Facebook Twitter LINE
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ひと息で挑む紺碧の世界ーーさらなる深海へ 世界記録... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 BOOKOFF ZERO
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 軽微なスリキズ・ヨレ・使用感等がある場合がございますが、比較的きれいな状態です。帯・はがき・チラシ等は原則として付いておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひと息で挑む紺碧の世界ーーさらなる深海へ 世界記録72mを樹立しても、まだその先をみてみたい。 単行本 – 2017/6/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/6/26
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 559

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「2222」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ひと息で挑む紺碧の世界ーーさらなる深海へ 世界記録72mを樹立しても、まだその先をみてみたい。
  • +
  • 平常心のレッスン。 カナヅチでフツーのOLだったわたしがフリーダイビングで世界一になれた理由
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 134pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

世界記録72mを樹立しても、まだその先をみてみたい。

フリーダイビングで日本人初の※世界新!
フリーダイビングと出会って三年。難しいことは考えずに、ひたすら、〝楽しそうなこと〟
〝わくわくすること〟〝ぞくぞくすること〟を追い求めて突き進んできました。(文中より)

フリーダイビングとは
呼吸機器を持たずに、自身のひと呼吸で「潜水深度」「潜水距離」「閉息時間」を競うスポーツ。
ルールごとに6種目に細分化され、海洋競技としては3種目が行われている。
機材を身に着け、呼吸しながら潜水するスキューバダイビングとは異なります。

著者について

木下 紗佑里(きのした・さゆり)

長崎県出身、1988年生まれ。実家がスイミングスクールを経営していたことから、
幼少期より水泳が身近なものに。高校生まで水泳部に所属し、
卒業後スイミングスクールに就職してずっと水に親しむ生活を送っていた。
2013年にフリーダイビングと出会い、2015年、世界選手権で優勝を果たす。
翌年には世界新記録を樹立。現在は拠点を沖縄県に移し、フリーダイバーとして
世界中の海で活躍している。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 89ページ
  • 出版社: カナリアコミュニケーションズ (2017/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778204050
  • ISBN-13: 978-4778204051
  • 発売日: 2017/6/26
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 0.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 165,991位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう