中古品
¥ 1,102
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品相応の使用感あります。クリスタルパックに入れて発送いたします。希少品の場合、定価より高くなっている場合がありますのでご注意ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひとり旅ひとり酒 単行本 – 2009/11/3

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 19,004 ¥ 1,102
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

居酒屋巡礼の先駆者であり、大家である大田和彦氏が京阪神はもちろん、金沢、岡山など西日本を徹底的に飲み歩く紀行本。普段は取材拒否の名店の心をもほだし、掲載許可に至らしめる氏の情感溢れる文章をぜひ。文章もさることながらオールカラーで空気感が漂う写真も豊富で、さらに店データと地図も掲載、西日本の名酒場ガイドとしても秀逸なんです!

内容(「BOOK」データベースより)

居酒屋の伝道師、太田和彦がツイーと旅した西日本の名酒場!全編オールカラー!西日本で出会ったうっとり酔えるひとり酒の店約200軒。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: 京阪神Lマガジン (2009/11/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4874353061
  • ISBN-13: 978-4874353066
  • 発売日: 2009/11/3
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 463,986位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
街や店の雰囲気に太田さんの文章があいまって とても癒されます
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/5/20
形式: 単行本
日本中を訪れている太田和彦氏が西日本の居酒屋を訪れた旅を記したエッセイでした。
太田氏の人柄が感じられるようなほのぼのとした語り口調が好きです。通常のガイドブックとは視点が違い、地元の愛好するお店を、筆者の嗅覚で探し出しているようでした。写真も豊富で、酒のさかなの多彩さを知らされる本でもありました。旅っていいなあ、という雰囲気が文からも写真からも伝わってきます。癒し系の旅記録と言う感じでしょうか。

一仕事を終えて、ここに掲載された町の居酒屋に寄りたいという思いが募ってきます。地元の料理が並びますし、地酒が中心ですから、普段着の居酒屋さんが紹介してありました。グルメとは一線を画す取り繕わない感じが好感を呼びます。
勿論本書を片手に訪れることができるように、紹介の後に地図と住所、電話番号、定休日などが記されています。非公開の店はその旨記載してありました。
本書は、雑誌『西の旅』に5年、20回連載したものを1冊にまとめたものだそうです。『居酒屋味酒覧』同様、居酒屋を好きな方にとっては必読の本でしょう。

本書の訪れた町とその取り上げた中身を列挙します。京都、ミニマリズムとグラマー弁天。 金沢でトビウオを食べそこなう。 境港の煮干にひかれて妖怪参り。 和歌山、アロチのジャックローズ。 広島の鯛の鯛とフランス文学。 富山
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
東男が西の旅に。あたかも「東男に京女」のようだ。
武張った関東から見るとやはり西国は艶やかに映るが、文章からも写真からも
その辺の消息がうかがえて興味深い。装丁と本体の落差もその辺を狙っている
のだろうか。
雑誌「西の旅」の連載を再構成したらしいこの本で太田和彦氏が旅した都市は、
京都、金沢、境港、和歌山、広島、富山、博多、松江、大阪ミナミ、岡山、
長崎、高知、小浜、益田、佐世保、鹿児島、長浜、倉敷、松山、神戸の20都市。
以前旅をして訪問したことのある店、街があればその思い出が酒の肴になるし、
まだ見ぬ店、街のことを思いながら一杯やる楽しみもこの本にはあるように思われる。
けっしてそっけない装丁に素通りすることのないように。芳醇な時間が待っていますぞ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
太田さんとは年代も性別も違うが旅にでて、おいしいお酒をひとりですすりたくなる本です。
京都、大阪、神戸、博多、金沢、広島、長崎、倉敷、、登場都市は20!
ひとつの都市の観光本ではないので、手にとった時はまとまりがないかなと思ったが
読んでみると、誰もが一度は訪れたいと心にとめている都市ばかり。
そうそう、あそこも行きたいと思ってた!と旅心が復活。
読み進めてみるといわゆるガイドブックとは違った「人」と「酒」と「旨いもの」との出会いが
独特の語り口で書かれていておもしろい。
旅しながら読みたい。でも載ってる店とは違う町の食堂を発見したい!
そんなふうに思ってしまう本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告