通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ひとりぼっちの私が市長になった! がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 良い状態の本です。中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡いただければ対応させていただきます。又迅速に対応し、ゆうめーるにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひとりぼっちの私が市長になった! 単行本 – 2006/12/23

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 192
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ひとりぼっちの私が市長になった!
  • +
  • 公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)
総額: ¥2,333
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

こんな市長が日本の未来を変える!

生後3日で乳児院に預けられ、高校までを児童養護施設で育った青年が、社会の偏見や無知を乗り越えて茨城県高萩市長になるまでの半生を綴った、感動の手記!

著者は、私生児で施設育ちという逆境に負けず、持ち前の明るさと周りの温かい支援で市長となった。その生き方は、努力すれば夢は実現することをみごとに証明している。著者の同世代として、若い読者だけでなく全国の皆さんに希望を与える本書を強くお薦めします。――(教育評論家・義家弘介)

内容(「BOOK」データベースより)

生後三日で乳児院に預けられ、高校までを児童養護施設で育った青年が、社会の偏見や無知を乗り越えて茨城県高萩市長になるまでの半生を綴った、感動の手記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/12/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062136937
  • ISBN-13: 978-4062136938
  • 発売日: 2006/12/23
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 281,548位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
人はひとりでは生きられない…。よく聞くフレーズだが、人間誰しも最終的にはそうなのかも知れない。しかし、その途中の過程では必ずしもそうとは言えないことも多いと思う。逆のほうが良い場合もある。著者の場合も然りだ。ひとりぼっちだからこそやれたこと。ひとりぼっちだからこそ出会えたもの。もちろん本人の人間的魅力があったからこそ、人知れず努力をしたからこその部分が今の結果をもたらしたのだろう。ただ、ひとりぼっちだからこそ思いっきり自分の可能性を試して、それが生かされた。生まれ付いての「背水の陣」とでも言うのか、この本を読んで、ある意味そんな著者がうらやましくさえ思えた。しかし、勇気を与えてもらった。志を持ち続けることで必ず道は開けることを実証し、すばらしい感動を与えてくれた。そんな著者が今、市長となってすべてを捧げる「高萩市」とはいったいどんなところなんだろう。草間さん、もうあなたはひとりぼっちじゃない!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
養護施設(現在の法令上では「児童養護施設」と表す)出身者が大学を出て(この世界ではそれ自体が奇跡のような側面さえあった)、その後松下政経塾で学んだ後、幼少期を過ごした養護施設のある茨城県高萩市長になるまでの半生記である。

実は私自身も著者同様、6歳から18歳までの間、某市のとある養護施設で生活した。
著者と同じではないが、おおむね同じような経験をしている。
しかも、著者同様、養護施設から大学に進んだが、その後の生活というのは、もちろん違う点もあるが、よく似た点もある。
ただ、感覚的なものとしては、共通点がかなりあるなというのが正直な感想である。

養護施設の常識は、社会の非常識でもある。

そのような場所で「群れ合い・馴れ合い・甘え合い」の生活を「押し付けられた」あかつきには、その場限りのことはどうにかなっても、社会的にはむしろ不適応を起こしかねない。
著者や私の時代の児童福祉にはまだ古い体質がずいぶん残っており、それゆえに施設を出て社会に適応せず潰れていったような元入所者も随分多い。「同じ釜の飯を食った仲」だの「同輩」など、安っぽげな仲間ごっこの言葉を並べて語れるような世界などでは決してないのだ。

もちろん、個々の現場の職員らは一所懸命に、目の前の子どもたち
...続きを読む ›
1 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、とてもよく売れているのか、手に入れるのに苦労した。

本の内容は、きっと 『スーパーマン物語』だろうと思っていた。

しかし、著者は、冒頭のプロローグで、『私は拍子抜けするほど、普通の人で、苦労や努力も足りないくらいだろう』と書いて、等身大の自分を読者に正しく印象づける。

さわやかさを感じさせる書籍です。こんな方が、立候補するなら、僕も一票を入れたい。

茨城県高萩市が どんな市に進化するか楽しみです。 

講談社さん もっと 増版しといた方が いいのでは?
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 障害児施設のボランティアで知り合った、おばあちゃんに、
「この本よんでみ〜、生きる元気が出るから!」と言って、
読み終わったこの本をいただいた。
 最初は、市長の自伝だなんて、どうせマユツバの自慢話じゃないの?
とか先入観があって、どうかな〜とも思った。
 でも、頂いた、おばあちゃんはとても正直で飾り気のない方なので、
そんな、マユツバ本を勧めて下さるとも思えず、おそるおそる読んでみました。
 内容は、他の方も書かれているように、感動のひと言、
そして、著者の飾らない人柄も伝わって来ます。
 あとは、こういう市長さんが、実力を発揮できるような、
地域政治であって欲しいと、願うばかりです、、、
 こんなに若くて田中康夫みたいに、役人や古参議員にいじめられてないのか?と、
選挙区外から、老婆心ながら心配になる今日この頃です。
 講談社さん、こういう本こそ、読者に届く良い本です!
 なんて、ともかく、御一読をお勧めします!
 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告