベースシステムの開発に携わろうと考えている初心者の方であっても、業務システム開発の一連の流れにあわせたポイントをしっかりと学習することができます。

内容(「BOOK」データベースより)

Visual Studioの統合開発環境でデータフォームを作成し、Visual Basic 2013/2012でプログラムを記述することで、SQL Server 2012を使用したデータベースシステムを開発。データベースシステムの設計、開発、配布、運用の工程に沿った形で構成。初心者でも、業務システム開発の一連の流れにあわせたポイントをしっかりと学習することができる。各章末には学習した内容が身に付いたかを確認するためのチェック問題を用意している。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 161766 KB
  • 出版社: 日経BP社 (2014/3/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01IP08DDW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 164,941位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年12月10日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年1月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク