中古品
¥ 114
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひと月15万字書く私の方法 単行本(ソフトカバー) – 2009/5/21

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 114
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

前の著書『3時間で「専門家」になる私の方法』では、
インターネットを使って3時間で「専門家」になる情報収集のノウハウと着眼点を公開した。
本書ではそれを引き
継ぎ、集めた情報をもとに手際よく「文章を書く」具体的なノウハウを公開する。
著者の仕事量は、定期的な原稿として毎月八本の雑誌連載と四本のウェブ連載。
それ以外に年間四~五冊の書籍も刊行し、単発の執筆原稿は年間二十五本前後もある。
これらをトータルすると、月間十五万文字前後、四百字詰め原稿用紙にして
四〇〇枚ぐらいになる計算である。
いったいどのようにしてこの原稿量が可能になっているのか。答は、ITの強力なツールによって、徹底的に構造化された
「原稿作成のためのフレームワーク群」を実現しているからである。
本書で初めてそのノウハウが全面公開された。すみずみまでIT化された原稿作成スキームを
学べば、誰でも簡単に多くの原稿を、質を落とさず書けるようになる!

内容(「BOOK」データベースより)

初めてノウハウを全面公開!すみずみまでIT化され、徹底的に構造化された、原稿作成のフレームワーク群とは―。誰でも簡単に多くの原稿を、質を落とさず書けるようになる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 174ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569708676
  • ISBN-13: 978-4569708676
  • 発売日: 2009/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 615,560位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 某新聞に、取り上げられていたので、本屋で覗いてみたが、購入する価値はない。10分程度の立ち読みで十分な本である。はっきり言って、著者は「字」を書いているのであって、文章を書いているのではないということが、如実に分かる。EVERNOTEについての記述だけが、目新しいが、それ以外は、日夜文章を生み出す努力をしている人には、ありふれた事柄である。「知的生産の技術」、「超整理法」のようなこれからも残るような書籍は、そう簡単には作れないのである。インスピレーションとEndnoteがあれば、かなりのことができると私は思っている。
 限界効用逓減の法則の例示として、あるいは今後の出版のあり方を、省資源、省エネという時代の要請から、考え直す時代に入っていると考えさせられる一助にはなった。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
典型的なダメ本。

何がダメか?
想定する読者がだれか分からない。15万字書く人などざらにはいない。
著者の自慢に過ぎないのではないか。

情報を集めて構造化すると書ける、といっているが、構造化することがなぜ書くことに
繋がるのか、また、どんな場合も同一パターンの構造化で事足れり、というのはサボりすぎ。

初期投資が高すぎる。いろいろなソフトの購入が前提となっているが、5万円くらいにはなるだろう。普通の人がこれだけの初期投資をしてまで得たいと思うものを著者は提供できているだろうか。

辛口のコメントとなったが、どうにもフォローできないダメ本である。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 be3osaka トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
知的生産の方法(文章の構想から書き上げるまで)は多様だと思います。ひとにより違って当然ですが、やはり量をこなしておられる方の方法は大いに参考になります。

私がこの本を読んで真似をしたい、あるいは参考にしたいと思った点は次のことです。
 ・文字データをタグをつけて管理すること。フォルダ管理とは次元がちがうくらい能率があがることがわかった
 ・Evernote、delicious、Mind42を利用して資料を集めて整理して構造化すること
 ・特に、タグを付けて整理するdeliciousの使用法には目を開かされた

厳しいレビューも多いですが、私にとっては最適な原稿作成法の本となりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
<15万字書く>というタイトルが示す通り、
1パターンに構造化して、一応、文字を書くための解説です。

目的に即して構造パターン違うの文章を書くのとは違います。
他のレビューにもありましたけど。

文章の前の作業の説明ですね。これも重要。
文章を書くために資料を効率良く集めて、
マトメることに力点を置いています。
この点がこれまでの文章論にないユニークな点でしょう。

その「作業効率をあげる5つの最強ツール」は

'@Evernoteエバーノート
'Adeliciousデリシャス
'BMind42マインド42
'CWZ EDITORダブルゼット・エディター
'Dドキュメントスキャナ (P13)

文字は外側から集めるけど、
それを頭から腹に落とし込んだ時、
文章は内側から湧き出てくる様な気がします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告